FC2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Shining spirit of ancient grat Samurai~Majesty Shingen's Festivai'19 ②~

さて、GWの海外修行の準備が押していて、不本意ながら一週スキップしてしまいましたが、今回のアップは予告通り、前回に引き続き、甲府信玄公祭り'19から後編のご紹介となります。
前回は到着日のお昼から武者行列が出待ちしているところ迄でしたが、今回は、レンズも変えて、本気の武者行列撮影モードの土曜日から、翌日曜日の15時台のバスで帰京するまで、いたいけな子供武者行列の周辺風景を中心に撮影した内容をお送りしたいと思います。
では、さっそく、当日の行程に沿って実写結果を逐次見て参りましょう。

Kofu19_018.jpg
まず一枚目のカットですが、出待ちの行列演者各位を待つ間、工房主は駅近の毎年利用しているファミレス"Jonathan"にて優雅なティータイムを決め込み、頃合いを見て、レンズを明るい中望遠に切り替え、再度、駅前の出発直前のグリッドに並ぶF1カーの如き、係員に話をして騎馬武者のところに通して貰い、そこそこの距離から、春の夕陽を浴びる、馬上の緋縅鎧武者を撮ってみたもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはCanon NFD85mmf1.2Lによる絞り優先、開放撮影となります。

Kofu19_019.jpg
二枚目のカットですが、程なくして日暮れ前から武者行列は始まったのですが、何故か、しんがりに近いポジションの筈の勝頼隊の随伴をしている白い巫女姿の小姐各位が初めに近い辺りに足早に歩いて来たので、大慌てでファインダを覗き、そこそこ早歩きながら、"飛び道具"を駆使し、ファインダ覗きながら、何枚かレリーズしたうちの、奇跡的にブレもなく、ピンが合っていたもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはCanon NFD85mmf1.2Lによる絞り優先、開放撮影となります。

Kofu19_020.jpg
三枚目のカットですが、確か三条夫人隊の随伴の女官というか腰元の旅装束の衣装を纏った、山梨学院大学への留学生というインドネシアからの小姐数名のうち、話をしていなかった、"新手の敵"で、それでもいちおう手を振ってみたら、隣の小姐が何か囁いたようで、こちらを向いた時、レリーズししたものの、目線が間に合わなかったもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはCanon NFD85mmf1.2Lによる絞り優先、開放撮影となります。

Kofu19_021.jpg
四枚目のカットですが、これも腰元シリーズ、大井夫人隊の一行の中で知り合いでも見に来ていたののか、移動中、ずいぶんとメイン行進会場である大通りの西側に目線を走らせていた、なかなか美形の小姐がちょうど前にさしかかった時にレリーズ切った、必殺の一枚。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはCanon NFD85mmf1.2Lによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_022.jpg
五枚目のカットですが出発前に出待ちの溜まり場を回っていた時、市の観光課の肝いりで結成された「おもてなし隊」のメンバーのうち、出発前に話をして撮らせて貰った小姐が通りかかったので、「頑張れ~!!」とか声援を上げて手を振ってかからレリーズ切ったのですが、タイミング間に合わず、こっちを見た直後になってしまったもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはCanon NFD85mmf1.2Lによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_023.jpg
六枚目のカットですが、これもおもてなし隊のメンバー最年少らしく、何故、翌日の「子供武者行列」ではなくこちらに入り大人に混じって行進しているのか、という疑問は残るものの、武者姿がなかなか堂に入っていたので、これも、こっちを向いた頃合いを狙って一枚戴いてみたもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはCanon NFD85mmf1.2Lによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_024.jpg
七枚目のカットですが出発前には宝石会館一階ピロティの屯所から、県庁裏の出待ち集結所迄一緒に小走りで移動しながら、何枚か撮らせて貰い、着いてからも同僚を紹介して貰いつつ、何枚か撮らせて貰った、笑顔がステキで、気立ての良い湖衣姫様ですが、行列では緊張しているのか、前通ったら、声援送るよ、と云っていたにも関わらず、固い表情で通り過ぎていくところを惜別の思いで一枚戴いてみたもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはCanon NFD85mmf1.2Lによる絞り優先、開放撮影となります。

Kofu19_025.jpg
八枚目のカットですが、先に通り過ぎて行った、湖衣姫様のお付きの腰元衆ですが、こちらも菅笠に薄絹のベールといういで立ちに凛とした表情で、次々と目の前を通り過ぎて行ったので、遠目で一番美形と思われる小姐が通りがかるのを待って、薄絹越しの凛々しい表情を捉えたもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはCanon NFD85mmf1.2Lによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_026.jpg
九枚目のカットですが、これも県庁裏の出待ちの一次集結所で、少々、立ち話をして一枚撮らせても貰った、甲府市の米国に於ける姉妹都市、ロダイ市からの出張出演者のヒゲ爺で、立った姿も堂々としていて、「ライカは最高のカメラぢゃなぁ・・・特にクラシックな外観がこういう行列撮るには最高ぢゃ」とかのたまわっていたのですが、結局、本番はM8ではなくフジで撮ってしまったもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはCanon NFD85mmf1.2Lによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_027.jpg
十枚目のカットですが、三条夫人隊のうち、随伴の腰元には、やはり海外からの姉妹都市、友好都市の類いから複数の演者が参加していて、確か、オール韓国人の中年男女が通り過ぎたあと、観光協会の係員さんの説明によれば、確かフランスの何とか云う田舎町から来ているという小姐が、出待ちの時はメディア取材で撮るチャンス無かったのですが、たまたま通りがかったので、これ幸いにと一枚戴いてみたもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはCanon NFD85mmf1.2Lによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_028.jpg
十一枚目のカットですが、日が開けて翌日曜日、昨日のギネス記録も保有しているという世界最大の武者行列も無事完遂し、街はほぼ平常モードの様相を呈していましたが、それでも規模こそ違え、日曜日のメインイベントである「子供武者行列」の準備は着々と進んでおり、宿を10時過ぎに出た時にには、あちこぢで、鎧姿のいたいけな童子やら、薙刀抱えた腰元姿の小々姐がたむろしていたので、さっそく廓の南側のお濠にかかる橋の上でくっちゃべってた薙刀少女隊に声かけて、横で声援を送るご両親の声に表情もやや硬い小々姐各位を撮らせて貰ったもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはUW Nikkor28mmf3.5Mod.FXによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_029.jpg
十二枚目のカットですが、同じく日曜日のお昼前、子供武者行列と並び、小品の如き、散発的なイベントがあちこちで開催されていたのですが、お城の廓の南側の空き地で、友好都市からの出張イベントやら、ミニ歌謡ショーみたいなものが行われていたイベント広場への勧誘を行っていたおもてなし隊の幹部?格の鎧武者二名に「卒爾ながら」とか声かけて、怪訝そうな表情のところを一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはUW Nikkor28mmf3.5Mod.FXによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_030.jpg
十三枚目のカットですが、お城の本の丸下のイベント広場が子供武者行列の出発前の集結場所になっていて、まだ出発まで1時間近くあるのに、天気も良いし、家族そろってピクニック気分で出掛けて来ていて、知り合いもそうでない人も、適当に話をして、武者姿の写真なんか撮らせて貰っていたので、郷に入っては郷に従えとばかり、目の合った、旗印掛かりの小々姐のお父上様に声かけてモデルさんになって貰ったもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはUW Nikkor28mmf3.5Mod.FXによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_031.jpg
十四枚目のカットですが、出発まで30分くらいになると、集結場所である本の丸下広場には武者姿、腰元姿、そして子供忍者迄、大勢集結し出して、その中で、まだ小学校低学年と思しき、薙刀少女隊のいで立ちの極小姐がお婆と仲良く自撮りなんかやってたので、シャッター押して上げる代わりにモデルさんになって貰ったもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはUW Nikkor28mmf3.5Mod.FXによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_032.jpg
十五枚目のカットですが、これも本の丸下広場ですが、いたいけな小姐でありながら、なかなか刀を構えた格好が決まっていた二人組が居たので、その記念撮影していた町会の世話役の方に声を掛けて、決めポーズを撮って貰った上で、お城の重厚な石垣と散る前の桜をバックに一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはUW Nikkor28mmf3.5Mod.FXによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_033.jpg
十六枚目のカットですが、いたいけな小姐武者の決めポーズなんか撮ってると、子供心にオレもオレもとなるのでしょうか、鉄砲隊を演じる、いたいけな童子が、おぢさん、オレも決めポーズとるから、一枚、記念に撮ってってよ、イヤなら蜂の巣だ・・・とか子供らしからぬ面白いことを云うので、ぢゃお言葉に甘えて、とこれもピークを過ぎた桜の花をバックに一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはFuji X-PRO2、レンズはUW Nikkor28mmf3.5Mod.FXによる絞り優先、開放撮影となります。

kofu19_034.jpg
十七枚目のカットですが、子供武者行列の出発を見送ってから、駅北の山手御門から夢小路にかけての写真を撮ってから時間あれば稲荷櫓を覗いてから帰ろうと思って山手御門から回ったら、話好きの世話役のボランティアのご老人とすっかり話し込んで、時間が押してしまい、今回は稲荷櫓に寄る時間が無いな・・・とか思いながら櫓の見える坂道を登り出したら、そこの主が別れを惜別するかのように、一斉に下から吹き上げる風に乗って花びらが舞ったところを一枚撮ってみたもの。

今回の感想ですが、やはり古来より交通の要衝であり、金山を抱えていたり、林業、運輸業等々で豊かな街であった経緯もあり、やはり、東京から100kmほどの距離に在りながら、おもてなしの心、大人から子供まで、わざわざ訪ねて来てくれた遠来の人々に目いっぱい楽しんで貰おうという、心意気がいつも感じられ、とても感銘を受けました。余談ながら、この二週間後に老母も、遥々、群馬から甲府を訪れ、そのおもてなしの心遣いに喜んでおりました。

さて、次回は久々に国産の面白げなノンライツレンズを買いましたから、そのご紹介でも参りましょうか、乞うご期待!!
  1. 2019/05/06(月) 21:20:04|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Return to Pianura lombarda~Milan Photographic Tour'19①~ | ホーム | Shining spirit of ancient grat Samurai~Majesty Shingen's Festivai'19 ①~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/607-cc4860a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる