fc2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

A trip to towns where castles existed in Hokuriku district in Japan②

さて、今回の更新は、前回に引き続き、北陸ツアー後編、金沢での英国製クラシックレンズ大暴れの様子をレポート致します。
当日は、朝、駅至近の宿を10時前に出て、金沢観光定番の市内バス一日乗車券を買い求め、まずは向かった先が、歴代の前田公が祀られている尾山神社、そこから、まずは犀川の対岸にある、ジブリ風の三階建ての木造割烹を撮りに向かい、それから、また東側に戻り、ランチまでと時間を決めて長町の武家屋敷界隈を撮り歩き、しかるのち、21世紀美術館経由、ポールボキューズ金沢でのランチを挟み、いもり堀手前のしいのき緑地公園でイベント撮影し、城内、兼六園と撮影し、夕刻まで主計街茶屋街、ひがし茶屋街と撮って一日のスケジュールを終えたという次第。
では、11月5日当日、朝からの行程に沿って、実写結果を逐次眺めて参りましょう。
カメラはSONYα7c、レンズはCooke Sppedpanchro28mmf2.0mod.Mによる全コマ絞り開放AE撮影となります。

北陸2211_016
まず一枚目のカットですが、市内循環バスを降りて大通りを直進し、左に曲がると、すぐ目の前に見慣れた国指定重文の尾山神社神門、これは、見た目よりも比較的新しく、明治8年に建てられたもので、加賀藩を象徴する戸室石のアーチと木造構造体に銅板外装となっているもので、丁度、前に観光客が立ちふさがったところで、一枚撮ってみたもの。

北陸2211_017
二枚目のカットですが、無事、尾山神社にお参りをして、普段ならそのまま奥に抜けて鼠多門橋経由、玉泉院庭園、三十間長屋から金沢城址公園にアプローチするところですが、そうすると、お城の下、尾山神社からは90°の方向、南側にあるレストランに着く時間が中途半端になってしまうので、いったん、100万石通りこと国道157号の大通りに出て、香林坊経由、徒歩10分ほどの犀川大橋を渡り、対岸に位置する「山錦楼」の木造建築を下から撮ってみたもの。

北陸2211_018
三枚目のカットですが、無事、「山錦楼」の裏表を撮って、背面LCD撮影結果を確認、やっぱ28mmをフルサイズで使うと画角広くて助かるなぁ・・・などと周囲が相当ブラックアウトしているにも関わらず、妙に納得して、再び犀川大橋を渡って、もと来た100万石通りを香林坊方面に向かい、金沢東急ハンズのところで左手に入り、長町の武家屋敷通りに入ってまもなくの薬問屋か何かをリフォームした記念館の庭に咲くツワブキの黄色い花を至近距離で撮ってみたもの。

北陸2211_019
四枚目のカットですが、ランチまでの時間を気にしながらの武家屋敷街散策ではありますが、それこそ訪問した回数は名古屋支店勤務の30年前以降、10回や20回ではきかないくらいなので、地図など見なくとも、撮影スポットは頭の中というか、暗黙知の如く、行動に沁みついており、今回も手際よく撮って回ったのですが、これぞ武家屋敷の佇まい、といったイメージの、石垣で覆われた用水に面した築地塀を撮ってみたもの。

北陸2211_020
五枚目のカットですが、前回来た時に欲しいなぁ・・・とか思いつつ、カメラバッグの中がレンズでぎゅうぎゅう詰め状態で、さりとて、焼き物を割れないように新聞紙か何かで来るんだ白いビニール袋を提げての撮影継続も、本末転倒・主従逆転、旅行の趣旨にはそぐわないので、ギブアップしてしまったのでですが、今回は使うレンズのみ厳選して後は宿の大カバンに収めてきて余裕あったので、お店に向かう途中の時代掛かっった街並みを撮ってみたもの。

北陸2211_021
六枚目のカットですが、京焼から招聘されて、再興九谷焼の始祖の一人になったという春日山窯の青木木米の窯跡に建つ陶磁器店でなかなか小洒落た小皿などを買い求め、このところ、那覇、萩、唐津、とあちこちで陶磁器の小品を買い求める悪癖がぶり返したなぁ・・・などとちょっと後ろめたい思いを秘めつつ、ランチを頂く、しいのき迎賓館方面へと向かうべく、100万石通りを目指して武家屋敷通りを歩きながら、なかなか清楚な雰囲気の総髪ちょんまげ頭の小姐が前に居たので、有難く一枚戴いてみたもの。

北陸2211_022
七枚目のカットですが、通りをしばらく進むと、昔は下級武士の屋敷だったところが、この令和の御世では伝統工芸を伝承する「職人大学」という施設になっていて、その庭園部分は一般に無償開放されていたのでその中に足を踏み入れてみたら、生徒さんたちが自力で設計・施工したという木造の茶室があり、ちょうどその手前に桜が紅葉していたので、至近距離から一枚撮ってみたもの。

北陸2211_023
八枚目のカットですが、同じ敷地の中を好奇心の赴くまま散策していたら、重厚な趣きの施釉瓦葺きの母屋の脇で、このところ、滅多に見かけないような、濃淡様々なオレンジ色の実をたわわに実らせた柿の木の枝が伸びてきていたのが目に留まったので、秋の薄雲の浮いた青空をバックに一枚撮ってみたもの。

北陸2211_024
九枚目のカットですが、そのお屋敷跡を出てから大通りを目指して歩いていたら、建物は殆ど残されておらず、殆ど池付きの庭園だけになってしまったような公園があったのですが、その池のほとりに、先ほどの薬種問屋跡をリフォームした記念館の庭先に咲いていたのと同じような黄色いツワブキの花が秋空を写す水面をバックに可憐に咲いていたので、足を止めて一枚撮ってみたもの。

北陸2211_025
十枚目のカットですが、香林坊のバス停から市内循環バスに乗って、21世紀美術館前で下車し、まずは金沢最古の鎮守とも言われる「石浦神社」にお参りしてのち、道の反対側にある21世紀美術館に足を踏み入れ、ランチタイムも間近、かつ、意外と入場料がお高いので、庭先のみ撮らせて頂こうと決意し、RGBの森こと「カラーアクティビティハウス」で遊ぶ若い人々の様子を一枚撮ってみたもの。

北陸2211_026
十一枚目のカットですが、21世紀美術館の庭先でちゃちゃっと何枚か撮って、キブンはミシュラン星付きフレンチだったので、海鮮丼も回らないお寿司もものかわ、美術館からは目と鼻の先にある、しいのき迎賓館一階の「カフェ&ブラッスリー ポール・ボキューズ」にそそくさと移動し、至極のランチを頂いてのち、本格的な金沢場内探訪の前にレストラン目の前のしいのき緑地でやっていたイベントで、NPOか何かによる、恐竜のハード着ぐるみでじゃれていたいたいけな極小姐達の様子を一枚撮ってみたもの。

北陸2211_027
十二枚目のカットですが、15時までに行かないと、重文の三十間長屋という、実質的には戦時の防衛拠点となり得べき現存多門櫓の内部を見学出来なくなってしまうので、兼六園内の撮影は雪吊中心として、急ぎ足で兼六園から金沢城への最短アプローチである石川門に到達した時、ちょうど、時代掛かった和装のカポーが追い越していったので、有難く門全体撮影にエキストラ出演願ったもの。

北陸2211_028
十三枚目のカットですが、門限の厳しい三十間長屋も無事見学出来、その後、五十間長屋から菱櫓に至るまで木造復元の建造物群の内外を存分に堪能し、次に移動するひがし茶屋街へのバスでの移動を考えると、兼六園下が一番利便性が良いので、再び石川門から出た時、お堀通りの上に位置する江戸町通りの入口付近で、小姐二名に記念撮影お当番を頼まれたので、マスクはずす代わりに距離とる条件でモデルさんになって貰ったもの。

北陸2211_029
十四枚目のカットですが、城内の撮影のお後は、釣瓶落としと言われる秋の陽が暮れかかった頃に到着した浅野川沿いの主計町茶屋街でちょこちょこと定番の撮影後、道を渡り、金沢最大の伝統的景観地区である、ひがし茶屋街で撮影開始、まずは、メインストリート入ってすぐの店舗の出入口脇に植えられていた南天の木が真っ赤な実を実らせていたので、至近距離から黄昏の街並みをバックに一枚撮ってみたもの。

北陸2211_030
十五枚目のカットですが、茶屋街の奥まで撮って、さあ、宿へ戻って、装備置いてから金沢飯をディナーに食べに出る前に、どこかに寄ってお茶でもしようかなぁとか考えながらまたメインストリートの入口付近まで戻ってきたところ、声色からして学生さんのグループ旅行と思しき小姐の一個小隊がお互いにスマホンで記念撮影の撮りっこでもするのか、お互いに身だしなみの相互チェックなんかやっていた様子が面白く、しらばっくれて一枚頂いてみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、28mmf2.0のSpeedpanchroを初めてフルサイズで撮りましたが、思ったよりいメージサークル有って、使いようによっちゃ、画面の演出として効果的に使えなくもないレベルなので、実際にキャップレンズ並みに薄型の軽量・コンパクトなので、たとえば、台湾の金瓜石の金鉱住宅跡とか、上海の弄堂の路地裏なんか散策するのにはもってこいのカンジがします。

さて、来週はいよいよ21mmf1.5のお披露目と行きたかったのですが、先々週末が全然それどころではなかったので、「どうする家康!?」で盛り上がる前の東海道沿いのお城探訪の前回の積み残し分探訪をレポート致します、乞うご期待!!
関連記事
  1. 2023/06/04(日) 18:56:33|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Express tour to explore castles and forts located along Tokaido in Dec.'22. | ホーム | A trip to towns where castles existed in Hokuriku district in Japan①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/760-b3d1e76d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる