fc2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

A practical chimera reborn in Fukagawa~Candustar50mmf3.5 by FGWG~

Candustar50mmf35_000.jpg
さて、今宵のご紹介ですが、先週末に出掛けた旅先写真でもと考えたのですが、出発前にしっかりちゃっかり、工房作品レンズのテスト結果を整理し、掲載候補を選んでいたので、旅先でのスナップは年末特集として、今回は工房作品レポートいきます。

今回ご紹介するのは、一見、Canon50mmf3.5のライカマウント沈胴そのものですが、さにあらず、写真からではなかなか判りづらいかもしれませんが、距離指標がメートル表記で、鏡胴シャフトもかなり短めなので、何か違うな・・・と気づいた方は鋭い。

これは、キャノンのライカマウントレンズ、少なくとも85mmf1.5くらいまで、だいたい後群の絞り直後の凹が白濁、酷い場合には風化してしまい、すりガラス状態にまでなって、撮影不能になってしまい、50mmf1.8はほぼ全部、この50mmf3.5もかなりの数で発症していて、実は今回の個体も、「夜店の亀は買ったその日が千年め」の諺ではないですが、クリアな状態で買ってから半年もしないうちにあれよあれよという間に発症し、いつの間にかソフトフォーカスを通り越し、内蔵レンズキャップ状態になってしまい、撮影が不可能となってしまったため、比較的、出来の良いヘリコ&マウントアッセンブリは他の改造レンズに転用し、特徴的な首絞りのレンズヘッドのみが白濁した撮影不能の状態で部品箱に転がっていたのですが、或る日、ふと閃いて、こえまた改造パーツとして100を超える数を輸入しているソ連製インダスターのパーツを使って修理出来ないか?ということで、超ジュラルミン削り出しの内外面ネジ加工スペーサで移植に成功したものです。

では、さっそく、その奇跡の実写結果を逐次眺めて参りましょう。
カメラはSONY α7RⅡ、ロケ地は浅草、全コマ、絞り開放AE撮影となります。

Candustar50mmf35_001.jpg
まず一枚目のカットですが、FED50mmf2の試写を終え、再び、雷門周辺からスタートすることとして、被写体を物色していたら、ちょうど仲見世西側の側道で買ったばかりのメロンパンだか焼きそばパンを持って、あーだら、こーだら注文つけながら、記念撮影なんかしている和服姿の小姐二人組が目に留まったので、通りざまに一枚戴いてみたもの。

Candustar50mmf35_002.jpg
二枚目のカットですが、背面モニターで確認すると、フルサイズで撮っても周辺の画質低下や光量落ちもなさそうなので、安心して試写を進めることとして、今度は仲見世を挟んで反対側の側道で被写体を探していたら、ちょうど、お店の間の軒下から、お揃いのあらいぐまラスカル尻尾みたいな髪型の小姐二名組がいそいそと出て来たので、少々追尾して後ろから一枚戴いてみたもの。

Candustar50mmf35_003.jpg
三枚目のカットですが、仲見世に戻って、そのまま宝蔵門方面へ歩きながら被写体を探しながら撮り歩いても良かったのですが、ふと振り返ると風鈴の群れの近くにたむろしていた観光客のグループが立ち去り、三密状態が解消されたようだったので、いったん、くだんの土産物屋さんの店先に踵を返して午後の陽を照り返す風鈴群を斜め下から撮ってみたもの。

Candustar50mmf35_004.jpg
四枚目のカットですが、風鈴群を撮って、その結果を背面モニタで確認してから、仲見世を宝蔵門方面に歩き出そうとしたら、いたいけな和服姿の小姐二名組が、一生懸命腕を伸ばして、自撮りを試みていたのですが、なかなか上手くいかないようだったので、声を掛けて撮って上げた代わりにモデルさんになって貰ったもの。

Candustar50mmf35_005.jpg
五枚目のカットですが、風鈴前の小姐二名組にレンズの蘊蓄垂れて、背面モニタの画像見せたら、こっちの画像が欲しいとの嬉しいお言葉だったので、連絡先教えて、その場は別れ、仲見世経由、宝蔵門方面へ歩き出す前に半ばルーティン化している、雷門下、特大赤提灯底部の金メッキ金物のハーケンクロイツを斜め下から撮ってみたもの。

Candustar50mmf35_006.jpg
六枚目のカットですが、どうせダメだろうなとか思いながら、かつての定点観測スポット筆頭、「美人茶屋あづま」さんの店頭を一瞥して、あ、こりゃダメだ、お呼びでない、と扇屋さん店頭に大和絵団扇を撮りに行ってから、再び仲見世に戻る時、あづまさんの北側を通ったら、もじゃもじゃ頭にどてらみたいな和服の今風金田一耕助みたいな兄ちゃんと、CAみたいに小奇麗にお団子髪にまとめ上げた和服の小姐のカポーが路傍に佇み、帰し方行く末について語っているようだったので、そのようすを斜め後ろから一枚戴いてみたもの。

Candustar50mmf35_007.jpg
七枚目のカットですが、宝蔵門を目指し、仲見世を歩いていたら、日本人ばかりというのは、このご時世珍しくもないのですが、このところ、ベネチアのカルナバルがCOVID19で流れてしまった仇討ちというワケでもないでしょうが、やたらお面をかぶったり、或いは頭の斜め後ろに髪飾り的に留めている小姐が多かったので、店頭のお面小姐を斜め後ろから一枚戴いてみたもの。

Candustar50mmf35_008.jpg
八枚目のカットですが、通りの遥か彼方に見える宝蔵門を入れて通りの様子を撮ってみようと思い、適当な被写体がやってくるまで、真ん中につっ立っていても文句の出ようもないほど、まばらな人通りの仲見世に佇み、しばらく様子を伺っていたら、来ました来ました、七五三にしては少々育ちすぎていて、かといって、成人式のリハーサルにはまだだいぶ間があるといった趣の小姐を真ん中にやや人相の悪いヲヤヂ率いる家族連れが仲見世を横切ろうとしたので、その瞬間を一枚撮ってみたもの。

Candustar50mmf35_009.jpg
九枚目のカットですが、仲見世を歩いていたら、ほどなく、伝法院通りとの交差点に辿り着き、さてこのまま宝蔵門方面へ進むか、それともホッピー通り経由、花やしき方面へ進み、奥山から境内に入るのか、逡巡していたら、レイヤーの小姐二名組が伝法院通りの真ん中で相互撮影会なんか始めちゃったもんだから、声掛けてカメラマン役を買って出て、そのお礼にモデルさんになって貰ったもの。

Candustar50mmf35_010.jpg
十枚目のカットですが、結局、往きは宝蔵門方面経由、境内を目指すこととし、レイヤー小姐に連絡先を教えて、そのまま仲見世を北に進もうとしたら、伝法院幼稚園の柵のところに狼男みたいなお面をかぶってじゃれていた小姐二名組を見つけ、「カッコイイ狼男のお揃いのお面被ってるとこ、一枚撮らしてよ」と頼んだら、「えー狼男じゃないすよ、猫ちゃんすよ、可愛い猫ちゃん!」とか抗議しつつもモデルさんにはなって貰ったもの。

Candustar50mmf35_011.jpg
十一枚目のカットですが、宝蔵門経由境内に入り、まずはこの寒空の下、試そうなんて物好きはいないよな、とか思い、手漕ぎ井戸を一瞥してから、次なる定点観測スポット、お神籤売り場へ向かったら、居ました、居ました、農業研修だか、技能訓練生だかのベトナム人と思しき男女混合のご一行様が、社会主義国では珍しいのか、興味深々、お神籤なんか抽いていたので、その微笑ましい様子を横から一枚戴いてみたもの。

Candustar50mmf35_012.jpg
十二枚目のカットですが、巨大香炉のそばでは目ぼしい被写体は見当たらなかったので、クラシックレンズにはかなり厳しい撮影条件である手水場の東側から西方面の人物をセミシルエットで撮るパターンにチャレンジしようと待ち構えていたら、若いヲヤヂがいたいけな愛娘の手洗いの様子を激写しようと、背後から指示を飛ばしていたので、正面、参拝者のすき間からまんまと一枚戴いてみたもの。

Candustar50mmf35_013.jpg
十三枚目のカットですが、手水場で何カットか撮影後、自らもお清めをして、本堂にお参り、しかるのち、奥山方面に向かうべく、階段を降りたらば、そのすぐ近くで日本犬展示即売会の如く、愛犬三頭をちょこんと座らせて、請われるたびに観光客の撮影に応じていたので、声掛けて混ぜて貰ったもの。

Candustar50mmf35_014.jpg
十四枚目のカットですが、なかなか面白い写真が撮れたものだと思い、次なる定点観測スポットである西参道脇の壁面に設けられた常盤堂プレゼンツの「風車の弥七モニュメント」こと風車の壁面を撮るべく、歩き出し、ふと本堂を振り返ってみれば、老若男女、様々な人々がアルミナブラスト仕上げのチタン屋根も見事な本堂の雄姿をバックに自撮りに勤しんでいたので、その様子を一枚戴いてみたもの。

Candustar50mmf35_015.jpg
十五枚目のカットですが、境内最後の定点観測スポットである「風車の弥七モニュメント」を斜め撮りすべく、このところ、メロンパンを買い求めるために塀際に整列している小姐グループないし、物見高いカポーの合間を縫って、ハイごめんなさいよ、と行列と壁の間に体を滑り込ませて被写界いっぱいに風車が入り込む構図で手前2列目の赤い風車にピンを合わせて撮ってみたもの。

今回の感想ですが、やはり、ウラル産の最高級硝子原料を使っているだけあって、パーツとしてのロシアレンズはなかなか有能で、おそらく同じ年代生まれであれば、キャノンをはじめとし、同様の構成のレンズは
みな、特軽フリントの原料として万能薬の如く転嫁されたバリウム化合物の風化により白濁し、重症の場合、エレメント表面に僅かな凹凸すら生じてしまいますが、ソ連のレンズはあの憎たらしいほどの赤紫コートの恩恵なのか、表面に汚れやカビがあっても、適切にクリーニングしてやれば、光線透過という性能は全く問題なくリカバーできるので、使ってみたらこの通り、ということです。いやはやソ連のガラス産業恐るべし。

さて次回は、今年最後のアップとなりますが、先週、出張がてら、四日間に亘る外国人の居ない尊王攘夷?の街、京都の様子をお送り致しましょう、乞うご期待!!
関連記事
  1. 2020/12/20(日) 19:55:14|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Prologue of revolutionary restoration~Candustar50mmf3.1~ | ホーム | Rare optics revealed from chaos of histories~FED5cmf2 mod.M by FGWG~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/670-ca3e2fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる