fc2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Unexpected reborn of ordinery optics~OM F.Zuiko 50mmf1.8 Auto-S~

OM_Zuiko5018_000.jpg
さて、今宵のご紹介ですが、予告通り、有り合わせの材料で美味しく料理する・・・まさに使い勝手の良い下町の大衆食堂の如く、工房のパーツ取りの過程で発生したパーツの組み合わせによるリビルト品の試写結果をレポート致したいと思います。
今回のクランケ(患者さん)はOLYMPUS OM Zuiko50mmf1.8、既に銀塩カメラの終焉と共にシリーズも命脈を終えたOLYMPUSの小型軽量アマチュア用一眼レフOMシリーズ用の最廉価標準レンズです。
当工房では、先のDallmeyerのOscilloやら、General Scientific社製のものやら、プロジェクタ用のバレル
レンズに至るまで、口径が太すぎて、ライカマウントのヘリコイドに収まり切れない光学系の改造には、主にOMのヘリコイドを使って、ライカMマウント金物を付けたり、フジのXマウント金物を付けたりと便利に使わせて貰っているのですが、そうすると当然のことながら、ZUIKOの元の光学系のエレメントは失業してしまい、かなりの頻度で貼り合わせ部が白濁しかけている後群はともかくとして、まだ使えそうなエレメントがパーツとしてストックされていて、今回、前玉は傷、中玉はカビながら奇跡的に後群は白濁も傷もコーティング剥がれもなく、健全な状態だったので、当面、ヘリコイドを使う改造は無い見通しなので、いっちょう、手持ちパーツでいまだ人気の根強いOM Zuikoをリビルトしてみようと思い立った次第。
このレンズは4群6枚のオーソドックスなWガウスタイプで、1971年にOM-1(発売当時はM-1なるもL社からのクレームで改名)の普及判標準レンズとして発売され、細かい改良は受けながらも2000年頃にOM2000を最終モデルとして銀塩一眼レフ撤退と共に生産・販売中止となりましたが、普及品であったが故、かなりの数がジャンク市場に出回っているため、パーツ取り用ドナーとして重宝されるのです。
ではさっそく実写結果を逐一眺めて参りましょう。
カメラはX-Pro2、全コマ絞り開放による絞り優先AE撮影となります。

OM_Zuiko5018_001.jpg
まず一枚目のカットですが、試写当日はお昼は上野駅のレカンで食べてしまったので、浅草は試写するだけの目的につき、上野からは銀座線の地下鉄で移動し、雷門近くの出口から上がって、まずは至近距離でのシャープネスと逆光を見たいと思い、ちょうど空いていた雷門のアイデンティティである巨大赤提灯下に滑り込み、底部の金物に施された逆ハーケンクロイツのメタリックな輝きを北側の空を入れて撮ってみたもの。

OM_Zuiko5018_002.jpg
二枚目のカットですが、お江戸随一の観光名所のランドマークをあまり一人で占拠すると、遠路遥々訪れた観光客各位を熱いさなかお待たせしてしまうことになるので、そこそこに場所を空けたら、待ってましたといわんばかりに入れ替わり立ち替わりにいたいけな着物姿の小姐二名組が邪魔者の居なくなった赤提灯の雄姿を上から下まで収めんと、かなりムリして二人でのけ反って撮ってる姿が面白く、後ろから一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_003.jpg
三枚目のカットですが、本来であれば、雷門の次の定点観測スポットである「美人茶屋あづま」さんの店頭で実演販中のお仕着せ和服の健気な女給さんの精勤するお姿でも物陰から仮借ない観光客各位に混じって、さっと撮ってしまいたいところですが、そもそもお客も居なけりゃ、女給さんもおらず、お店番は仏頂面の中年男一名では寄り付く気持ちも失せ、ちょうどその先の角の舟和の仲見世支店前に若いカポーが和服姿で得も言われぬ雰囲気を醸し出していたので、傍らから一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_004.jpg
四枚目のカットですが、やはり鎖国モードだと、写真撮らせてと声かけると一緒になってはしゃいでポーズなんか決めてくれる世界各国からの陽気なノリの観光客各位が皆無につき、そもそも人出が昨年レベルには戻っていない上に仲見世路上には和装の若い人々が極めて少ないかったので、早々に歩き通して宝蔵門前でも同様にシャッターチャンスなさそうなのでパスし、手漕ぎポンプの近くに行ってみれば、居ました、居ました子供会みたいなのがプチ遠足みたいな行事で出っ張ってきていて、盛大に写真なんか撮ってるので、ちょうどセミシルエットで手を洗っている小々姐が居たので、父兄に混じって有難く一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_005.jpg
五枚目のカットですが、境内でも、これまでの経験則からして撮らせて貰えそうな雰囲気の和装グループは皆無につき、仕方なく物撮りモードに入ることとし、まずはいつも通り手っ取り早く、本堂向かって左側の天水桶の上縁に陽刻された謎の赤い象形文字みたいなのをモチーフに青空に映える東京スカイツリーを無限の背景に入れて撮ってみたもの。

OM_Zuiko5018_006.jpg
六枚目のカットですが、こういう時はだいたい奥山方面に行くと何かしら被写体は有るものと相場は決まっているので、西参道方面に歩いて行くと、このところの浅草寺西方面での定点観測スポットである常盤おこしが設けたという無数の風車の壁まで歩いて行く途中、影向堂のちょい先の西側広場脇に二階家ほどの高さの樹があり、その下の方の枝の先に可憐な藤色の花が咲いているのが目に留まったので、足を留めて、最短距離で一枚試し撮りしてみたもの。

OM_Zuiko5018_007.jpg
七枚目のカットですが、このところ不調の「美人茶屋あづま」さんやその裏の扇屋さん店頭の大和絵団扇のデスプレイに代わり、新たな定点観測スポットとなった西参道そばの常盤堂おこしプレゼンツのインスタスポットである風車の弥七モニュメントも、同じようでいて、時折、風車を総入れ替えしているらしく、今回立ち寄ってみた時は、夏の猛暑に対する一抹の清涼剤を意図したかの如き、涼やかな水色メインにところどころアクセントとして、どことなくピカチュウめいたレモンイエローの羽根に赤い留めピンという仕様のものも混ぜていたので、記念撮影する小姐各位に邪魔にならぬよう真横から一枚撮ってみたもの。

OM_Zuiko5018_008.jpg
八枚目のカットですが、無事、風車の弥七モニュメントを撮り終え、無謀にもインスタ小姐各位に無理くりモデルさんをお願いしようとした巨大デジ一眼レフヲヤヂが、大丈夫です、大丈夫です、あ、これは結構ですって意味ですから・・・とか解説付きのお断りモードを発揮され、ほうぼうの呈で逃げ出したのを尻目に見てから本堂方面に向かったら、影向堂前で記念撮影結果を見てる小姐が居たので、スマホ覗き込んでいるとこを撮らして、と頼んで一枚撮らせて貰ったもの。

OM_Zuiko5018_009.jpg
九枚目のカットですが、実は本堂前の石畳を全面張替え工事していて、そもそも人通りが生じないような動線となっていて、お御籤売り場にも人気は無し、手水場も同様ということだったので、宝蔵門そばで張ってみようかと思った矢先、偽金髪も午後の傾き出した陽光に煌めく、如何にもレンタル浴衣という風情の小姐二名様が傍らを通り過ぎて行ったので、振り返りざまに一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_010.jpg
十枚目のカットですが、昨年の今頃でも、休日はその石畳さえ見えることのなかった仲見世ですが、意識せずともソーシャルデスタンスが保てるくらいの閑古鳥状態にも拘わらず、OZとか大人の週末系のお手軽グルメ特集記事紹介型の雑誌メディアで取り上げられたお店はそこそこ人を集めており、宝蔵門から程近いこの揚げ饅頭だかの店頭では、糖質制限ダイエット何するものぞ!?という気概の小姐が列をなしており、ちょうどそのうちの一名、大人になった"偽赤毛のアンアン"みたいな小姐の髪が午後の陽光に煌めいて見事だったため、通りざまに一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_011.jpg
十一枚目のカットですが、シャッターチャンスを物色しながら仲見世を雷門方面目指して歩いていくと程なく伝法院通りとの交差点に到達しますが、この日も屋台を曳いたラムネ売りのヲヂサンが居て、背景にスカイツリーが丸見えのロケーションも功を奏して、インスタ映え目的の自撮り用小道具として、そこそこレトロで涼やかなイメージのビン入りラムネがいたいけな浴衣姿の小姐には売れているらしく、先に買い求めたカポーに引き続き、小姐二名様も買い求めようとしていたところを斜め後ろから一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_012.jpg
十二枚目のカットですが、仲見世を歩きながら、確かに、背中で語るカットで統一しても面白いな☆とか思いついた矢先、手前のお店から出て来たカンカン帽に麦わら手提げバッグの、郊外へハイキングでも出かけるかの如きいで立ちの小姐と、一見お揃いの黒系装束のようでありながら、Guessのロゴをサークル状に大きく配した派手なTシャツの兄ちゃんが手に手を取ってしっぽりと歩き始めたので、これ幸いと有難く後ろから一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_013.jpg
十三枚目のカットですが、目の前の雷門が大きくなってきた頃、前方の定点観測スポット、「美人茶屋あづま」さんの店頭に目線を走らせたら、もう食べちゃってお替りを買おうかどうしようか逡巡しているのか、或いは近所の鍵っこで、別のことにお小遣いを使ってしまって、好物の黍団子を買えず、仕方なく店頭の賑わいでも眺めようかと時の移ろいに身を任せたままにしているのか、独りぼっちの極小姐がかいがいしく働くお店のカウンターの横から中を覗き込んでいたので、後ろから一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_014.jpg
十四枚目のカットですが、夏季限定の定点観測スポットとなった雷門東側、天婦羅の「三定」裏の土産物屋さん店頭に吊るされた、如何にも涼し気なギヤマン製風鈴が一列に勢揃いし、極僅かなクルマの通り過ぎる風に揺れて、晩夏の夕方の陽光を煌めかせながら、微かな音を奏でる様子を至近距離に陣取って一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_015.jpg
十五枚目のカットですが、さぁて、何処かでお茶でもしてから帰ろうかなと雷門前まで歩いて行ったら、ちょうど良いことに結婚式か何かの記念撮影のリハーサルか何かで、如何にもその業界の人ですよ、と云わんばかりの黒づくめのパンツ姿のウェディングコーディネータの小姐他スタッフと金襴緞子の帯締めながら♪みたいな和装のカポーが緊張しながらも真面目に段取りの打ち合わせなんかやってたので、横から、多幸を祈りつつ、他の観光客に混じって一枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、実はアダプタなのか、組み合わせたエレメントの相性の問題なのか、精密調査をしていないのですが、無限が4m程度になってしまっていたので、近~至近距離のカット尽くめになってしまいましたが、それを覗けば、オール開放でここまで撮れれば十分及第点ではないでしょうか。

さて、次回ですが、実はこの試写の帰りにSONYのEマウント用アダプタを買い求めたので、これは点検後、再試験するとして、家に有った分解清掃済のOMマウントのズームレンズを実験台に試写しましたのでご紹介します、乞うご期待!!
関連記事
  1. 2020/09/06(日) 21:31:15|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奇貨可居~Tamron SP28-80mm3.5-4.2 FC Macro~ | ホーム | Incredible product due to tremendous effort~Dallmeyer Oscillograph51mmf1.9mod.M by F.G.W.G.~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/658-1fa2332b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる