FC2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Tragedic but impressive optics~LeononS 5cmf2.0~

Leonon_2.jpg
さて、今週のご紹介は久々のノンライツレンズ、秘宝館の新入り、LeononS 5cmf2.0となります。
このレンズ、タイトルにもある通り、かなり気の毒な生い立ちを背負った悲劇の玉で、これまで自社製造のレオタックスカメラ向けとして東京光学等からレンズのOEMを受けていた昭和光機がレオタックスになぞらえてレオノン銘で複数の光学機器メーカーにOEMで製造させていて、この5cmf2.0は1959年に発売されたとのことですが、この年に昭和光機は哀れ倒産の憂き目に遭い、倒産後も開発中だったレオタックスGなるボディにも付けられて売られていたようなのです。
構成はオーソドックスな4群6枚のWガウスタイプ、同時期にレオタックス用として併売されていたトプコールSの新種ガラスやら空気レンズを積極的に取り入れた豪華な設計、製品仕様とは比べるべくもありません。
ただ、写りはどうかと云えば、普通は仕様、中古価格でも良いとこ無しな機種ではありますが、キタムラさんのご厚意で奇跡的に状態の良い個体が入手出来たので、実写結果を見た限りでは個人的には、かなり好みの玉であることが判りました。
旅に出る時、ズミクロン、プラナー或いはシネクセノンとコレのどれを選ぶかと云われれば、少なくともアジアの旅ならこれを選ぶと思います。
ではさっそく実写結果を逐次眺めて参りましょう。ロケ地はツアイス兄弟との並走で潮来あやめ祭り'19となります。
カメラは富士X-Pro2、全コマ開放によう絞り優先AE撮影となります。

Leonon50mmf2_001.jpg
まず一枚目のカットですが、あやめ祭り会場について早々、寸暇を惜しみ、嫁入り船前にこの玉のテストからやってしまわねばならず、しかもあやめ祭りといいながら、いつも長い玉を先に装着してしまい、花は二の次になってしまうので、今回は会場入りしてすぐのあやめ畑に通路近くに咲く、明け方までの雨の雫を滴らせた白い菖蒲の花を撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_002.jpg
二枚目のカットですが、モニターで見ると、背景が前評判通りのユニークなボケ方ではなく、あまりにノーマル過ぎて、なんぢゃ、これぢゃ、Gyalaxyで撮ったのと変わんなくね?と考え、もうちょいダイナミックに写りそうな背景を園内のあやめ畑を徘徊しながら、ここぞと思った辺りでライブビューのモニタを見て探していたのですが、ちょうどイイ、紫の菖蒲の花の配置が目に付いたので最短付近で一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_003.jpg
三枚目のカットですが、難しい顔で屈みこんで花などを撮っていたら、周囲に華やかな雰囲気が満ちてきたので、何事かと顔を上げ向き直っててみれば、何と、白い巨塔の院長先生の回診ならぬ、お祭り期間中のあやめ娘各位による園内循環のお時間になったようで、ちょうど北側のあやめ畑付近に巡って来られたとのことで、お願いしてモデルさんになって貰ったもの。

Leonon50mmf2_004.jpg
四枚目のカットですが、撮った画を背面LCDでご覧いただきながら、60以上年前の国産レンズてこんなファンキーな描写なんですぜ、とか調子こいて宣伝していたら、年金シスターズによる恒例の高齢あやめ手踊りが南半分のあやめ畑の中で始まったらしく、是非撮って行って下さいとかあやめ娘各位に云われてしまった手前、仕方なく向き直って一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_005.jpg
五枚目のカットですが至近距離だけではなく、或る程度の距離、広さの被写界でもなかなかイイカンジのシャープネスとコントラストを発揮することが、なんとなく背面LCDの画でも把握出来たので、先ほどは最短とは言え、アプローチできる最短、すなわち、土手からあやめ畑に転落しない最短で撮ったのですが、あやめ畑北半分の北端へ目を転じてみれば、手の届きそうな距離に見事な紫の四輪が寄り添うように咲いていたので、ちゃちゃっと一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_006.jpg
六枚目のカットですがいつも嫁入り舟お出航前に係留してある船着き場に足を運び、出航前のゴーヂヤスな船内の様子でも撮ろうかいなとか思っていたのですが、何と、着いて早々の時間には船はまだ到着していないとのことで、それでも、菅笠被っていながら、真っ黒く精悍に日焼けした船頭の爺さまが黙々とザッパ舟の手入れなんかしていたので、一枚撮らせて貰いますよと声かけ、雑談しながら一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_007.jpg
七枚目のカットですが、今回は電車で潮来入りして、バスより小一時間早く着いてしまったので、午後の嫁入り船はもちろん、まだランチにも少々早い時間だったため、とにかく、このレオノンの実力とやらを見せて貰おうか、とばかり、あやめ園内を徘徊して被写体を探していたら、遠景に園内を跨ぐ橋と複数の色の菖蒲の群生をバックに一枚だけ可憐に咲く薄紫色の菖蒲が目に付いたので、これも何かの縁と思い一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_008.jpg
八枚目のカットですが、ここまで来て、重要な被写体を撮ることをすっかり忘れていたことに気付き、足早にザッパ舟の船着き場、嫁入り船の出航する小屋の前に屹立する、故橋幸夫をモデルとしたという「潮来の伊太郎」像を撮るべく、あやめ娘各位と思い思いの記念撮影に余念が無い観光客各位の行列が途絶えるまで小休止し、あやめ娘各位のお待ちどうさまでした、の声を合図に橋をバックに像を捉えてみたもの。

Leonon50mmf2_009.jpg
九枚目のカットですが、嫁入り船本番でのインターセプトポイントの確認がてら、観光協会のスタッフの方と園内の巡行ルートなど確認していたら、傍らを新手のあやめ娘の小姐が通り過ぎようとしたので、会話は暫し中断、普段からは予想もつかないようなダッシュで追い縋り、声を掛けて、配置、ポーズ指定でモデルさんになって貰ったもの。

Leonon50mmf2_010.jpg
十枚目のカットですが、そういや、無限での撮影やってなかったことをまたしても急に思いだして、それなら園内をくまなく見渡せる橋の上が良いだろうと思い、先ほど、下から、潮来の伊太郎像越しに背景として撮った、園内を跨ぎ、前川も跨いでしまう、大きな太鼓橋の上に登って、そこから北半分のあやめ畑の全景を捉えてみたもの。

Leonon50mmf2_011.jpg
十一枚目のカットですが、遠景を撮ると白っぽいものがやや滲む程度でそんなに面白くもない普通の画なので、やっぱ至近距離で背景には植栽入れるっきゃないでしょう、と頭の中でいきなり十勝弁モードになり、橋を降りて南半分のあやめ畑から橋をバックに至近距離で撮れる花はないか探していたら、ありました、ありましたということで、かなり無理して見上げるアングルから一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_012.jpg
十二枚目のカットですが、10枚以上も色々撮って、それを適宜、背面LCDで確認していると、だいぶクセが掴めてくるのですが、無限だと、平行光が苦手なのか、或いは中心部の解像力稼ぐため、像面湾曲には目を瞑ったのか、周囲が相当流れ、甘くなる傾向があるような気がしたので、あやめ畑南半分の南端付近から巨大たいこ橋全景を入れて撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_013.jpg
十三枚目のカットですが、そろそろ腹時計もアラームが鳴り出し、午後からの嫁入り船での最低三か所のインターセプトポイントおダッシュで移動しなければならないハードタスクを考え、ランチにでもすっぺか、とまた常陸弁モードに戻り、このところ、毎回、お邪魔している駅前食堂「長崎屋」さんで近海物のマグロをふんだんに使った鮪づけ丼を戴こうと、園内から幹線道路に抜ける辺りにちょうど鮎を炭火で炙って売っていたお店があったので、買わないけど撮らして、と頼んで一枚撮らせて貰ったもの。

今回の感想ですが、これが20000円しないで買えた、ホントのジャパニーズクラシックレンズの醍醐味と思いました。中心部のシャープネス、そしてシーンよっては激しく自己主張するゴッホの油彩の如き、大胆な後ボケ・・・今日び、普通に良く写るキャノンのL50mf1.8だって、このくらいの程度のものであれば、20000円を下ることはまずないし、不人気では双璧のロッコール5cmf2だって、やっぱり20000円以上は出さないとまともな写りのものは買えないと思います。正直、おっかなびっくりで買い求めましたが、久々の良い買い物だったと思います。

さて、次回は潮来といったら佐原、いやもうちょい戻って成田の祭り撮影に行きますので、天気にもよりますが、面白いレンズで何か撮ってきましょう、乞うご期待!!
関連記事
  1. 2019/06/30(日) 22:32:41|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<A statue of passion ~Narita-san Gion Festibal '19 ~ | ホーム | The centre of people's love and ovation~Itako Iris Festival’19~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/615-f02e74c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる