fc2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Considerable performance from random assortment~Jupiter8M coll. ver.2.00~

Neo_Jupiter8M_000.jpg
さて、今宵のご紹介ですが、予告通り、生まれ変わった沈胴ユピテル8Mの試写結果をレポートしたいと思います。
このレンズ、前回は中、近距離、そう5mからヘリコイド機構上の最短である90cm程度まではシャープでコントラストもそこそこ高く、普通にスナップのお供に連れ出すにはそこそこの性能だったのですが、沈胴金物の構造上、15m程度までしか最遠が届かず、貴重な戦前のツァイス製の金物を削ってまで調整しようとも思わなかったので、極力、無限の被写体を撮らないようにして誤魔化して実写を終えたのですが、帰って、ニコンSP改のピント基準機で試してみると、やはり実焦点距離が短くなったため、無限が足りなくなってしまったことが判明したので、再度分解して、きちんと無限が出て距離計連動する個体と比較してみると、内鏡胴の形状の関係で前群と後群のクリアランスが適正に収まっておらず、その結果、実焦点距離の変動が生じたことが判ったため、削らず、新しいJupiter8MのエレメントをSonnar内鏡胴の金物に移し替えることでクリアランスの問題は、貴重な金物を切削しないで解決出来たという次第。
では、さっそく、土曜日の行程に沿って実写結果を眺めて参りましょう。
パートナーは前回同様、SONY α7RII、全コマ絞り開放による絞り優先AE撮影となります。

Neo_Jupiter8M_001.jpg
まず一枚目のカットですが、このところ、リスク満点の公共機関を使わず、徒歩で撮影ロケ地まで移動していたのですが、この土曜当日は、ランチがかかっていたので、仕方なく、日比谷線の築地駅までは乗ることとし、そこから、徒歩で撮り、深川に戻ることにしたのですが、場外市場に最短で降りると、真上は築地本願寺の敷地内なので、ランチのお店へのショートカットも兼ねて境内に足を踏み入れ、ちょっと不思議な形の狛犬の姿をほぼ最短で戴いてみたもの。

Neo_Jupiter8M_002.jpg
二枚目のカットですが、本願寺の広い境内を斜めに横切ってすぐ目の前の晴海通りを渡ると、すぐに場外市場を東西に貫く細い通路に行き当たるのですが、朝の雨の残る店舗間の通路を足早に通り抜けて行こうとする父娘の姿が目に留まったので、速足で途中まで追い縋って、後ろから通りの様子ごと一枚撮ってみたもの。

Neo_Jupiter8M_003.jpg
三枚目のカットですが、自粛続きで、上野のアメ横と並び、まさに三密のうち、密閉以外の二密は間違いなく満たしているので、お店は閉まって、人影も殆どないのかな・・・とあまり期待しないで出掛けはしたのですが、通常時の賑わいには遠く及ばないものの、僅かに開く物販店や観光客向けのチェーン店系の大衆寿司屋の周囲では、国内外の観光客がそこそこ戻ってきており、甲殻類で有名な齋藤商店の前でも、スキンヘッドの白人大男が生うになんかチァレンジしていたので、その様子を横から一枚戴いてみたもの。

Neo_Jupiter8M_004.jpg
四枚目のカットですが、場外市場を東西を貫く大きな通りを結ぶ、東寄りの細い南北通路でも、まぐろ小売店なども、店先を裸電球で煌々と照らし、賑わいが賑わいを呼ぶのか、狭い店先には、陳列台に所せましと並べられた大小のまぐろの柵を買い求める人や、その周囲で品定めをする人がたむろし、往年の賑わいの片鱗も垣間見えたので、傍らから一枚戴いてみたもの。

Neo_Jupiter8M_005.jpg
五枚目のカットですが、場外市場を東西に貫く大きな通りを西側に抜け、これまでは築地本市場と場外を隔てていた公道に面したアーケードに出て、やはりここでも多くの物販店や飲食店がシャッターを下ろしていて、ましてや外国人観光客に声をかけてモデルさんになって貰うなどということは夢のまた夢なので、仕方なく、閉まっていた物販店の店頭のいちご飴のオブジェを最短距離で一枚撮ってみたもの。

Neo_Jupiter8M_006.jpg
六枚目のカットですが、やはり、本市場が姿を変えて豊洲へ移り、踏みとどまった場外市場にについても、新型コロナの直撃を受け、いつも通りのシャッターチャンスは期待しようもないので、そこそこに切り上げ、食事してから佃・月島方面へ移動しようと馴染みの穴子料理専門店へ足を運んだものの、そこには「当面の間休業します」の悲しい貼紙を目にしたので、近所の別のお店で望外の至上のランチを戴き、せっかくなので目の前の波除神社の提灯など撮ってみたもの。

Neo_Jupiter8M_007.jpg
七枚目のカットですが、いつもであれば、築地エリアから佃・月島エリアへの移動は晴海通りの先にある勝鬨橋を渡って、いったんメインストリートの清澄通りに出て、そこから佃の船溜まりを目指してそれ以降、商店街を流しながら、目に付いた路地、裏通りに足を踏み入れ撮り歩くというコースなのですが、このところ、ほぼ週2~3回は徒歩で歩き回っていて、撮影スポットの位置関係や街並みに関する土地勘も付いてきたので、今回は頭の中の声に身を任せ、勝鬨橋手前の裏通りから聖路加国際病院方面を目指すこととし、その通りに在った、懐かしい昭和初期の和風家屋の一部を洋館風に改造した家を見つけたので、特徴ある窓を撮ってみたもの。

Neo_Jupiter8M_008.jpg
八枚目のカットですが、明石町に在る聖路加国際病院に向かう細い通りには、ここが銀座から1.5km圏内なのかと目を疑うような古い、低層建築が至る所に残っており、密度で云えば、東向島や曳舟、そして本郷菊坂町エリアには敵いませんが、持ち主の資金力によるものか、どれも保存状態が良好で、半ば廃屋やら忘れられた街探検みたいな様相を呈していた墨東地区とは違い、今も大切にされ、人が日々生きている様子がありありと伺える通りだったので、ノースポールの白い花々をモチーフに通りを撮ってみたもの。

Neo_Jupiter8M_009.jpg
九枚目のカットですが、晴海通りからそぞろ歩きすること約20分、やっと聖路加国際病院の一角に到着し、用事があるのはツインタワーの建つ川沿いの敷地ではなく、明石町の外人居留地跡で立教や青学、女子学院をはじめ、多くのミッション系の学校法人の創設の地を示す石碑が点在し、立派な洋館が残る大学の方で、本館の全景が入る位置を確認し、その優美な姿を一枚撮ってみたもの。

Neo_Jupiter8M_010.jpg
十枚目のカットですが、昔、近所の眼鏡屋のヲヂサマを団長とする怪しい中年探検隊で訪れた記憶を頼りに芝生と木立の中に建つ瀟洒な洋館を発見し、はてさて、50mm掛け値無しの画角でどうやって撮ろうかなと考え、まずは明暗差の大きい部分でテスト、テスト、ということで、玄関ドア横の木製飾りをほぼ逆光で撮ってみたもの。

Neo_Jupiter8M_011.jpg
十一枚目のカットですが、洋館の周りを巡り、撮るだけ撮ってから、次なる目的地、佃・月島エリアへの移動は、今更、勝鬨橋方面へ引き返すのも面倒だし、佃エリアからスタートするなら、むしろ、中央大橋から島へ上陸すれば、いつもの未来と過去の接点みたいな船溜まりの近くに出られ好都合と思い、新富町方面へ歩いて、中央大橋を渡りながら、勝鬨橋方面の大川の様子を撮ってみたもの。

Neo_Jupiter8M_012.jpg
十二枚目のカットですが、晴天の中央大橋の歩道部分を渡り切ると、そこは昭和初期の街並みがそこかしこに生き残っている佃エリアで橋から、大川の堤防沿いの道を通って、佃煮屋の前から、まずは定点観測スポットである、中華の名店「麗江」の前に並べられた紹興酒の甕でも撮ろうと歩き出したところ、目の前のタワーとのコントラストも面白いと思ってシャッタ-切ったとたんに自転車のガイジンさんが入り込み、ソーリーソーリーと手を挙げ、頭を下げて去っていった時のもの。

Neo_Jupiter8M_013.jpg
十三枚目のカットですが、ここが、船溜まりと並び、佃エリア不動の定点観測スポットである、「麗江」の前にここぞとばかり壁一杯に並べられた紹興酒の甕で、一回、ランチの後に、おかみさんに撮らして貰うよ、と声掛けて撮って以来、何が面白いのか判らないとか半ば呆れられつつ、ボケを見るのにちょうどイイので、ここでランチを戴いても、戴かなくても、通り掛かったら必ず撮るようになったもの。

Neo_Jupiter8M_014.jpg
十四枚目のカットですが、あぁまたか・・・ということで、絵葉書にも都の外国向け観光案内HPにも頻出している、佃の船溜まりですが、工房主にとっては、赤い橋があって、その袂に銭湯、そして手前の静かな水面には小型の船が何隻か浮かんでいるという風景がまさに普遍的な江戸情緒のステレオタイプで、それが故に惹かれ、毎回、ついついマンネリだぁとか心の声が囁くものの、撮ってしまうもの。

Neo_Jupiter8M_015.jpg
十五枚目のカットですが、15時もだいぶ回って来たので、レトロ交番ほか、月島商店街界隈の画も何枚か撮りたかったので、心落ち着く船溜まり脇の公園を後にし、商店街の一本北の道を西に進んで、交番の建つ通りから商店街へ入ったら、ちょうど、折悪く、前回遭遇した、怪獣みたいな?巨大生物を連れた爺様が居て、その周りをキモカワイイとか、パッツンパッツンのスカートに金髪の小姐各位が遠巻きに見守り、思い出したようにスマホンで写真なんか撮ったりしていたのですが、その中でいたいけな童子が怪獣退治とばかり跨ったところ、後ろにずり落ちずっこけそうになったのを苦笑した爺様が引っ張り上げて、無料乗馬体験ならぬ、乗亀体験となって、一同、皆、撮り始めたので便乗して一枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、ゾナータイプって、やっぱり面白いですねぇ・・・しかもそれが自分でリハウジングしてこの世に無いものを生み出したとなると、感慨もひとしおです。
今度は、ジャンクの沈胴ニッコール5cmf2でも手に入れて、和製ZM(ゾナークラスノゴルスク)ならぬZF(ゾナーフカガワ)でも作りたいものですね。

さて、次回はまだ二本残ったリプロダクションのJupitar8mいくか、それとも別のにするか、今流行りのテレワークしながら考えま~す♪乞うご期待!!
関連記事
  1. 2020/05/24(日) 18:42:39|
  2. CXマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Modification to make more chances to perform~Helios103 mod.M by F.G.W.G.~ | ホーム | Nostalgic views in 21st. century ~ Yashinon45mmf1.8~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/648-467e225c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる