深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

産品找到超越突破~Arriflex-Cine-Xenon50mmf2~

xenon5cmf2S5.jpg
xenons5_1.jpg
xenons5_2.jpg
xenons5_3.jpg
xenons5_4.jpg
【撮影データ】カメラ:Leica M8 ISO Auto 全コマ開放 絞り優先AE
さても更新の日曜日がやってまいりました。
週一の更新とは言え、よくまぁネタが続くものだと自分でも半ば感心し、半ば呆れ加減で訪問者カウンター数の伸びだけを頼みに駄文を綴ります。

今回のネタは、昨年、佐原のお祭り編にて一旦登場したものの、構造上の理由から、5m以内のピンがかなり甘いまま使用せざるを得なかったArriflex-Cine-Xenon50mmf2の5号機のリニューアル登場です。

少し専門的になりますが、前々回登場した初期のXenon5cmf2は元から回転ヘリコイドなので、実焦点距離がライカの基準焦点距離51.6mmより長かろうと短かろうと、傾斜カムで距離計連動メカを付与出来るのですが、この銘板と前玉がツライチで名称もタダの"Xenon"から仰々しく"Arriflex-Cine-Xenon"になったものは、直進ヘリコイドに改良?されており、それが故、傾斜カムの採用が出来ないため、個体毎の実焦点距離の違いには完全には対応しきれず、50mm表示であっても、極端に焦点距離が短いものについては、近距離の甘さをガマンして使うしか有りませんでした。

しかし、ここでKodak Cine-Ektar40mmf1.6での直進ヘリコイドからの回転ヘリコイド改造技術、そして先のCooke Cinetalでの極緩やかな傾斜率のカム切削・計測技術が応用されたのです。

更に先の年初恒例の川越撮影ツアーで試用戴いた市川編集長殿からのフォーカシングのやりにくさを除けば今までにない物凄い描写力の有るレンズだ・・・というお言葉を真摯に受け止め、新技術として、航空機用のPAN系カーボンファイバー樹脂を上回る某高炉メーカー系列化学メーカーの生み出したピッチ系カーボンファイバー樹脂のドライ品をダイヤモンド工具で切削したフォーカシングノブを付け加えることとしました。画像でも市松模様っぽいカーボンのテクスチャが判ると思います。

かくして外観は、殆ど直進ヘリコイドの一号機と全く同じまま、中のメカを徹底的に作り変え、最短距離から無限まで、絞り開放で工房ご神体のマイクロニッコールを凌ぐほどのシャープネス、オリジナルノクトンを上回る色飽和度を持った怪物レンズが産み出されたのです。

さて前宣伝はこれくらいにして、早速作例を見ていきます。今回は新宿西口写真修錬会という秘密結社の写真撮影ツアーに紛れ込んで、鎌倉~江ノ島を徘徊した際に撮ったものです。

まず一枚目、これは昔、鎌倉小町通りの路地裏にまで通暁していた写真好きのご老人に案内されて撮影に行った時、見つけたイイ雰囲気のアンティークショップ兼喫茶店みたいなお店の前で朽ちるに任せている真紅のバイクです、いや、スクーターなのかな・・・
黒い木の壁のお店に寄り添うように、かつては艶かしい輝くばかりの赤だったのでしょうが、このひっそりとした路地裏の空気に同化したかったかのように色褪せ今は風景の一部と化している姿を良く捉えたのではないかと思います。
ここでは、背景のボケはゾナーで撮ったかの如くなだらかに溶けています。

そして二枚目、これはまた表通りである小町通りに戻り、蕎麦屋さんだか和食屋さんだかの店頭で、信楽焼と思われる壺に活けられた赤い花の野草が建物の風情と相俟って、素晴らしくイイ雰囲気を醸し出していたので、戴いた一枚です。このカットでは白魔ことM8の魔力を借りてではありますが、このレンズの真骨頂を表しているのではないかと思います。
シャープさは際立っていますが、それだけで見せようとするのではなく、色の深み、そしてなだらかなで美しい後ボケ、全てにおいて画像取得用レンズの頂点として君臨するArriflex35用のレンズの底力を見せ付けてくれたのではないかと思います。

続いて三枚目、これはまた小町通りからまた横道にそれて少し歩いた民家の軒先ガレージに保管されてある、クルマとスクーターです。
この赤いクルマとスクーターは先ほどの色褪せ、朽ちるに任せている真紅の二輪車とはうって変わって、今も艶かしい輝きを保ち、いつ訪れても見る者を誘惑するかの如き佇まいを見せます。わたしたち、今でもご主人様の愛情を存分に頂いてとても幸せなんです、と道行く人に誇らしげに語りかけるようでもあります。
ここでも、赤の描き分け方、グリル、ランプ周りのクロームメッキの光沢、そして背景のスクーターの後ボケがイイカンジだと思います。

最後に四枚目、これは小町通りも後半に入ったあたりの有名な洋食屋さんの前で果敢に営業活動を繰り広げる、車夫の若い男女達の姿を捉えたものです。
フォーカスは一番手前の若い女性の車夫(車婦?)さんに合わせており、その隣、またその隣と次第にボケ具合が増していき、遥か彼方に見える旧態然としたアヤシイカメラみたいなものを構える、赤外線カット仕様?の帽子を被った不審人物は油彩の中のおぼろげな人型と化してしまっています。

実は、今回のテスト結果をプリントして、昨日、新宿近郊にお住まいのレンズの世界的権威にもご覧戴きましたが、比較の為に持っていった、同日のツアーで併用したPlanar50mmf2と比べ、こちらの圧勝、という判定結果に終わりました。

では、Kinetal50mmと勝負して、このArriflex-Cine-Xenon50mmf2がいよいよ3代目キャプテン就任か・・・と勘繰りたくもなりますが、実はまだArriflex用レンズは加工していない超大物が2本有るのです。
GW前には登場すると思いますので、どうかお楽しみに。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2009/03/08(日) 21:02:35|
  2. Arri改造レンズ群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<超級透鏡之間的競爭~Cine Planar50mmf2.0~ | ホーム | Xenonの血を継ぐ者~Leiz Summarit5cmf1.5~>>

コメント

アイデアルモデルは~~~~?・・・・w

このレンズですが
一瞬、
リボンを付けたネタ用のレンズかと思いましたよ~~~笑
  1. 2009/03/09(月) 18:18:25 |
  2. URL |
  3. 山形 #-
  4. [ 編集]

山形さん
一番乗りのコメント有難うございます。

すいませんね、折角お越し戴いたのに、「枯れた」被写体ばっかで「萌え」がなくて(汗)

そーいやぁ、市松模様のパーツがミニーマウスのリボンに見えないこともないですね(苦笑)
実は、これが技術の粋を尽くした、ドライカーボン板削り出しのフォーカシングノブというというワケです。

しかし、本題に戻ると、これが有ると無いとぢゃ大違い、今話題の"アイデアルモデル"は突発的に現われるものなので、スムーズでクイックなピント合わせを求められため、こんなファニーなパーツをくっつけたってことです。

因みにこのパーツの加工については、まだ水母工作所には伝授していませんので、「かっけぇぇ、欲っすぃぃよぉぉぉ!」と泣いても叫んでも、手に入らないので、どうかご勘弁を。
  1. 2009/03/09(月) 18:31:51 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

いえいえ
萌えは無くても大丈夫ですよ♪

私の日記も
萌えなんて無いですし・・・・・・今日は・・・・笑

ちなみに
くらげさんよりも
目久尻川の御仁のほうが叫びそうな気がしますが・・・笑
  1. 2009/03/09(月) 21:25:07 |
  2. URL |
  3. 山形 #-
  4. [ 編集]

35判以外の話は禁句に成りつつありますが、それでもローライ・クセノタ-ル付きの66=645で撮ったみたいな質感です。35判、新時代です。 輪郭がある割には、妙に軟らかいですね。落ち着いた色合いはシュナイダーふう。 レンズの種類が選べたこの時代のARRIも、ひろく親しめる黄金時代だったのでしょう。 山形さんが仰せのとうり、お洒落な指掛かりです。

 目久尻側のRD-1 Special に、とても似合いそうです。
  1. 2009/03/09(月) 21:48:52 |
  2. URL |
  3. Treizieme Ordre #-
  4. [ 編集]

山形さん
再びのコメント恐れ入ります。
う~ん、実は後姿のポニーテールの車婦?さんで少しは萌えて戴けるかと思ったんですが・・・通じなかったようですね、後ろのアンチIR帽子の怪人がいけなかったかな(汗)

それはそうと、早く水母伍長にもカーボンの加工もマスターして、皆様の旺盛な物欲に応えて欲しいものです・・・

えっそんなことしたら、タダでさえ遅い加工がもっと遅くなるって!?
そしたら、目久尻川の奈良時代の御仁がホントに絶叫して石斧持って水母退治に逝っちゃうかも(笑)

まずはベーシックモデルからきちんと作って貰わないとね。
  1. 2009/03/09(月) 22:23:10 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

今気が付きましたが
最後の写真のポニーテールの方って
女性だったんですね・・・・(^_^;)
そして
さりげなく妖しい人も写っているし・・・・笑

ところで
このポニテの女性の左足なんですが
なんか向きが変なんですが・・・・・・・・・(^_^;)
まるでエクソシストの首のように
180度以上回っているんですけど・・・・

もしかして心霊写真では?・・・・・マテw
  1. 2009/03/09(月) 22:35:12 |
  2. URL |
  3. 山形 #-
  4. [ 編集]

Treizieme Ordreさん
ありがとうございます。

小生は大中判を嗜みませんが、確かに貴兄ご慧眼の通り、このアリフレックスのレンズの写りを評して、「あたかも645判以上で撮った画像のよう」とか、「135判とはひと目で見て違いが判る特異な次元の写り」と言ったようなお言葉を戴くことがままあります。

一口にArri用レンズの50mmと言っても、写りは千差万別、各社とも至高のモーションキャプチャカメラである、Arriflexでの活躍の場を広げるべく、技術の粋を尽くし、健全な競争を繰り広げていったのでしょう。

今回のクセノンはそういった意味では個体自体も当り、しかも改造が殊の外上手くいったので、写りにも、勿論、CFRP削り出しのフォーカシングノブがアクセントの外観も気に入っています。

こういう僥倖に巡り合えるからこそ、手間隙掛けて、金にならない自己満足のためとはいえ、レンズ改造を続けるのだと思います。
  1. 2009/03/09(月) 22:36:54 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

山形さん
あらら、言われてみればそんな風に見えなくもない気が・・・
きっとこの女性?も水母の一族だったんですよ。お兄ちゃんが恋しくて彷徨い出てきたとか(笑)
水母なら360°以上の回転も自由自在ぢゃあーりませんか(汗)
  1. 2009/03/09(月) 22:50:49 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

こんばんは。
わたしには、目玉おやじが蝶ネクタイをしているように見えます。
冗談はさておき、非常に落ち着いた存在感ある写りは、このレンズの実力はもとより、撮影者のレンズを知りつくした表現力が存分に発揮されているためですね。
1枚目では、これほどの渋い赤と飛びかけた家壁のハイライトが破たんする手前でしっかりと同居しています。
写真として、すごく好きなものです。
2枚目もすごい。
花が画面から飛び出しています。
ボケが最高潮で、植物部分すらうるさくならないのは、実力の高さを証明しているのだと思われます。
3枚目はチャーリーさんとしては珍しい中心をはずしたところに主題を置いた作例ですが、赤の表現力となによりボケのうっとりするような美しさに驚かされます。
4枚目で、チャーリーさんのユーモアが発揮されているのも見逃せません。
バレリーナのように足首の柔らかい女性を中心に置きつつも、脇役の野郎3人を絶妙に並べて遠近法説明のような面白い空間を作り出しています。
それに、それぞれのポーズの微妙な違いが、それぞれの性格の違いを表しているようにも見えます。

先日の電話では失礼いたしました。
国際電話代は課金されないはずなのでご安心ください。
東京、神奈川、埼玉の3人態勢で、捨てられる運命だった名レンズたちが多く救われることを歓迎します。
  1. 2009/03/11(水) 19:54:23 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
有難うございます。
今回も紅焼肉とかにされないで無事帰朝されたことをお慶び申し上げます。

とまぁ、冗談はさておき、ホント、このレンズには困ったものです。
地味で色気のない外観からは想像もつかないような描写性能が秘められており、小生の拙い作例数点からもこのレンズに魅せられてしまった方は数知れず・・・の感有りです。

しかし、メーテルリンクの「青い鳥」の例を引くまでもなく、理想の写りを魅せてくれるレンズが、実は一番入手性が良く、しかも一番最初に入手したArriflex-Cine-Xenonだったというのはとても不思議な気持ちです。

勿論、同じ名前のレンズでも基本的に受注生産なので、性能の個体差は相当有ると思いますが、それにしてもここまで見る人を惹きつける写りのレンズに再び活躍の場を与えられたことは、職人冥利に尽き、工房設立の甲斐があったというものです。

レンズ加工の三拠点体制、早く実現するとイイと思います。もう一箇所量産拠点が出来れば、幾ら水母さんと言えども少しは刺激されてやる気も出るでしょうから。
  1. 2009/03/11(水) 21:52:34 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/87-2f1d626b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる