深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

オリジナルノクトンと深川ノクトン

nokton.jpg
クラカメマニアなら、まず誰しも一度は憧れるフォクトレンダー製ノクトン。
しかし、数少ないLマウントのものは、今や中堅サラリーマンの月収に相当する額にも匹敵し、また、プロミナント用のものは、本体がロボットロイヤル36やフォトン並みに巨大な割には自動巻上げもなく、しかもフォーカスが左のノブで調整、ファインダー自体も出来の悪い万華鏡みたいで見ずらいから、とても気軽に撮影に使えるワケもなく、一部のLやS等のアダプタを入手出来た者のみが、そのソフトでムーディな写り味を堪能出来たのです。
そこで、無いものは作っちまえ、しかも、あり合わせのモノで安く旨く作るのをモットーとするあたかも主婦の鑑の如き当工房では、キャノンのLレンズのヘリコとジャンクのプロミナントのマウントを精密加工で合体させ、無調整でいかなるL/Mボディにも、プロミナントマウントの標準レンズなら装着出来るようにしたのです。
左が当工房製の通称"深川ノクトン"、で右が言わずと知れたオリジナルノクトン。
このレンズは、良く知られるように前群の曲率が比較的大きく、また、6群7枚構成の非対称ガウス型であるためか、開放ではかなりフレアっぽくソフトに写り、古い町並みなど、とてもレトロっぽく写って、イイカンジです。え、絞ったらどうかって?開放でしか使わない主義なんで、ノーコメントです(笑)
RD1S_Nok02.jpg
今日は、招待券を貰ってあったので、幕張メッセでやっている、東京オートサロン'08に行ってきました。
結構、タイトなスケジュールだったので、ノクトンをつけたRD-1Sでのテストは会場近辺でお手軽に済ませてしまいました。
丁度、会場建物から駅に戻る途中、何点か彫刻が配置してある箇所があったので、そこでもって、深川ノクトンの味が出るような画を撮ってみました。
絞りは勿論開放、シャッター速度はオートにしています。

nokton01a.jpg
もう少しこの深川ノクトンの味が出たと思われる作例をひとつ上げておきます。
浅草はどちらかというと家の近くということもあり、結構、頻繁にテスト撮影にいきます。
これは駒形方面から、雷門方面に歩いていくと、もはや風物詩になっている、人力車の営業活動の図です。
画面全体はソフトなトーンでポワワ~ンとしているようにも見えるのですが、あにはからんや、
主題となる車夫やお客となるであろうお嬢さん達の髪の毛の1本1本まで、シャープ、かつクリアに写し取っているのです。
ただ、後ろのボケはさすがに同じ焦点距離のゾナーのとろけるような甘いボケにはかなわず、ちょいとウルサくなってしまっているのが残念ではありますが・・・
勿論、絞りは開放、ネガは定番のSセンチュリア100EX24使っています。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2008/01/09(水) 23:17:32|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<深川精密工房第一号改造レンズ レチナクセノン改L39 | ホーム | ニッコール50mmf1.4ライトウェイト>>

コメント

実焦点距離

先日安くコシナさんのプロミネント-ニコンSアダプタを入手しました。これが発売された時に疑問に思っていましたノクトンの実焦点距離は幾らかという問題を早速試験しましたところ、ニコンSでは大幅後ピン、コンタックスIIaではわずかな後ピンでした。コンタックスでは実用可能と思いました。
つまり私のノクトンはコンタックス標準よりさらに焦点距離が長いわけです。

深川工房さんの印象をお聞かせ願えますでしょうか  ^^ 
  1. 2008/01/19(土) 11:27:36 |
  2. URL |
  3. lensmania #RGJnsXQk
  4. [ 編集]

Re:実焦点距離

れんずまにあさん
コメント有難うございます。
そうですね、自分の個体はあまり意識して使ったことはないですが、マウントアダプタユニット作る時に無限さえきっちり合わせ込んでやれば、1.5mくらいの接近戦でも、オリジナルノクトンL39よりも寧ろピント精度が良いような気もしますが・・・
いっぺん、レーザーで測定やるか、関東カメの測定結果を聞いてみますか。
もしかしたら、結構な個体差があるのかも知れませんね。
  1. 2008/01/20(日) 00:37:07 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/7-8a23664d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる