深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

A restored perpetual eye~Leitz Summicron 50mmf2.0coll.~

Summicron50col.jpg
さて今宵のご紹介は前回というか昨晩の予告通り、先々週、浅草にて、修理上がりのLeitz Summicron50mmf2.0沈胴の試写を行って参りましたので、その結果をアップ致します。
実は、何のかんの言いながら、ひとつの銘柄、焦点距離でバリエーション違いが多いのは、アリフレックス用Xenon50mmf2.0に次いで、このSummicron50mmf2.0が多く、一番最初にクラカメ始めた時に銀座の黄色い手榴弾マークのお店で買った、第三世代の二番目の型、1979年からカナダで製造された黒の固定鏡胴の4群6枚タイプのものから始まって、次いで何時買ったのかさえ覚えていないものの、修理上がりで素晴らしい性能を叩き出した第二世代の逆ローレットでバヨネットの個体、そして欧州出張時にニュルンベルクの市電の停留所横に有った個人経営の小さなお店に寄った時、前玉にこまかい傷が多いのでおまけしておくよ、ということでかなり安く買い求めてきたこの初期の沈胴型の計三本となります。
この個体、前玉の細かい磨き傷だけであれば、それこそ白色のペンライトででも透かしてみない限りは気にもならず、写りにも殆ど影響はないと考えていたのですが、そのうち、一番肝心の絞り直後の凹レンズの内側にキャノンの50mmf1.8ほどは酷くないものの、軽フリントガラスの経年劣化としてはかなり一般的な白い曇りが出て来てしまったので、その研磨+再コートも含めレストアに出したもの。
ではさっそく、その修理後の実力を当日の行程に沿って逐次見て参りましょう。
カメラはX-Pro2、全コマ開放による絞り優先AE撮影となります。

Summicron50col_001.jpg
まず一枚目のカットですが、五重塔の写真を撮る必要があったため、それを済ませて宝蔵門周辺でモデルさんになってくれそうな人達を探していたら、来ました来ました、ブータン風の和装の着こなしをしたインド人一家が楽しそうに歩いてやってきて、門の下で記念撮影なんか始めたので、シャッター押して上げましょうねとか甘い囁きで勧誘し、記念撮影して上げたのち、一家勢揃いでモデルさんになって貰ったもの。

Summicron50col_002.jpg
二枚目のカットですが、宝蔵門をくぐり抜けて次なる撮影スポットである手漕ぎ井戸方面を目指していたら、中国からの小姐他ゲストご一行さまが、本堂方向を眺め透かしながらどうやって記念撮影とか撮ったら良い?みたいな雰囲気でお揃いの和装(但し男性は除く)で合議していたので、その様子をちゃっかり横から一枚戴いてみたもの。

summicron50col_003.jpg
三枚目のカットですが、今回は手漕ぎ井戸周辺には、フォトヂェニックな雰囲気の大人も子供も居なかったので、仕方なく、次の定点観測スポットであるお御籤売場に向かい、そこで暫し物色していたら、清楚な雰囲気の白人女性がガイドブック片手にお御籤を買い求めようと、例の竹串入れの缶みたいなのを良く振って、抽いたは良いが、そもそも出て来た竹串に書いてある文字が読めないので、従って指定されたお御籤の入っている抽斗がどれか判んないぢゃん・・・という一連の悲しい出来事の発端を撮ってみたもの。

Summicron50col_004.jpg
四枚目のカットですが、せっかく浅草寺に一人で来たので、たまには真摯にお参りでもしてみようとか思い、まずは手水場で手を洗い、口を漱ごうと思って足を踏み入れたのですが、やはり罪深きスナップシューターは邪念に屈してしまい、お清めもそこそこに、まじめに手を洗い、口を漱ごうとしている善男善女の中から被写体を選び出して、いつの間にかシャッターなど押してしまっていたのでした。

Summicron50col_005.jpg
五枚目のカットですが、そうこうして無事本堂でお参りを済ませてのち、同じ方向から出るのも芸がなく、シャッターチャンスに巡り合う確率も減りますから、奥山方向、即ちご本尊サマに向かって左手方向の出口から退出し、階段を下り、奥山方面を眺めてみれば、いつも通りの露店の列に天気が良かったこともあり、各国の浴衣姿の小姐、アガシがたむろし、まさに多国籍軍の様相を呈していたので、歩きながら一枚戴いたもの。

Summicron50col_006.jpg
六枚目のカットですが、本堂西側を通り、再び本堂下の真っ正面、巨大な香炉が置かれている辺りに戻ってみれば、中国人親子がまたしてもスマホンの自撮り棒で家族写真撮ろうとしているのですが、みんなが使っているのでBluetoothが干渉でもするのでしょうか、なかなか上手くシャッター切れず、首を傾げて、みんなでお困りのようなので、ハーィお助けタァーイム!とばかりにシャッター押して上げましょうか勧誘を行い、そのお礼としてモデルさんになって貰ったもの。

Summicron50col_007.jpg
七枚目のカットですが、宝蔵門とお御籤売り場の間のちょっとした広場みたいな辺りを歩いていた和装姿の小姐二名がタイからやって来たと云う夫妻に呼び止められ、一緒に記念撮影したり、相互にたどたどしい英語で国際交流を試みるという微笑ましいシーンを展開してくれちゃたりしていたものだから、つい嬉しくてその様子を一枚戴いてみたもの。

Summicron50col_008.jpg
八枚目のカットですが、宝蔵門下まで来たら、いかにも日本のヲタク文化に憧れて、一生けん命貯金して、憧れのニホンにやってキマシタァみたいな雰囲気の東欧の小姐二名が、よりによって大阪のヲバちゃんみたいなのに呼び止められて、そのご自慢の一眼レフで下から見上げる格好で一枚撮られようとしているところを斜め上からお裾分け頂いたもの。

Summicron50col_009.jpg
九枚目のカットですが、宝蔵門を出てすぐ、仲見世と境内のつなぎ目の辺りにある揚げ饅頭屋さんお店頭で、おそらくはマレーシア辺りからと思しき小姐三人組が、なんと珍しいことにアクションカメラとして名高いGoProに自撮り棒つけて持ち歩いていて、それをひっくり返して仲間内の記念撮影しようというスゴイことやっていたので、その様子を面白半分に一枚戴いてみたもの。

Summicron50col_010.jpg
十枚目のカットですが、マレーシア三人組を撮ったあと、いきなり斜め後ろから英語で呼び止められたので、げ!他に仲間が居て、何のために撮った?とか詰問か?と恐る恐る振り返ってみれば、美形の白人小姐が、スマホンのシャッター押して、この立派な門の前でアタシを美人に撮って!とかいう信じ難いようなリクだったので、ハィハィそういうことでしたらと喜んで、色々注文付けて何カットか撮って上げて、グレート!!ということだったので、ぢゃ、こちらのお願いも聞いてね♪ということでモデルさんになって貰ったもの。

Summicron50col_011.jpg
十一枚目のカットですが、仲見世を雷門方向に戻りながら被写体を探すことにし、キョロキョロと辺りを眺めながら歩いていたら、人形焼の実演販売をやってるお店の店頭で、これまた好奇心旺盛なお年頃のいたいけな中国人小々姐が、親の点呼も振り切り、一心不乱に焼き方さんの手元を睥睨していたので、その鬼気迫る様子を一枚戴いてみたもの。

Summicron50col_012.jpg
十二枚目のカットですが、仲見世をそぞろ歩きしながらシャッターチャンスを探していたら、程なく伝法院通りと交差する辺りまでやって来て、そこではスカイツリーが比較的良くその全貌が見渡せるポイントなので、国内外の観光客とも、一生懸命、腕を伸ばして、スカイツリーをバックに自撮りを試みるのですがなかなか上手く行かないようで、白人のカポー二人組もしまいには交代で撮る有様だったので、声かけて二人纏めてスマホンで撮って上げたお礼にモデルさんになって貰ったもの。

Summicron50col_013.jpg
十三枚目のカットですが、某ハヤタカメラのある伝法院通りの途中のお豆腐屋さんの店頭で、閉ざされたシャッター上に大きく漢字で書かれた屋号をバックとして、七五三みたいな和装着こなしの中国人小姐二名が記念撮影ごっこしていたので、声かけるまでもなくその様子を一枚戴いてみたもの。

Summicron50col_014.jpg
十四枚目のカットですが、ここも伝法院通り上のとあるラーメン屋さん店頭に行列しながら、他で買い求めたと思しきヂェラートなんざ美味しそうに食べているという不可解な小姐、しかもどう耳を澄ませても国産としか考えようがない小姐二人組が居たので、その謎の挙動を一枚撮ってみたもの。

Summicron50col_015.jpg
十五枚目のカットですが、また仲見世に戻って、雷門方向に歩き出して程なく、日曜日が休日と云うのも、観光地の商店街に連なる店舗としては不可解な挙動というか営業方針ですが、とにかくその閉ざされた小奇麗なペイント付きのシャッターの前で、初詣客が半年タイムスリップしてきたみたいなカッコの中国産小姐が嬉々として記念撮影なんかしていたので、その様子を横から一枚戴いてみたもの。

Summicron50col_016.jpg
十六枚目のカットですが、仲見世も宝蔵門からスタートすればどんづまり、雷門まで10メーターも無いいつもの撮影スポット「美人茶屋 あづま」さんの店頭は甘酒やら桃太郎の家来ぢゃあるまいし黍団子を求める国内外の観光客でごった返して、仄かな殺気さえ漂う有様だったので方針変更、店頭で、食べ歩きの自粛を呼びかける役の小姐に一枚撮らして貰うよとか声かけても全然気にもしていない様子だったので、至近距離から横顔を一枚戴いてみたもの。

Summicron50col_017.jpg
十七枚目のカットですが、遂に仲見世の出発点である雷門前まで辿り着き、最後のもうひと踏ん張りでモデルさんになってくれそうな善男善女を物色していたら、居ました居ました、トルコからやって来たと云う親子連れがヲヤヂさんを俄かカメラマンに仕立て上げて雷門の偉容をバックに記念撮影なんかしていたので、数枚撮り終えたところで、卒爾ながら拙者も、とお願いして妻子をモデルさんに差し出して貰ったもの。

今回の感想ですが、同じSummicrom50mmf2.0でも三本とも描写傾向が全く異なるような印象を受けました。やはり当たり前ですが、新しいものほど、コントラスト高めで解像感も高いカンジなのです。
でも、この初代はそういった性能とはまた別のところで、様々な人たちの今の生きざまを、そしてそういった見ず知らずの人たちとの邂逅をとても優しく生き生きと写し取ってくれるところにとても魅力を感じました。

さて次回ですが、法事の帰省で一週お休み、翌々週にGWの香港戦線で大活躍した久々の新調レンズの魅力をお伝えしたいと思います。乞うご期待!!
  1. 2017/06/04(日) 19:58:41|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Nostalgic fisherman's market~Tsukiji photographic tour May '17~

さて今回のアップはまたしてもプロバイダの通信量制限に引っかかってしまい、更新することが不可能となってしまった結果、不本意ながら一週間スキップせざるを得なかったですが、予告通り、愉快なお仲間各位と出掛けた築地ツアー'17.5からご紹介致します。
まずは恒例の当日の行程の簡単な紹介からいきます。
当日土曜日は午前11時に東京メトロの築地駅改札に集合し、まずは軽く撮ってから楽しい市場ランチしませうということで、場内までメンバー一緒になって移動し、しかるのち、集合時間と場所を決め、散開して、或るメンバーは"奥の院"とも呼ばれる場内の仲買人の店舗が並ぶエリアまで入り込んで激写、工房主は場内は食堂街周りをさらっと撮ってから、むしろ、他のメンバーとは反対に場内より、国内外からの観光客で賑わう場外の方が興味あるので、いったん外に出て、集合時間ギリギリまで場外を撮り歩き、また場内の集合場所へ戻って再集結し、しかるのち、鳥肉卸商が営む鶏料理屋に至高の焼鳥丼を堪能しに向かったということです。
では、当日の行程に沿って、実写結果を見て参りましょう。
機材は1~4枚目まではカメラはX-Pro2、レンズは深川試作レンズ10号50mmf2.8、5~17枚目まではカメラは同じ、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による絞り開放、絞り優先AE撮影となります。

Tsukiji1705_001.jpg
まず一枚目のカットですが、一行は場内には北側の通用門から入り、まずは食堂街方面を目指し歩いていたのですが、この通路、ターレットの整備工場も通りに面しているためもあってか、様々な色や形式のターレットが結構なスピードで行き交っているのですが、まずは築地らしいカットをと思い、晴海の高層マンション群を背に疾走してきた一台のターレットを置きピンで撮ってみたもの。

Tsukiji1705_002.jpg
二枚目のカットですが、プロの職場である場内でも、食堂街だけは観光客もどうぞ♪ということで大々的にオープンになっていることから、法外とまでは云うつもりはないですが、明らかに銀座界隈の名だたる寿司屋のランチと比べても割安感に乏しい寿司、海鮮丼を目当てにガイドブックやら観光地紹介サイトのページコピーを握りしめた国内外の観光客が所狭しと闊歩しており、その中で、いきなり「何処がおススメか教えてけろ」とか話掛けてきたインド人夫妻が居たので、全部おススメではないけれど、築地でお寿司を食べたという実績造りならかくかくしかじかと比較的良心的な値段で握りセットを出すお店を教えて上げた代わりにモデルさんになって貰ったもの。

Tsukiji1705_003.jpg
三枚目のカットですが、インド人夫妻を紹介した店の前の比較的短めの行列まで連れていってから、辺りを見回すと、居ました居ました、雨傘と見まがうような丈夫そうな水玉模様の日傘なんかさしちゃって、ギンガムチェックの半そでブラウスも涼し気な清楚なカンジの小姐がカポーで来ていたので、振り返りざまにその幸せそうな様子を一枚撮ってみたもの。

Tsukiji1705_004.jpg
四枚目のカットですが、もう11時も半をとうに回ってしまっているので、少し早めのランチにありつこうと、食堂街はより賑やかになって来ていて、場外では多数派の中国系のみならず、インド人、アラブ系、白人と様々な海外からのゲストが、郷に入っては郷に従えとばかり、ガイドブックと一心不乱に睨めっこしながらおとなしく行列して高いランチの順番を待っていたので、すかさず一枚戴いてみたもの。

Tsukiji1705_005.jpg
五枚目のカットですが、試作レンズの性能はだいたい判ったので、先の香港でも大活躍をしてくれたS-Nikkor35mmf1.8の素晴らしい描写力にバトンタッチすることとし、場外に出てすぐレンズ交換したら、白人のカポーが波除神社前で楽しそうに歓談していたので、卒爾ながら、と声を掛けてモデルさんになって貰ったもの。

Tsukiji1705_006.jpg
六枚目のカットですが、市場の波除神社側の門から出て国内外からの観光客で賑わう場外市場を目指したのですが、その途上、市場の東側フェンスに接した昔ながらのプロ相手の乾物店の店頭で地元民各位が楽しげに丁々発止のやりとりをしていたので、通りざまに一枚戴いてみたもの。

Tsukiji1705_007.jpg
七枚目のカットですが、場内に入ってすぐ、確か某有名タレントの実家という卵焼屋の隣のマグロ小売店で、本マグロをおろしたのを短冊に切るので、みんな買ってって~とか呼び込みをやっていたのでまだ写真撮影中につき買い物は出来ないけど、写真だけ撮らして貰ってイイ?と声かけたら、どーぞどーぞということだったので呼び込みの小姐に場所を譲って貰って、作業風景を撮らせて貰ったもの。

Tsukiji1705_008.jpg
八枚目のカットですが、場内の雑踏の中をただひたすらシャッターチェンスのみ追い求め、目を爛々と輝かせ、ずんずんと進んでいく中年男は、客観的に見たら不審者以外の何者でもなかったでしょうが、それでも観光客でごった返す築地ではお客も商店の人達も、全くお構いなく、次から次へと売って、買って、食べて、そして眺めて、アジア共通のマーケットを支配する混沌に身を任せる快感に浸っているため、牡蠣の浜焼きを求めて店頭に群がる観光客越しに髭を生やした偉丈夫の店主のお姿を一枚戴いてみたもの。

Tsukiji1705_009.jpg
九枚目のカットですが、場外市場の雑踏の中、オモニと思しき年配の女性と買い物に来ていた、清潔そうな白いTシャツにジーンズと今どき珍しい、パーマも毛染めもしていない健康そうな長い黒髪の小姐が目の前を歩いていたのですが、おもむろに通りの真ん中で立ち止まって、オモニと身の処し方に関する相談を始めた頃合いを見計らって後ろから一枚戴いてみたもの。

Tsukiji1705_010.jpg
十枚目のカットですが、ここも場外市場の中では、この頃流行りの観光客相手の海鮮丼屋にも衣替えせず、少なくとも工房主が大学生の頃からずっと同じ刃物を扱う店舗なのですが、いつものように職人さんが、一心不乱に店頭で出刃包丁を研いでいたので、傍らのおかみさんに声かけて、至近距離で作業風景を一枚撮らせて貰ったもの。

Tsukiji1705_011.jpg
十一枚目のカットですが、場外市場の通りには、海鮮丼屋や寿司屋、或いは浜焼みたいな主食、酒のアテ系の飲食物の物販店舗のみならず、いかにもいたいけな女子供各位が喜びそうな甘味系のお店も僅かながら存在し、まさに残存者利益ではないですが、こういう土曜日のお昼時には、お土産目当ても含め、多国籍軍の総攻撃もかくやあらんばかりに世界各国の小姐各位が店頭でひしめき合っており、なかなか横顔が清楚な中国小姐が目に付いたので、横から一枚撮らせて貰おうと思ったら、向こうの方が一枚上手、撮られると気づき、すかさず笑顔を向けてくれたので、有難く一枚戴いたもの。

Tsukiji1705_012.jpg
十二枚目のカットですが、この日は陽射しがかなり強かったため、曇天であれば、青空の下での商いとなるところも、かなり厚手の布地を張った簡易テント状の天蓋で商品陳列台を多い、お客との商談もその中で行うスタイルとなっていたので、白人カポーが乾物の味見ののち、買い物のための品定めを真剣にやっていたので、テントの中に首を突っ込み、ちょっと失礼、とばかりに一枚戴いてみたもの。

Tsukiji1705_013.jpg
十三枚目のカットですが、この活甲殻類専門のお店も、色鮮やかな商品を商う関係上、築地に来るとほぼ毎回寄って撮らせて貰い、この貫禄ある若女将の風情漂わせるオモニも、まだ華やかな小姐時代にも何回か店頭で撮らせて貰ったことがあり、慣れたものなので、一枚撮らせてねと声かけると、アイヨォ!と低めの張りのある声で答えてくれるのでお言葉に甘えて一枚戴いてみたもの。

Tsukiji1705_014.jpg
十四枚目のカットですが、そろそろ集合時間に近くなってきたので、また市場の波除神社に面した門方面に戻りながら撮り歩くこととし、場外の一番西側の道路に面したソフトクリーム屋の店頭でブロンドの長髪も見事な小姐が、手にしたソフトが溶けそうなのもものかわ、一心不乱に友と歓談に打ち興じていたので、通りざまに一枚戴いてみたもの。

Tsukiji1705_015.jpg
十五枚目のカットですが、先ほど場内から出て来た時に通った、市場東側の塀に接した商店街のプロ向け乾物屋の店頭で、いかにも物見遊山の観光半分、掘り出し物があればとの買い物半分と思しき、やや年配のカンカン帽被った小姐がお好み焼きか焼きそばにでも使うのか、業販用の青のりなどのパッケーヂを手に取って品定めしていたので、その様子を一枚戴いてみたもの。

Tsukiji1705_016.jpg
十六枚目のカットですが、そのお隣のお店の店頭では、昔の野際陽子を彷彿とさせる、いかにも利発そうな中年女性が、観光客と思しき白人の夫婦者相手にかなり上手な英語でジョークも交え、店の業態やら、商品の説明、そして築地市場本体がここからなくなっても、この辺りのお店は残るみたいですヨォなどということをつらつらと説明していたので、感心しながらそのご様子を一枚戴いてみたもの。

Tsukiji1705_017.jpg
十七枚目のカットですが、まさに築地撮影はターレットに始まりターレットに終わる・・・ではないですが、愉快なお仲間各位と合流して、波除神社側の門から出てすぐ、なんと、ターレットの荷台の上にブルカを巻いたムスリムの小姐を含む観光客ご一行様を乗せ、かなりのスピードで疾走して来たので、通りざまに一閃浴びせたもの。

今回の感想ですが、うーん、築地は、国内外からの観光客で溢れ、シャッターチャンスも一杯、或る意味、浅草、原宿、そしてここ築地はスナップの聖地と呼ばれるに相応しい気もしました。

さて次回ですが、修理上がりの沈胴ズミクロン50mmf2.0の試写結果を浅草からお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2017/06/03(土) 23:23:02|
  2. 街撮り写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

One of the best amusement parks human beings has ever created~Hong Kong Tour'17.May②~

さて、今週のアップは香港ツアー'17春の後編、滞在3日めの5月3日の大墺(タイオウ)とその翌日の5月4日の赤柱(スタンレー)への訪問からお送り致します。

Hongkong17_018m-1.jpg
まず一枚目のカットですが、ランタオ島のMTRターミナルである東涌駅から徒歩5分のバス乗り場へ移動し、凄まじい人出によるバス待ち行列に小一時間並んで乗って、しかるのち40分以上バスに揺られてやっと着いた大墺バスターミナルから、街の中心街というか集落の商店街のようなところをめざして干潟に出来た水路の上を跨ぐ跳ね橋までやってきたところ、ムスリムの小姐分隊がやって来たので、立ち止まって、橋をバックに一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_019x-1.jpg
二枚目のカットですが、跳ね橋の手前まで歩いてきて、ふと水路の方を見下ろすと、これだけの凄まじい人出にも関わらず、思案顔で独り船の上に腰を下したままの編み笠の漁師のアヂョシが居て、カメラを向けたら、頃合い良く、陽に炙られ真っ黒になった顔を上げてくれたので、岸から一枚撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Heliar75mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_020x-1.jpg
三枚目のカットですが、跳ね橋の上で立ち止まって、水路伝いに建ち並ぶ水上生活民の集落の様子を撮っている観光客は引きも切らないので、隙間が空いたところを狙いすまし、昨年同様、中望遠の威力を試すべく、今年はX-Pro2の方につけての集落撮影を観光船がやって来たタイミングで行ったもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Heliar75mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_021xa-1.jpg
四枚目のカットですが、跳ね橋を渡り切った辺りの岸には、まさに文字通りの産地直送というか地産地消のお手本みたいな、漁師のハルモニが船の上に広げた即席鮮魚店から岸の上のお客に対し、獲れたばかりの小魚や甲殻類の類いを商っていたので、これ幸いにと橋の袂からその様子を一枚撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Heliar75mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_022x-1.jpg
五枚目のカットですが、橋から続いているメインストリートというか観光客目当ての土産物屋や揚げ物みたいなローカルファストフードのお店が建ち並ぶエリアに入って、モデルさんになってくれそうないたいけな若者はおらんものかのぅ・・・とかきょろきょろしながら歩いていたら、居ました居ました、自撮り棒持参で人混みでごった返す狭い通りもののかわ、青春の一コマを残すことに余念がなさそうな白人小姐二名組が居たので、声かけて撮らせて貰ったもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Heliar75mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_023x-1.jpg
六枚目のカットですが、同じく集落の目抜き通りのエリアで次なる獲物は・・・と鵜の目鷹の目で歩いていたら、親子連れの中華系一家が観光客向けのローカル菓子みたいなものを商う店の前でいたいけな小々姐とその弟と思しき童子に何がしかのお菓子を買って上げようかどうしようか、うーん、これ以上肥満が進行したら、御幼少のみぎりから生活習慣病になっちゃったら可哀そうだものな、でも何も買わないと行楽地に来たのに何も買ってくれない、ケチでイヤな性格の親だ、とか思われるのも心外だしな、とか逡巡している傍らで、もう殆ど獲物を狙う眼つきの小々姐の様子を一枚戴いてみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Heliar75mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_024x-1.jpg
七枚目のカットですが、集落の目抜き通りをまずは、前回同様、外洋方向に向かって歩くこととし、通りに立ち並ぶ露店、屋台の類いを眺めながら、これはと思った景色を撮って行ったのですが、水上民の暮らすコンテナハウスみたいな一角の手前で簡易テントのような日よけの下で、更に編み笠みたいなものを被ったまま、小間物の商いをしていたアヂュモニが居たので、隣のテント店先の商品と通りを行き交う観光客を背景として、その悠然とした姿を一枚戴いてみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Heliar75mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_025x-1.jpg
八枚目のカットですが、再び強烈な直射日光とコンクリート造の道路からの照り返しを受けて目抜き通りを外洋方向に向かって歩いていると、遥か彼方から、チリン、チリンとベルなどを鳴らし、通行人をかき分け、三輪車に乗ったタラちゃんならぬ、編み笠のアヂュモニが結構なスピードでやって来たので、通りの脇に佇み、正面に来た辺りを見計らって必殺の一枚撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Heliar75mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_026m-1.jpg
九枚目のカットですが、集落の目抜き通りも水上生活民のコンテナハウス群を抜け、ヘリグラウンド併設の運動場を通り過ぎると海沿いの道となって、急に観光地から地元民の生活の場の様相を呈してきて、ふと道端に目を凝らすと、日本では一体幾らぐらいになるのだろうかというくらいの質、量の小海老の天日干しをしていたので、これをモチーフに辺りの風景を撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_027x-1.jpg
十枚目のカットですが、目抜き通りの先端、著名観光ホテルの下、不定期船の船着き場になっているような広場で、やはりいたいけな中国系の若いカポーやら家族連れが多数居て、思い思いの記念撮影なんかしていましたが、なかなかかっけぇオッパーと小姐がいちいち撮影結果を背面LCDで確認しながら気合い入れて記念撮影なんかしていたので、その様子を一枚撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Heliar75mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_028x-1.jpg
十一枚目のカットですが、その船着き場前の広場では欧米からの観光客も複数組訪れていて、そのうち、男女一名ずつの童子を連れた四人組の白人一家が居て、どうやら、少しおませなお姐さんばかりオモニが贔屓するので面白くない弟が、駄々を捏ねてしゃがみ込んだのを教育上宜しくないと判断したオモニが呼びに行ったら、チュウしてくれなきゃイヤだとかヘソ曲げたので若いオモニが童子の頭を押さえつけ、笑いながら説教していたのを一枚撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Heliar75mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_029m-1.jpg
十二枚目のカットですが、目抜き通りのどん詰まりまで行っちゃったんで、あとはまた中心部経由、反対側、即ち水路の源流というかランタオ島内部に向かう方向を探訪するだけのことなので、反対方向に向かって歩き、コンテナハウス群が始まる手前辺りまで来たら、来る時は反対側なので気付かなかった、建築物壁面の「東京碼頭」の文字が目に留まったので、面白いと思い集落の遠景とともに一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_030x-1.jpg
十三枚目のカットですが、翌4日はお昼前に香港島の中心部、中環にあるバスターミナルからExpressバスで車中観光も兼ね、島の反対側にある「赤柱」まで行くことにして、朝からかなりの降雨だったにも関わらず、予定通りバスで初めての「赤柱」に着き、まずは海岸線とばかり、ターミナル下のスタンレーマーケットと称する寂れた土産物屋街を抜け、堤防まで辿り着き、同じように恨みの雨の中散策する家族連れの雄姿を撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_031x-1.jpg
十四枚目のカットですが、堤防伝いの道を暫く散策していたら、晴れ男の功徳というか、南方の降雨の特徴である、降ったり止んだりのサイクルがだんだん降らないサイクルに振れて来たので、傘をさすのをやめ、堤防下のウッドデッキの道を散策する白人夫妻の姿を一枚撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_032x-1.jpg
十五枚目のカットですが、名前が「スタンレー」というだけあって、しかも一応、表通りの街並みは欧米からの観光客の嗜好に合わせ、欧米のビーチリゾートっぽい体裁になってはいるのですが、堤防から内陸に続く生活道路を10分も歩き続ければ、やはり混沌が支配するアジアの片隅であることを嫌が応でも実感させてくれるような景色がそこここにあり、中でも、英語の落書きの向こうのガラクタ屋の店番代わりが兵馬俑だったのには意外性を感じ、嬉しくて一枚撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_033x-1.jpg
十六枚目のカットですが、裏通りも山の登り口まで来てしまったので、断続的とは言え、雨天に軽登山の真似事などしたくもないので、再び、活気あふれる海岸エリアに戻ることとし、戦争騒ぎの最中であったにも関わらず、韓国からの若い団体客で賑わう海岸通りのエリアに戻ってきて、沖合の水面に浮かぶ小舟のシルエットなど撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

Hongkong17_034x-1.jpg
十七枚目のカットですが、海岸通りの途中から、屋根付き船着き場となっている突堤があり、そこのちょっとした屋内広場みたいなところで、韓国からと思しき、いたいけな若者各位が思い思いに記念撮影しているのを認めて、小走りに近寄り、アガシ二名に韓国語で話し掛け、モデルさんになって貰ったもの。

今回の感想ですが、香港はやっぱり面白い・・・同じ東洋人の住むアジアの一地区であることは疑いようがないのですが、街並みは日本とは全く違いますし、そこに住む人々のメンタリティもそれこそ、日本人とも韓国人とも、もちろん、メインランドの中国人とも違うまさに和魂洋才ならぬ華魂洋才のようで、とても心惹かれるものがあります。
そして日本とは比較にならない貧富の差ですら、捉えようによっては、才覚一つで億万長者にも大貧民にもなり得る壮大なゲームボードの盤上の暮らしにも思えるのです。
ここ香港には、少なくとも年一回は訪問して、この壮大な人類最高の遊園地をエンジョイしたいと心から願っています。

さて、次回は今週土曜日に愉快なお仲間各位と誘い合って出掛けた築地~晴海~豊洲ツアーからお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2017/05/21(日) 18:57:09|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

One of the best amusement parks human beings has ever created~Hong Kong Tour'17.May①~

さて、今宵のご紹介は予告通り、毎年GWの恒例行事となりました外遊で今年も訪問先に選んだ香港エリアでの4泊5日の旅程から、二回に分けてお送り致します。
毎回の外遊のたびにだいたい300枚/日は撮ってる勘定なので、ほんとは1日分で一週分くらいの分量は十分にあるのですが、一つのネタをズルズルと何週にも亘って引きずるのも潔くないと考えるので、涙を飲んで斬りに斬って、今週は到着日の夕方から翌日の朝9時15分といういつもより3時間近く到着の早いジェットフォイルでのマカオの旅からのカットとなります。
本編に入る前に恒例の行程紹介を行いますと、初日は朝10時40分羽田発の便だったため、15時過ぎには香港に入って、荷物をホテルに預け、そのまま、前々から行きたくて仕方なかった太古駅近くの高層アパート群と北角の路面電車を撮って、しかるのち九龍地区経由、晩飯食べて香港大学駅傍の宿に戻る前に上環のマカオ行きヂェットフォイルのターミナルで翌朝の切符を求め、翌日は朝9時15分という驚異的に早い便でマカオに入って、タイパビレッヂと半島部の世界遺産エリアを撮って、夕刻、九龍地区へ戻り、その翌日は色々と考えましたが、結局、奇祭による未曾有の人出を避けるべく、ランタオ島の水上生活民の村である大墺へ向かい、夕方まで撮影、そしてその翌日は今まで訪れたことのなかった赤柱(スタンレー)へ中環駅前から特急バスで向かい、雨にもめげず夕刻まで撮影し、いったん宿に戻って休んでから、夜は香港島の繁華街である銅鑼湾周辺で晩飯がてらスナップしたという次第。そして5日目の朝10時ちょうど発の便で成田に戻ったのです。
では、さっそく各日の行程に沿って実写結果を見て参りましょう。

Hongkong17_001x.jpg
まず一枚目のカットですが、今回は日本から出掛ける前にも、現地でも様々なソースで確認していただけあって、太古駅近くの高層アパート群の世紀末的風景は撮れる!との確固たる自信を持ってチェッキンした宿からMTRに乗って一本の太古駅までやって来て、地上を眺め廻しましたが、確かに高いビルが林立しているエリアには違いないですが、映画「トランスフォーマ」や、「パシフィックリム」或いは出発前々日の晩に見た「ゴーストインザシェル」に出てくる、サイバーパンクな雰囲気のアパート群が何処にあるかあまりにも広くて見当がつかず、上を見上げて手近な高層マンションの偉容を撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Heliar15mmf4.5asph.による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_002x.jpg
二枚目のカットですが、一応、高層マンション群の立ち並ぶ高台の上まで行って、プライベートエリア、オフリミットという標識とフェンス、ゲートで仕切られた辺りまで登って、この辺りにはそれらしき高層アパートはないな、と目星をつけて、また元来た道を降りて来た時、往きはさして気にも止まらなかった店舗兼住宅のアパートの造形が妙に気になって歩道から一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Heliar15mmf4.5asph.による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_003x.jpg
三枚目のカットですが、実は山の上から見て、何となく中庭から撮ったら、欧米の著名写真家が撮った画みたいな雰囲気のカットが撮れるかなと見当付けた高層アパートが下の道からしか登れなかったので、いったん、MTRと並行しているメインストリートまで出て、そこからアプローチ路を探すつもりだったのですが、低い通路から射し込む光が何かアヤシゲだったので、二枚目のカットのアパートの一階通路の吹き抜けを通り抜けてみたら、まさに僥倖としか云いようがなかったのですが、偶然にも各映画のロケで使われた場所に出ることが出来、これが目的地だったと気づいたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Heliar15mmf4.5asph.による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_004x.jpg
四枚目のカットですが、三枚目のカットと同じ世紀末的雰囲気を漂わせている雑居マンション群の中庭から南側に降りる階段の手前で海外からの小姐のグループが楽し気に変わり番こに記念撮影ごっこみたいな遊びをしていたので、階段をおりがてら、風呂向きざまに一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Heliar15mmf4.5asph.による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_005x.jpg
五枚目のカットですが、太古駅傍の世紀末系高層アパート群の写真も満足いくまで撮れたので、次なる目的地、MTR港島線で中環方向に数駅戻ったところにある北角駅周辺の高層アパート下のマーケット内を走る二階建てトラムの写真を撮ろうと、一年ぶりにこの場所に舞い戻り、なかなか電車が来ないし、市場の監視もヒマなのか市の衛生部署の係員は雑談したくて話掛けてくるし、と時間を潰していたら、当のトラムがやっとやって来たので待ち焦がれた一枚目を撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Heliar15mmf4.5asph.による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_006m.jpg
六枚目のカットですが、前回以前もそうだったのですが、ここ国際都市香港の下町はやはり国際的で、この市場もお手伝いさんや子守りなどで市内に多数棲息しているフィリピン小姐のみならず、マレーシア、或いはインドネシアのムスリム系の小姐達の姿がやたら目に付き、写真撮らせて、とか正攻法で行くと、教義を盾にけんもほろほろ鳥的に断られるので、歩いている姿を自然に収めてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_007m.jpg
七枚目のカットですが、これも北角の路上市場内を行き交うムスリム小姐の一人で、遥か前方からなかなかの美形がひらひらと歩いてくるのが見えたので、電車撮るフリして知らんぷりしてて、通り過ぎようとする刹那、置きピンで一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_008m.jpg
八枚目のカットですが、同じく北角市場内を、良く似た父娘が手を繋いで歩いていたので、声かけて撮らせて貰おうとしたら、大声でストップ、ストップと叫びながら駆け寄ってくる小々姐が居て、ヲヤヂさんが破顔して、娘は二人居るんだが一緒に入ってイイよね、とのことだったので、喜んで!ということで家族の肖像的写真になったもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_009m.jpg
九枚目のカットですが、前回は何となく不自由なカンジがした、市場内でのスナップですが、今回はなかなかイイ雰囲気で撮れ出したので、蛮勇を奮い起こし、人の良さそうな鮮魚店のヲヤヂが店の掃除しながらニコニコと鼻歌みたいなのを歌っていたので、写真撮っても宜しいか?と声かけて、うんうん頷きながらも照れてこっち向かなかったので、では遠慮なく、と店先から精勤ぶりを一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_010x.jpg
十枚目のカットですが、翌5/2は滞在二日目ということで、前の晩に半ば説教めいた係員から、マカオ行くなら出来るだけ早い船で行くべきだ!ということで9時15分発で、香港を発ち、10時半前にはマカオに着いてしまったので、まずはタイパ地区の旧市街を撮影ということで、タダバスに乗せてくれたギャラクシーホテルのすぐ裏から大通りを渡って入れる旧市街のエリアの裏通りの地番表示板周りを撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_011x.jpg
十一枚目のカットですが、タイパヴィレッヂと云われる、このホテル地区の北のエリアでは古い植民地時代のポルトガルと華風の文物が絶妙にフューヂョンを起こしており、この石畳の広場の片隅に干してあった篠製の籠というか笊みたいなものも、そのデザインは何処となく南欧風で、何となく不可思議なイメージだったので、至近距離から一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_012x.jpg
十二枚目のカットですが、これもタイパヴィレッヂの奥の路地にある土産物屋兼、自転車修理業者の看板みたいなものなのでしょうが、昨年訪れた南欧風の漆喰の白い壁に素朴ながら端正に造形された自転車のオブヂェがセンス良く飾られていたので、嬉しくなって一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_013m.jpg
十三枚目のカットですが、ここも、観光客で賑わうタイパヴィレッヂのホントの裏通り、地区住民の生活の場であるエリアまで入り込んで、変にディスプレイしていない、素のコロニアル様式、というかシンガポールや本国、ポルトガルのポルト辺りの路地にも通じる雰囲気の漂う、人気無い閑散とした様子を撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはS-Heliar15mmf4.5asph.による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_014x.jpg
十四枚目のカットですが、これもタイパヴィレッヂ内部のあまり観光客のやって来そうもない、ランドマークである聖堂の下の道の更に側道の奥の白人男性が経営する英国風パブ店頭のオブヂェですが、主人の撮らせてと頼んだら、自分はノーだが、店頭の相棒の写真を撮ってやってくれ、とかウィンクされたので、はぃ喜んで!と一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_015x.jpg
十五枚目のカットですが、路地裏撮影もそろそろ飽きて来たので、植民地時代のポルトガル人住宅の建ち並ぶ公園エリアの在る小高い山を登り、今回はモデルさんになってくれそうないたいけなうら若き小姐、アガシの類いが皆無だったため、適当に住宅でも撮って、半島部に戻ろうか、とか思いきや、公園の奥の沼の畔で、歌舞楽曲の類いが始まったので、おっとり刀で駆けつけ、傍らから、心地良くギターを奏でる中年男性の姿を一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_016x.jpg
十六枚目のカットですが、コタイエリアから半島部の旧市街地に移動するには、いったん、タダバスでフェリー埠頭のバスターミナルまで戻る必要があるので、ランチがてら、ヴェネチアンリゾートまで徒歩で移動し、そこからバスに乗ってターミナルまで運んで貰い、乗り換えようとしたら、別のカジノの美形の係員が勧誘して来たので、時間が無いから遊びには行けないけど、キミを一生忘れないよう写真撮らせてね♪とか適当に話し掛けて一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による絞り開放AE撮影です。

Hongkong17_017x.jpg
十七枚目のカットですが、旧市街の世界遺産エリアから目と鼻の先まで運んでくれたタダバスを降り、観光の起点である議事堂前のセナド広場についたら、いきなりメインランドの小姐と思しき手合いに声かけられて、記念撮影のスマホの自撮り棒が壊れて困っているから、シャッター押してくれとか云われて、何枚か角度変えて撮って上げたお礼にモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による絞り開放AE撮影です。

さて次回は香港旅行後編、滞在三日目の大墺、四日目の赤柱での街撮り行きます、乞うご期待!!
  1. 2017/05/14(日) 19:37:45|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A veteran from Great Britain~Cooke Microtal40mmf4 mod.M~

Microtal40mmf4.jpg
さて、今宵のご紹介は、久々の工房製品、英国はRank Tayler Hobbson社製のCooke Microtal40mmf4をライカマウント化したものの登場です。
このレンズ、文献はおろか、もう10年選手ともなろう電子湾の釣り大会でもいまだこれ以外の個体を見たこともなく、売主の説明によるしかありません。
産まれは1970年台の初め、電子湾で売りに出されるまでは、近年まで何と大英博物館で専用カメラに着けてマクロ撮影に使われていたとの説明でした。
当然のことながらレンズ構成等のテクニカルま情報など売約前に有ろうはずもなく、ただ、物凄くシャープなのだが、Cマウントでフランジバックが通常のものより極度に長いのでスペーサ使わないと無限が出ないことと、絞りはなく、F4固定ということだけが知らされました。
たまたまお値段が手ごろだったのと状態もとても良さげだったので、即決し、送って貰ってからすぐに改造したものです。
なお、分解していないので、構成は正確には判りませんが、前に米国から輸入したKodak社製のシネエクター50mmf2とスリット光を通した反射面構成が近似していたので、おそらく凸凹チョークリング凹凸の四群四枚構成ではないかと推定しています。
またイメージサークルの大きさは、暗箱で確認したところでは余裕で43φはありましたから、フルサイズもカバー可能ではないかと思います。
では、さっそく、築地~豊洲でのロケによって、実写結果を見て参りましょう。
機材はカメラがX-Pro2、絞りは開放の絞り優先AE撮影となります。

Microtal_001.jpg
まず一枚目のカットですが、都営線で築地市場に着いたので、まず撮影前の腹ごしらえに穴子料理の名店「築地芳野吉弥」へ行くには、市場を突っ切っていくのが手っ取り早いため、北門から入ったのですが、すぐに入り口付近に打ち棄てられた台車等の鉄スクラップが目に留まり、一枚撮ってみたもの。

Microtal_002.jpg
二枚目のカットですが、市場を抜け、お目当ての穴子料理屋前に着いたのは14時前になってしまい、確か15時がオーダーストップだったので、余裕かと思いきや、こんなランチタイム過ぎの時刻でも、店の前には行列が出来ており、仕方なく、列に並んで通りを眺めていたところ、外人部隊ご一行様が嬉々としてやって来たので、ここぞとばかり、ノーファインダで一閃浴びせたもの。

Microtal_003.jpg
三枚目のカットですが、お目当ての穴子料理屋では、いつもの馴染みのメニューが惜しくも売り切れだったので、もうちょい安いメニューを頼み、それでもまぁまぁ満足出来たので、改めて築地場外エリアへと足を運び、被写体を探していたら、店仕舞いした乾物屋前で底抜けに明るい声で大笑いしているユニークなTシャツ来たいなせな爺ちゃんがいたので、後ろ姿を撮らせてくれよ!と頼んで、へぇオレでイイんかい?とか云うノリで一枚撮らせてもらったもの。

Microtal_004.jpg
四枚目のカットですが、今回もなかなか面白い写真がしょっぱなから撮れたので、気を良くして場外市場を次なる獲物を探し、鵜の目鷹の目徘徊していたら、おそらくはマグロの解体ショーで使った残滓なのでしょうが、立派なクロマグロのお頭が店の前の発泡スチロールの箱の上に展示されていて、それを恐る恐る観察していた中国極小姐の様子が面白かったので反対側から一枚戴いてみたもの。

Microtal_005.jpg
五枚目のカットですが、春は貝のシーズンなので、あちこちの店頭で即席浜焼きの如く、七輪やら、ガスグリル持ち出して金網の上でホタテやらハマグリ、アサリなどを焼いてそのまま食べさせていたのですが、なかなか口上が巧みなのか、いたいけな小姐が焼き手の兄さんの周りにたむろしていた露店があったので、ちょいと失礼、と様子を一枚戴いてみたもの。

Microtal_006.jpg
六枚目のカットですが、場外市場西の端、市場との境界辺りにも店舗の長屋みたいな施設が在って、ちょうどその前の路上で、留学生と思しき中国からの学生さんとその家族が輪になって戦利品の論評会みたいなことを口角泡飛ばしていて、その中に掃き溜めに鶴とは良く云ったものでなかなか美形の小姐が一名いたので、近寄りざまに一閃浴びせたもの。

Microtal_007.jpg
七枚目のカットですが、ここも中国人ご一行様で賑わう場外市場西側の路上で、よほど日本人が珍しかったのか、じっと立ち尽くして行き交う人々の様子を観察していた中国人小々姐が一名いたので、声を掛けて一枚撮らせて貰ったもの。

Microtal_008.jpg
八枚目のカットですが、同じく場外市場西側の歩道上で、恋人と思しき男性から唐突なプロポーズでもされたのか、とても幸せそうな表情で買い食いの箸を手にしたまま、相手を見返すいたいけな小姐の表情がとても宜しかったので、通りざまに一閃浴びせたもの。

Microtal_009.jpg
九枚目のカットですが、場外市場には、何も鮮魚店とこのところ雨後の筍の勢いで増えてきた海鮮丼店ばかりでなく、老舗の域に達した厨房道具店もそこここに店を構えており、その中の包丁を商う刃物屋で自分の使う道具を品定めしながら店の様子を撮っていた西洋の料理人と思しき男性の姿を一枚撮ってみたもの。

Microtal_010.jpg
十枚目のカットですが、そろそろ次の撮影地である月島方面に移動しようと、晴海通りに抜ける場外市場内を東西に貫く通りを歩いていたら、外人専門店みたいな昼呑みの角打ちみたいなお店の前で、バイキングの末裔みたいなマッチで怖そうなヲッサンが、やや年のいった美女を従え、昼酒を旨そうに煽っていたので、声かけてモデルさんになって貰ったもの。

Microtal_011.jpg
十一枚目のカットですが、ここも場外市場東のエリア、晴海通りに近い辺りの鮮魚店の店頭で、珍しそうにタラバ蟹やら毛蟹を品定めする、金髪碧眼のご一行様各位の熱心なご様子を傍から一枚戴いてみたもの。

Microtal_012.jpg
十二枚目のカットですが、築地場外市場を後にして、一路月島を目指し、晴海通りを南下し、勝鬨橋の西側歩道を歩いていたら、北詰の動力室のトンネルをいたいけな極小姐と仲良しこよしで手を繋いだ若いヲヤヂさんが歩いてきたので、その微笑ましいお姿を一枚戴いてみたもの。

Microtal_013.jpg
十三枚目のカットですが、橋のちょうど真ん中に差し掛かった辺りで、運良く、水上バスのスーパースター?「ヒミコ」型二番艦の「ホタルナ」がやって来たので、築地市場のバースの前まで差し掛かるのを待って、築地市場の全景と「ホタルナ」そして東京タワーと来日外国人なら狂喜乱舞しそうな豪華三点セットで一枚撮ってみたもの。

Microtal_014.jpg
十四枚目のカットですが、勝鬨橋を渡り、月島エリアに入ってすぐの交差点を東方向、即ち進行方向左に進むと、大川に繋がった運河が在って、そこには釣り船やプレヂャーボートの類いがいつも係留されていて、両岸に植えられた木々の枝の葉の緑と遥か彼方に聳え立つ高層マンションとが水面に映るとなかなか面白い共演になるので、写真を撮るのですが、この日も曇天とは言え、水面に映る景色はなかなか凛として美しかったので一枚撮ってみたもの。

Microtal_015.jpg
十五枚目のカットですが、銀座から2.5km圏内とはいえ、昔からの漁師町であり都心の下町でもある月島では、スカイツリー効果で、戦前の街並みがB29による爆撃以上に完膚なきまでに破壊されつつある向島地区より遥かに健全に保全されており、大通りから一本入るとこの通り、小津安二郎もアイゴ~と涙に咽びそうな状態で残っているので嬉しくて一枚撮ってみたもの。

Microtal_016.jpg
十六枚目のカットですが、これも月島から佃島方面に向かって歩きながら覗いた、かつてスバルFF1000の旧車が置かれていた路地に咲く名も知らぬ南国の花のような植物をモチーフに辺りの雰囲気を撮ってみたもの。

Microtal_017.jpg
十七枚目のカットですが、佃島手前の橋を新川方面とは反対の南側、つまり豊洲方面に渡って、晴海を通って、豊洲に出て、暫くはららぽーと敷地内の石川島播磨重工ドック跡の遺物などをモチーフに無辜の民の幸せそうな様子などを撮っていたのですが、ふと沖合に目を凝らしてみれば、何たるラッキーか、先ほどみた「ホタルナ」の一番艦である、「ヒミコ」が長年の風月に晒され、だいぶくたびれながらも精悍な装いでドック入りして来たので、その勇姿を捉えてみたもの。

今回の感想ですが、うーん、やっぱり英国の産業用レンズは40mmという、APS-Cで撮ると60mm換算のなかなかスナップでは難しい画角になってしまうのですが、慣れてしまうと、何撮っても、そこそこ画になってしまうので、面白い。また出物が有ったら買い込んで実写してみたいです。

さて次回、来週日曜日はGWの香港ツアーから新発見の撮影スポットからのレポートも含め二週に亘りお送りしますので、乞うご期待!!

  1. 2017/05/07(日) 19:13:23|
  2. Mマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The greatest Samurai's parade in Kofu 2017②

さて、GWも残すところ丸一日とちょいになってしまいましたが、月末にアップ予定だった、甲府信玄公祭り2017後編をアップ致します。
本当はGW突入前にアップしてせいせいしたキブンで高跳びしたかったのですが、工房のインターネット接続インフラであるUQ-Wimaxがなかなか渋チンで、7GB使うと通信速度が一挙に2000分の一程度に低下し、実質的にテキストベースのメールの送受信くらいしか出来なくなってしまうカラクリで、先月は20日過ぎに容量を使い切ってしまったということで、更新したくとも、出来なかったということなのです。
とまぁ、つまらん内輪ネタはさておき、さっそく、甲府二日目の朝からの行程に沿って、実写結果を逐次見て参りましょう。
機材はカメラがX-Pro2、レンズが修理から上がったBoyer Saphier50mmf3.5による全コマ、絞り優先での開放撮影です。

_DSF5451.jpg
まず一枚目のカットですが、10時前にホテルに荷物を預け、14時過ぎの帰りのバスまで鬼の如くスナップをすべく、まずは、お城の本の丸南側の桜並木の下に飲食屋台が立ち並ぶ通りにやってきて、朝っぱらから豪勢に、宮城県からやってきた出店の牛タン串焼きを大量に買い込む小姐二名組の様子を斜め後ろから一枚戴いてみたもの。

_DSF5454.jpg
二枚目のカットですが、昨日こちらに着いた時、お城の南側の堀際に聳え立つ石垣上の白壁にかかった桜の枝が見事だったことをふと思い出し、廓の南側にかかった堀を跨ぐ橋の上まで来て、西の方面のどんよりした花曇りの空を背景に入れて白壁に映える桜の様子を一枚撮ってみたもの。

_DSF5457.jpg
三枚目のカットですが、堀に掛かる橋から南方面に伸びた通りにもところ狭しと飲食等の露店が軒を並べていたのですが、その途切れたところに植わっていた桜の木の下で、いたいけなローカル小姐二名が楽しそうに語らい合いながら、メールかなんか打っていたので、 声をかけてその様子を一枚撮らせて貰ったもの。

_DSF5458.jpg
四枚目のカットですが、橋の南側の通りの中ほどから本の丸方向を眺めてみると、花曇りの空の下、食べ物を調理する脂の煙が立ち上り、その合間に桜の花が咲き乱れるという、季節的でなかなか面白いシーンだったので、手ごろなカポーが通りがかったタイミングでシャッター切ってみたもの。

_DSF5462.jpg
五枚目のカットですが、雨も上がって、本の丸の天守閣下広場には、午後からの「子供武者行列」に参加するいたいけな童子各位の演者が集まり出してきたので、ここぞ書き入れ時とばかり、踵を返し、広場に足を踏み入れ、モデルさんを物色していたら、まさに左朴善のノリで老人と子供のポルカ状態が目に留まったので声かけてモデルさんになって貰ったもの。

_DSF5463.jpg
六枚目のカットですが、続々と集まりつつある、行列の参加者の群れに目を向けると、毎年必ず居る、仲間内での我流チャンバラの仲間達を見つけたので、さっそく、小走りに近寄り、傍らの母親各位に向かって、東京から写真撮りに来たんで、一枚撮らせて、と声かけたら、さっそく鶴の一声、童子達にポーズを命じ、モデルさんにさせてくれたもの。

_DSF5471.jpg
七枚目のカットですが、そろそろ腹も減って来たので、帰る前にも必ず寄ることにしている「奥藤」本店へ向かおうと、再び本の丸南側の飲食店回廊を通りがかったら、革ジャンみたいなジャケットを小粋に着こなしたマダムが、豪快にベーコンだかを焼いて食わせるコーナーで嬉々として注文しているところに遭遇したので、その様子を一枚撮ってみたもの。

_DSF5474.jpg
八枚目のカットですが、駅前方向への近道かつ階段等の起伏の無いコースであるこの本の丸南側の回廊は何回か通りましたが、そこの桜の木の下で楽しそうに何かを食べている人間を撮っていなかったことに気づき、歩きざまにノーファインダーで一枚撮ってみたもの。

_DSF5478.jpg
九枚目のカットですが、「奥藤」本店で毎年恒例の鳥もつ丼などを戴き、かなりの満足度で午後の撮影をスタートしたのですが、今回は駅北側広場でのイベントの画を拾っていなかったことを思い出し、そちらに足を運んだところ、朝からの雨で一旦取り外した神輿側面の提灯を、雨が上がったことから再装備している向こうで、腕を組み渋い顔をして仕事ぶりを眺めている棟梁のご尊顔が見えたので、提灯越しに一枚戴いてみたもの。

_DSF5481.jpg
十枚目のカットですが、甲府駅北側線路伝いの時代考証がよく判らない、幕末から昭和初期?の建造物のレプリカを何となく並べてみました、という風情のエリアの全体像をとりあえず一枚撮ってみたもの。

_DSF5482.jpg
十一枚目のカットですが、その駅北側のエリアに並ぶ土蔵とも石蔵ともつかない不可思議な、小樽辺りから借りてきて、とにかく配置してみましたという店舗利用の建造物の軒下になかなか風情あるランプとバケツ改造のオブヂェが飾ってあったので、至近距離で一枚撮ってみたもの。

_DSF5484.jpg
十二枚目のカットですが、駅北側の時代考証不明の商業エリアの南側、即ち建物と線路の間には通路とちょっとした広場みたいなスペースがあり、各店舗とも趣向を凝らしたデスプレイを展示していましたが、生の啓翁桜みたいな花を生けてあったのがとてもきれいに見えたので、石造りの店舗を背景に一枚撮ってみたもの。

_DSF5487.jpg
十三枚目のカットですが、同じく駅北側の時代考証不明の商業エリアの東端から駅の北口方向に向けてシャター切ろうとしたら、ちょうど、いたいけな若いカポ-がエキストラ志願とでも言わんばかりに幸せそうに飄々と歩いてきたので、参加願ったもの。

_DSF5493.jpg
十四枚目のカットですが、食事をしている間に雨はすっかり上がり、いたいけな童子達が無粋な透明のビニール合羽を着込んでの武者行列とはならないようになって一安心、しかしもうバスの時間まで1時間を切ってしまったので、もしやと思い、天守閣跡に登ってみれば、見事ビンゴ、雲の切れ目から、一年に一度の旅人の見送りに出て来てくれたような富士の雄姿を撮ることが出来たもの。

_DSF5496.jpg
十五枚目のカットですが、天守閣跡西側の広場の南側の門の近くには一本の見事な枝垂れ桜が今を盛りにと咲き誇っており、毎年、その可憐な姿を撮っていたことを思い出し、天守閣台の石垣を背景に至近距離で、桜の枝を撮ってみたもの。

_DSF5499.jpg
十六枚目のカットですが、無事、枝垂れ桜と天守閣台の石垣のカットも撮り終えたので帰ろうと思っていたら、いたいけな極小姐が後からついて来たオモニの制止も振り切り、今を盛りと咲き誇る枝垂れ桜の精にでも魅入られたか、はしゃいで樹の下を走り回っていたので、その嬉々とした様子を一枚撮ってみたもの。

今回の感想ですが、やはり甲府信玄公祭りは良いものです、特に今回は出掛ける前に艱難辛苦の連続ではありましたが、その困難が大きい分以上に自分としては満足いく旅を終えられたと思いました。来年も、またその次の年も、体力と気力が続く限りお邪魔して、世界に発信し続けたいと思いました。

さて次回はGWの旅行前に今回、冒頭で活躍した久々の当工房製改造レンズのご紹介いきます、乞うご期待。
  1. 2017/05/06(土) 21:37:10|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The greatest Samurai's parade in Kofu 2017①

さて、今週のご紹介は、予告通り、先週末にお邪魔した、恒例の「甲府信玄公祭り2017」からハイライトを二週間に亘ってお送り致します。
まず恒例の、旅の行程についてざっとご説明致しますと、4月8日の土曜日の朝10時5分新宿バスターミナル発甲府駅前行の高速バスに乗ろうと、深川の自宅を早めに出て、9時半前にはバスターミナルに着いたのですが、信玄公祭りのためなのか、或いは週末の朝の特定時間帯が混んでいるのか判りませんが、何と次に席が取れる便が11時35分発で、これだと現地着予定が13時45分、当日の中央道の降雨を考えれば何某かの遅れを見込むのが妥当で、着いたらイの一番に食べようと思っていた「奥藤」本店の鳥もつ煮定食を食べ損なうリスクも高く、何事においても中途半端なことが貯金やポイント類の収集の類い同様に大嫌いな工房主はそのままやーめた!と雨の中、再び深川に戻ってしまうことも考えたのですが、宿の予約条件が理由の如何に関わらず、当日のキャンセルは50%のキャンセル料課金ということで、お祭りの晩でしかも駅横のホテル、工房主がキャンセルしたところで、どうせ飛び込みの客で埋まってしまうのにただキャンセル料払うのも金をドブに捨てるようなものなので、堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、断腸の思いでJR東日本の窓口に並び、10時4分発のあずさ号の臨時列車で現地入りすることとしたのです。
結果的には、この艱難辛苦の甲府への旅がこれまでにない素晴らしい旅をプレゼントしてくれたのですが・・・
では、さっそく土曜当日の足取りに沿って実写結果を見て参りましょう。

_DSF4936.jpg
まず一枚目のカットですが、特急あずさ号は12時前に予定通り甲府駅に着いたので、車中でサンドイッチを食べたこともあり、まだそれほど空腹でもなかったため、まず甲府城本の丸下のイベント広場へ出かけてみたら、居ました居ました、信玄公の遺徳を讃える創作ダンスイベントの出演者の小姐が、ステージが終わった後の心のゆとりか、家族で記念撮影なんかやっていたので、さっそく声を掛け、親兄弟各位の「えーさっきお父さんがカメラ向けた時と顔つきが全然違うヨwww」とか愉快な声援を受けながらポーズつけて貰い一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはUn-identified40mmf4.0modMによる開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF4937.jpg
二枚目のカットですが、幸先良い撮影に気を良くして、広場をキョロキョロしながら歩いていたら、時間も時間だったため、ちょうどお弁当を使おうとしていた、創作ダンスの別の組の小姐三人組が目に付いたので、小走りに近寄って、ここでも卒爾ながら、と声掛けて、東京から今着いたとこ、とモデルさんをお願いして、お三方揃い踏みでハイポーズ!となったもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはUn-identified40mmf4.0modMによる開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF4938.jpg
三枚目のカットですが、度重なるラッキーに気を良くして、朝のいっそやめてしまおうかという悲壮な心の揺らぎは何処へやら、いつもの勘働きで撮らせてくれそうな人達を周辺でスキャンしてみると、居ました居ました、桜の咲くお城の石垣をバックに一生懸命、腕を伸ばしてスマホンで二人の思ひ出の写真を撮ろうとしている小姐二名組が・・・ということでここでも小走りに近寄って、趣旨を説明の上、代わりにシャッター押して上げるからということで、モデルさんになって貰ったもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはUn-identified40mmf4.0modMによる開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF4939.jpg
四枚目のカットですが、お堀の北側の塀の裏、つまり本の丸下の広場外縁の通路では、毎年、甲府在住ののミニ県人会みたいな人達が思い思いの郷土料理のテント出したりしているのですが、その盛り上げ役として、綾小路きみまろそっくりの道化師兼手回しオルゴール師を兼ねたヲヂサンが居て、毎年、挨拶がてらカメラを向けると、キテレツなポーズで歓迎してくれるのですが、今年は相当忙しいらしく、ファインダー覗いてる画面中を行ったり来たりしていて、ハィ適当に二枚目撮ってってね♪ということで、風船細工しながら歩いているところを一撃必殺戴いたもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはUn-identified40mmf4.0modMによる開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF4950.jpg
五枚目のカットですが、お城のお堀に南北方向に掛かった橋を南側に渡って、食べ物屋台やら物販テントなどが立錐の余地なしの通りを抜けると、甲府宝石会館の面した通りに出るので、そろそろ昼飯の「奥藤本店」へ移動がてら、毎年恒例のミス宝石と準ミス宝石の小姐各位のポートレでも撮らせて貰おうと思い、宝石会館前を歩いていたら、いきなりお酒とかどうですか!?とか声を掛けられたので、まだお仕事中なので、気が向いたらと答えておいて、せっかくだから二人揃ってモデルさんになってよ!とお願いして一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはUn-identified40mmf4.0modMによる開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5026.jpg
六枚目のカットですが、宝石会館の南側でいつもミス宝石、準ミス宝石のお二方がイヤな顔ひとつせず、観光客の老若男女と一緒に記念撮影しているところへ来てみると、お二方は所用でお留守中、その代わりを等身大のハローキテイの着ぐるみが立派に勤めていたので、一、二枚挨拶代わりにスマホンで撮ってから、次なるターゲットの湖衣姫さまご一行のお姿でも撮らせて頂こうと屯所に足を運んだものの、待てど暮らせど姿を現さず、食事のあと、また根気良くやって来たら、毎年同じ場所で宿営している富士通のご一行がバスで賑やかにやって来たので、さっそく綺麗どころに声掛けて集まって貰い、記念撮影となったもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはUn-identified40mmf4.0modMによる開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5047.jpg
七枚目のカットですが、そうこうしているうちに湖衣姫さまご本尊は姿を現さなかったのですが、毎年、駄洒落ではないですが、むさくるしくなりがちな武者行列に一抹の清涼剤として彩を添える、女人の旅装束の方々が三名ほど現れ、お互いに衣装の細かいところを交代でチェックなんかしていて、その様子がまた何とはなしに楽しそうだったので、卒爾ながら、と声かけてモデルさんになって貰ったもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5049.jpg
八枚目のカットですが、これも富士通の方々や湖衣姫さまご一行と同じ、宝石会館一階の通りに面した屋根付広場に集まってきた地元のグループの方々なのですが、何かこれから仮装パーティに出掛ける高校生のノリで楽しそうにケラケラ笑い転げながら、出陣の準備なんかやってたので、これも小走りに近寄り、卒爾ながら、とお集まりいただき、モデルさんになって貰ったもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5050.jpg
九枚目のカットですが、本の丸下のイベント広場でもまた人が入れ替わり、また面白い画が撮れないかなと思って、宝石会館前を通り過ぎ、再び城址公園へとつながる道を歩き始めたら、少し離れた前方に、鎧装束のお侍さんとその同僚の女侍の小姐がビールなんか呑みながら、楽しそうにお城方向へ向かって歩いていたので、卒爾ながらと呼び止め、お二方揃ってモデルさんになって貰ったもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5054.jpg
十枚目のカットですが、先ほど通った、お堀を南北に渡る橋に続く道に入った辺りで本の丸下のイベント広場で信玄公を偲ぶパフォーマンス大会に出場したと思しき中学生くらいの小姐二人が「腹減っちったよなぁ、あんなチンケな弁当と茶ぢゃ足りないよなぁ・・・」などと処遇への不満を口にしながら、買い食いを何処でしようかと物販テントを覗きながら歩いていたので後をつけ、桜がきれいな辺りで後ろから一枚戴いてみたもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5059.jpg
十一枚目のカットですが、満開の桜が両側に咲き誇る、そのお城南側の物販ストリートをずっとお城方面へと歩き、ちょうどお堀の外周道路の手前辺りで、いたいけな極小姐を肩車して何か乳幼児向けの流行り歌なんか口ずさんであやしていた若いヲヤヂさんがいたので、桜が満開の通りをバックに背後から一枚戴いてみたもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5061.jpg
十二枚目のカットですが、このお爺さんの紙芝居屋さんも、先の綾小路きみまろ酷似系の道化師のヲヂサンと同様、この信玄公祭りでは常連メンバーで、多少、店開きの場所こそ違え、だいたい毎年同じような辺りで自転車の荷台に載せた紙芝居を一点当たり100円の駄菓子を買ってくれたよゐこ相手に上演するのですが、よくよく冷静に考えてみれば、この諸色高騰のご時世に一個100円かそこらの駄菓子が10個、20個売れたところで生活費になろう筈もないので、やはりこれは甲府市ないし、祭り実行委員会から何らかの補助を貰っての集客イベントと考えた方が良いのだろう、とか思いながら、はしゃぐ極小姐を撮ってみたもの、
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5074.jpg
十三枚目のカットですが、お堀に掛かった橋を渡って、本の丸下のイベント広場に戻って見ましたが、ステージの上で思い思いのお揃いの装束に身を固めた小姐のグループが信玄公を偲ぶ大胆なダンスというかパフォーマンスを繰り広げており、さすがにステージ下には椅子が置かれていて自由に歩き回り、至近距離に歩み寄って演者を撮るなどというマネは出来そうにありませんでしたから、おのずと出演前後を狙うしかなく、ちょうど桜の下で自撮りやってた小姐二名が居たので、声かけて撮らせて貰ったもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5076.jpg
十四枚目のカットですが、夕刻からの武者行列の出陣前の様子を狙うのを毎年の楽しみとしていますが、ちょう15時過ぎに駅前のファミレスへとお茶しに移動していた道すがら、駅前の通りに面した広めの駐車場内で、出陣前の腹ごしらえとばかり、自陣営のケータリングみたいな食事を楽し気に頬張っていた小姐武者のグループが目に留まったので、小走りに近寄って、出演交渉し、モデルさんになって貰ったもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはS-Nikkor35mmf1.8による開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5092.jpg
十五枚目のカットですが、お茶の時間を終え、お城と駅の間に位置する宿にチェッキンし、夜間戦闘用の必殺兵器f1.2の単玉を装着したカメラ一台のみ身に着けて、昨年の実績から見当をつけていた、宿の東側の城の稲荷櫓方面からの下り坂で張ることとしたのですが、どういうわけか、交通整理を担当しておられた実行委員会の方が、ここで撮ってもイイよ、と立ち入り禁止ロープの内側の場所を与えて戴いたので嬉々として、まず先走り的にやって来た異国の小姐侍の姿を撮ってみたもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはCosina55mmf1.2による開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5095.jpg
十六枚目のカットですが、出陣前には屯所が判らず、オフカットを撮ることが出来なかった旅装束の小姐ご一行さまが続々と目の前を通り過ぎて行ったので、これも絶好の撮影ポジションに感謝しつつ、シャッター押し続けたうちのベストショットの一枚。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはCosina55mmf1.2による開放、絞り優先AE撮影です。

_DSF5206.jpg
十七枚目のカットですが、各隊とも工房主の目の前の辺りで適宜停まって、世話役の方のメガホン経由の号令とともに、観客へのアッピールと仲間内での士気高揚を目的として、思い思いのポ-ズ、鳴り物で鬨の声を上げるのですが、殆ど全て撮った中でも最も躍動感に溢れるゼスチャで盛り上がりを見せてくれた組のもの。
カメラはFujifilm X-Pro2、レンズはCosina55mmf1.2による開放、絞り優先AE撮影です。

さて次回は甲府信玄公祭り後編として、翌日曜日のメインイベントである「こども武者行列」の出発前のオフカット中心にお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2017/04/16(日) 19:25:20|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

My tinny discovery of Spring~Koga Peach Flower Festival 2017~

さて今週のご紹介は、この季節になると毎年必ず出掛けている、恒例の「古河もも祭り」からのレポートになります。
今回は通常より一週間遅い4月1日(土)に愉快な仲間各位を誘って現地古河入りしたのですが、ずっと気温の低い日が続いていたため、梅の木は花もすっかり消え果てしまってはいましたが、桜はまだ概ね3分咲きといったところで、肝心の桃の花はと云えば、樹にもよりますが、中には、満開のまま、濃いピンクの花がセミドライフラワー化しつつあるものもあり、もうちょい早く来られればとの思いもありましたが、その一方、毎年、会場ではまだ見られなかった菜の花が満開状態で黄色い可憐な姿を見せてくれていたので、まぁこれはこれで良かったのかと思いました。
また、去年からは一新されましたが、前メンバー同様、ホスピタリティに富んだ今年度のミスもも娘各位の歓待ぶりも有り難いと感じました。
では、さっそく、当日の行程に沿って、逐次、実写結果を見て参りましょう。

Koga17_001p.jpg
まず一枚目のカットですが、古河行きのもうひとつの重大ミッションである、絶品の鰻料理を撮影前に堪能すべく、駅を後にした一行は、まず途上にある、桜が6分咲き弱程度の禅宗の名刹に今年も寄ろうということになり、その途中、煉瓦造りの見事な古い商家の佇まいを眺めながら色々と評していたら、中から親切なおぢさんが出て来て、良かったら、敷地の中へ入って見て、撮っていったらどうですか?とお誘いを受けたのですが、いや、せっかくですが、これから寺の桜など撮ってから、「たたみ屋」さんで美味しい鰻を戴いて、もも祭りに入るのでまた今度お願いしますとか言いながら、敷地への門扉付近で立ち話している時に煉瓦塀越しに立派な蔵造りの母屋の屋根を撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_002.jpg
二枚目のカットですが、鰻、川魚料理の名店「たたみ屋」さんへ行く道すがらの名刹の境内で庫裏と思しき建物の大きな破風の付いた玄関手前に、ややシーズンは過ぎたものの椿の花が見事に咲いてたので、至近距離で一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_003.jpg
三枚目のカットですが、昨年同様、桜の樹は本堂の表より、裏手の墓地入り口付近の大きな古木の枝が見事なので、法事をやっていた本堂脇を通り抜け、墓地入り口までやって来て、比較的低めで至近距離撮影が出来そうな枝を探して、空を背景として、かなり難しい露出とコントラスト、そして発色のトレードオフの関係をトライアンドエラーの結果、やっと得心がいった一枚。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_004.jpg
四枚目のカットですが、寺を後にして、12時近くと云うのに、通行人、自転車の殆ど居ない通りを経て、再び自動車の交通量の多い目抜き通りに向かうこととしたのですが、その途上「マタタビ」だか「ムササビ」だか云う創作料理店みたいな店舗の駐車場の入り口に不可思議なガラス細工の百合の花のようなオブヂェが置かれていたので、至近距離で一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_005.jpg
五枚目のカットですが、目抜き通りを進むこと、駅から1km弱、篆刻美術館を過ぎた辺りで北へ入る脇道へ曲がり、そろそろ目当ての「たたみ屋」さんの近くまで来た辺りで「土井家菩提寺」なるこれまた面白そうな古刹を発見し、土井利勝の銅像があったり、先ほどの禅寺には栄西禅師の像があったのに対し、浄土宗のこちらは法然上人の銅像があったりと話題の種は尽きなかったものの、そろそろ腹も減ってきたので、見事な鐘楼をバックに今を盛りと咲き誇る白い花を撮って早々に移動した時の一枚。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_006.jpg
六枚目のカットですが、程なくお店に着いて、無事、美味しい鰻にありつき、人心着いた一行は、また駅への帰途につき、駅から会場を結ぶシャトルバスに乗って、15分程度の距離の利根川堤防に程近い古河総合公園には14時過ぎに着いたのですが、ちょうど、メインステージでのアトラクションでいたいけな童子からもう還暦も無事通過というお年寄りまでもがパワフルに太鼓なんか叩いて派手なパフォーマンスなんか繰り広げていたので、ステージ前からその様子を一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_007.jpg
七枚目のカットですが、会場に入ってしまえば、もう5年は通っているので、何処に何が有って、誰が何処に居て何をやっているかはすっかりお見通しの勝手知ったる何とか状態ですから、迷うことなく、ミス桃むすめ各位の屯所である、もも祭り実行委員会テントの在るエリアに向かい、その反対側の低い丘陵状の南側斜面にも桃の樹の手前に菜の花が見事に咲き誇っていたので、至近距離で一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_008.jpg
八枚目のカットですが、これを撮らずしてもも祭りの撮影は始まらない、ということで、永の無沙汰に対するご挨拶も兼ねてまずはモデルさんになって貰おうと、ピンク基調の和服姿の小姐をスキャンしたら、居ました居ました、観光客各位との記念撮影に大忙しで、時折小雨がパラついた天気具合いだったのにも関わらず大盛況で、それでも卒爾ながら、と声を掛けてモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_009.jpg
九枚目のカットですが、ミス桃むすめ各位は勤務形態上、二人一組で屯所前でビラを配ったり、記念撮影に応じたり、或いは別の機動部隊として徒歩ないし人力車で園内をパトロールしているようですが、屯所前担当の一人撮ったのにもう一人を撮らないというのは、平等の理念に反しますし、そもそも撮影チャンスをムダにすることは大変宜しくないので、迷うことなく声を掛けて同様にモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_010.jpg
十枚目のカットですが、会場入りして挨拶代わりのミス桃むすめ各位の記念撮影も無事終了し、次のシフトの二名に交代するまで屯所付近で時間を潰すのも何なので、会場南側、ちょうど細長く小高い丘陵の裏側中腹部に位置する移築古民家でも見物して写真でも撮りましょうやということで屯所を後にして古民家園まで来たら、係員のヲヂサンがレレレのヲヂサン宜しく、威勢よく、ガリ箒で庭を掃き、箒目を付けていたので、古民家もろとも一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_011.jpg
十一枚目のカットですが、有り難いことに入場料無料の古民家の中に入って、今の住宅には無い、色々と珍しいものを眺め、そして写真に収めていたのですが、特に目を惹かれたのが、今や絶滅危惧種であることが疑いようもない茅葺屋根の軒下の構造部である竹材結束部分の仕上げ具合いだったので、至近距離でその見事な仕事ぶりを一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_012.jpg
十二枚目のカットですが、古民家園を後にして、蘇州ともパリ郊外とも見まがうような不可思議な水辺の風景を散策し、またもも祭り会場へ戻ることとしたのですが、これも今回新たに発見したのですが、このプチ水郷地帯の治水には不可欠のターボポンプのお役御免になった実物がオブヂェとして展示されていて、朝鮮民主主義人民共和国的な軍服を着込んだ何処かの中年男が何物かに取り憑かれたかの如き表情を見せていたので、これ幸いにと一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_013.jpg
十三枚目のカットですが、園内南部を大きく一周するルートで再び、ミス桃むすめ各位の屯所であるもも祭り実行委員会テント前まで戻り、はたと気づいたのが、もも祭りにやって来たと云うのに、まだまともに桃の花を撮っていないということで、新たなもも娘各位がお取込み中だったこともあって、屯所向かい側の南側斜面上の桃の樹の枝のうち、背景がうるさくならなそうなところを見つけ、至近距離で一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_014.jpg
十四枚目のカットですが、やっと人だかりが一段落したようなので、一息ついた格好の、新手のミスもも娘各位にお声がけをして、二人並び、南側斜面に咲く桃の花をバックにモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはFukagawa Anastigmat8号機での開放による絞り優先撮影です。

KOga17_015.jpg
十五枚目のカットですが、本日は二組四名のミスもも娘各位の全員を撮り尽してしまったこともあり、また在園可能時間も30分を切ってしまったことから、せっかくもも祭りに来たこともあり、ももをメインモチーフとしたそれらしい写真も撮って帰らないともったいないので、屯所向かい側斜面上のクリーク上に迫り出した桃の枝を牧歌的な雰囲気で撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはFukagawa Anastigmat8号機での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_016.jpg
十六枚目のカットですが、クリーク越しの桃の樹々を撮っていたら、来ました来ました、メインランドの中国人ご一行サマが、ということで、さっそく、仲間内の記念撮影を終え、満足そうな顔で立ち去ろうとした小姐に中国語で声を掛け、モデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはFukagawa Anastigmat8号機での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_017.jpg
十七枚目のカットですが、そろそろバスに乗る時間が迫って来たので、会場の北西側出口に在る、臨時バス停へ歩いて移動する途上、ちょうど良い群生密度と背景の桃の林が映り込む格好の撮影ポイントに遭遇したことから、ほぼ最短距離で黄色い花々が見事な菜の花畑の様子を一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはFukagawa Anastigmat8号機での開放による絞り優先撮影です。

今回の感想ですが、確定申告無事終了後のイベントでもあったので、開放感もこれあり、なかなか楽しいものとなったと思います。
実行委員会の皆さま、また来年もよろしくお願い致します。

さて、来週はこの週末に撮影旅行に出掛けた、これまた恒例の「甲府信玄公まつり2017」の二日間のレポートを二週に亘ってお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2017/04/09(日) 21:58:09|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知音之隣国~台湾拍照旅行2017.3②~

さて、今週の更新は先週からの続編、台湾ツアー2017春からの後編をお送り致します。
今回は滞在三日目、宿のTVで見た現地の天気予報では台北を始め殆どの地域で雨ということでしたが、これまでの経験から彰化地区は終日雨という予報でも、嘉義地方と台中地方が雨のち曇りくらいの天気であれば、風の流れのためか「鹿港」は曇天くらいで済むケースが多かったので、今回も「ハイパー晴れ男」の勘と意地にかけて、朝10時半の台北駅発の台湾高速鉄道で台中経由、路線バスで今回の目的地「鹿港」へ向かい、17時15分現地発のバスの発車直前まで撮り続け、台湾高鐡で台北市内に20時過ぎに戻り、駅で晩飯後、台湾国有鉄道に乗って隣の駅の松山駅に向かい、そこから徒歩数分というより駅の目の前でやっている「饒河観光夜市」で鬼の如きスナップを敢行したという次第。
カメラはオールLeica M8、レンズは1~13枚目までがCarlZeiss Distagon25mmf2.8ZM、14~17枚目までがCanonL50mmf1.2による全コマ開放、絞り優先AE撮影となります。
では、当日の行程に沿って、実写結果を逐次眺めて参りましょう。

taipei17_018.jpg
まず一枚目のカットですが、高鐡台中駅からの路線バスは前回来た時はマイクロバスでの運行だったのが、今回は観光客の急増もあってか、九イ分行きと同じような日本の観光バスそのものの大型車に換わっていましたが、いつものように老街入口ではなく、彰化客運のバスターミナルまで乗って、そこで帰りのバスの時間と乗り場を調べてのスタートとし、着いた時刻は12時は回っていたのですが、小一時間ほど撮ってから、目抜き通りの中山街辺りの名物料理屋ででも食べようと思い、まずは定番コースの「後車巷」に入った辺りで、それらしい家の前を通り過ぎる家族連れを入れて撮ってみたもの。

taipei17_019.jpg
二枚目のカットですが、当日は、嗎祖か何かのお祭りの日に当たっていたらしく、鉦や太鼓、そして爆竹等の音響効果に加え、かぶり物をかぶった人間なども総動員した祭礼行事のほか、日本の商店街の福引みたいな行事も大々的にやっていて、その当たり札発表イベントのステージ裏で本職は夜の街道沿いの檳榔売り、イベントコンパニオンはアルバイトの小遣い稼ぎ、みたいな雰囲気の小姐二名が暇そうにお茶挽いていたので、声かけてモデルさんになって貰ったもの。

Taipei17_020.jpg
三枚目のカットですが、ステージの裏では結構多くの出演者が自分の出番までにお菓子を分け合ったり、雑談したりと余暇に打ち興じていましたが、中国人?の弟子連れの米国人道化師のヲヂサンがいたいけな極小姐をあやしていたので、一緒に写真撮らせてよ、と声かけたら、自分は良いけど、レィディには自分で聞いてみて、英語通じないけど、と云われ、中国語で聞いたら、イヤイヤされてしまったので、残念賞代わりに道化師の師匠と引田天功まがいの妙齢のショーレイディとのツーショットを戴いたもの。

Taipei17_021.jpg
四枚目のカットですが、銅鑼や太鼓、そしてチァルメラみたいなピックアップ越しの吹奏楽器の音に釣られて、老街中心部に位置する廟の境内に入ってみれば、だいぶ前の大渓の関帝生誕祭の時に見かけた、頭でっかちの中国の伝説だか説話だかに出てくる神童のかぶり物が本堂から要介護認定二級くらいは取れそうなぎこちない動きでよろよろと介助の人間と一緒に歩み出て来たので、そのひょうきんな様子を一枚戴いてみたもの。

Taipei17_022.jpg
五枚目のカットですが、人混みでごった返す中山路界隈での食事の前の地味な路地探検とばかり、廟周辺で、前回に比べ、特に路面の舗装が格段に小奇麗になってしまったのが目立つ、狭い路地というか、もう家と家の塀の隙間と云った方が適切な通路を入口に立って、撮ってみたもの。

Taipei17_023.jpg
六枚目のカットですが、これも廟からここ鹿港鎮老街きっての繁華街である中山路へ向かう途上の確か「後車巷」の奥の方の長い住居兼倉庫の間の比較的、清の時代の雰囲気を良好に残した極狭路地が目に付いたので、入り口付近からその様子を撮ってみたもの。

Taipei17_024.jpg
七枚目のカットですが、中山街に並ぶ地場料理屋の中で八重歯の可愛いTシャツ姿の小姐が笑顔で呼び込みやってるお店についふらふらと入り込み、またしても、単価が安いのをイイことに、分量とか食べきれるか否かといった日本では当然働く分別を完璧にすっ飛ばし、とにかく名物を手当たり次第に頼んで、幸いにして一品当たりの量が少なかったこともあり、とにかく完食し、今度は、ここ鹿港鎮にド定番の観光スポットである「擦乳巷」と「九曲巷」の撮影をすべく、さっき通った「後車巷」の一本西側の観光ストリートを通っていたら、童子相手に飴細工みたいなものを加工して商っている露天商に人だかりしていたので、その様子を一枚戴いてみたもの。

Taipei17_025.jpg
八枚目のカットですが、これもその老街の中の観光ストリートを歩いていたら、おそらくは大陸からの学生グループが観光に来ていたらしく、地図を見ながら、あーぢゃね、こーぢゃねとか云いながら行先を楽しそうに話し合っていたので、古い街並みをバックのその様子を一枚戴いてみたもの。

Taipei17_026.jpg
九枚目のカットですが、老街南部、市場建物前の青空市場兼青空食堂という風情の広場の手前にも、結構古めかしい佇いの路地が残されていて、ではお得意の広角レンズ縦位置で路地の表情を、と思った時、「対不起」とか声かけて地元民の大姐が通っていったので、これ幸いにと後ろ姿でエキストラ出演して貰ったもの。

Taipei17_027.jpg
十枚目のカットですが、その老街にいくつかある広場のうち、唯一公園ではなく、むしろ昼からやってる夜市でんがな♪という行商中心の野菜、果物等の物販と飲食の露店、或いはオープンテラスの固定店舗が広場に向かって開かれている、老街の中のランドマークのひとつで、だいぶ前、北側の食堂で簡単なランチでもと思い、入ろうとしましたが、メニュー見せて、という北京語からして通じなくて、すごすごと苦笑いして撤退したことがあったりしましたが、とにかく地元民で賑わう広場の様子を一枚撮ってみたもの。

Taipei17_028.jpg
十一枚目のカットですが、食後の目的地のひとつ「八曲巷」はこの青空市場兼青空食堂状態の広場に入り口は面しているのですが、まずは遠い方からと考え、「擦乳巷」へと趣き、入口付近に子連れの観光客が二組ほどたむろしていましたが、中に入ろうとする気配もなさそうなので、先に入って、中ほどでこのすれ違うと「袖擦り合うも」ではなく「胸擦り合うも」状態になってしまうというちょっと大人の風刺の効いた極狭路地の雰囲気を撮ってみたもの。

Taipei17_029.jpg
十二枚目のカットですが、通って写真を撮ってしまえば何のことはない、ただの古ぼけた極狭い、家と家の塀の隙間でしかないので、長居は無用、次なる目的地の「八曲巷」へ向かい、ここはそこそこ路地自体の広さは確保され、ところどころに井戸なども配置された古い住宅街の生活通路なのですが、とにかく、その名の示すが如く、真っすぐな通路が数メーターも続かず、急に鍵の手曲がりになってしまい、まさに迷路状態の面白い路地なので、その様子を一番特徴的なエリアで一枚撮ってみたもの。

Taipei17_030.jpg
十三枚目のカットですが、16時半も過ぎ、そろそろ、老街から北東に1km近く離れた位置に在る、バスターミナルに戻らねばならない時刻になったので、中山街の一本東の比較的車の交通量は大きいものの、廂が貼り出た立派な歩道が整備され、万年歩行者天国状態で歩く速度が稼げない中山街よりは移動時間の読めるルートでバスターミナルを目指していたら、歩道上に店を構えて麺類のようなものを商っていた青年店主が居たので、後ろから仕事ぶりを一枚戴いてみたもの。

Taipei17_031.jpg
十四枚目のカットですが、高鐡で台北に戻り、台北駅二階の食堂街で美味しい飲茶の晩飯を戴いたのち、まだ寝るには早いし、おれまでは朝の桃園国際机場までの移動を考えたら、とても帰国前の晩に夜市に出掛けようなどという気は起きなかったでしょうが、MRTが新規開通したおかげで、気持ちも軽く、松山駅まで移動し、その目前の「饒河観光夜市」に乗り込み、まずは景気づけに入り口付近で熱いところを見せつけちゃってくれていたいたいけなローカルカポーのお姿を一枚戴いてみたもの。

Taipei17_032.jpg
十五枚目のカットですが、まさしくこの用途のために持ち出してきた、CanonL50mmf1.2の異次元のクリアでシャープな写りに気を良くし、どんどんと夜市の中へと歩いて行って、ここぞというシーンに出くわすたび、M8のクリアな二重像を駆使して速写しまくった中、ちょうど品物を受け取って露店を後にしようとした小姐向けてシャター切った時、カメラ目線向けてくれたオモニも写り込んだもの。

Taipei17_033.jpg
十六枚目のカットですが、ここも「饒河観光夜市」の真ん中辺り、煌々と点された人工光源の下、おそらくは春休み期間中のこともあり、友達同士で夜市での買い食いにも、日頃口うるさい両親も大目に見てくれたのだろうな、というようなシチュエーションで女友達同士で楽しげに極彩色の氷水みたいなものを飲みながら語らい合う様子を一枚戴いてみたもの。

Taipei17_034.jpg
十七枚目のカットですが、何処でもスマホン族は居るもので、ここ「饒河観光夜市」の中でも、散策しながら、電柱に寄りかかってと人さまざまではありますが、この小姐も、頼んだ料理が出てくるまでの、暇つぶしに一心不乱にスマホンの小さな画面に白魚の如き指を器用に使いこなして何らかの入力をしていた姿が面白かったので、その様子を湯気越しに一枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、このところ、スマホンの使い過ぎなのか、慢性眼精疲労気味で、EVFを長い時間使って、しかもそれで以て精緻にピントを追い込むのが億劫になってきてしまい、結局、距離計非連動のものと21mm未満のものは仕方ないとして、M8の出番がこれまでになく多かったと感じました。
それにしても、中古価格での評価は惨憺たるものですが、まさに和製ノクチルックスキラーの称号はこのCanonL50mmf1.2のためにあるような気がしました。

さて次回は古河もも祭りからのレポートをお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2017/04/02(日) 19:26:14|
  2. Arri改造レンズ群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知音之隣国~台湾拍照旅行2017.3①~

さて今宵のご紹介は一週スキップしてののち、春の台湾撮影ツアーの結果を二週に亘ってお送り致します。
まず、今回の旅行の行程を簡単に述べておきますと、17日の土曜日の11時15分成田発の日航機で、一路、桃園国際机場に飛び、そこからは今回の旅行の目的の一つでもあったのですが、新規オープンの机場快速即ち、桃園空港から台北駅北門エリアを最速35分で結ぶという新交通で台北駅まで移動し、常宿に荷物を預けてまずは久々の故宮博物館訪問、しかるのち、帰り道に位置する士林の夜市に寄ってスナップ撮影し、晩飯はここも毎回寄っている好記担仔麺店でローカルのごちそうを戴き、11時近くに宿に戻り、翌日は宿を10時出発で金瓜石経由水南洞エリアの撮影でしたが、当日の夕方から夜は雨のため、晩飯をいつもの小籠包レストランで食べて速攻、宿に戻り、そのまた翌日も10時出発で台北駅から新幹線乗って高鐡台中駅へ移動し、そこから路線バスに乗り換え、鹿港へ向かい、夕方17時過ぎまで飯食って、地元民各位に声かけたりして写真撮ってから、またバスで高鐡台中駅に戻って、そこから19時過ぎの新幹線で台北に戻り、駅中で香港オリヂンの飲茶レストランで晩飯食べてから、松山駅前の饒河観光夜市に向かい、そこで鬼のようにスナップをし、宿には11時過ぎに戻り、翌朝10時桃園国際机場発の便で日本に戻ったという次第。
では、前半、到着日の士林夜市の様子から翌18日の水南洞~金瓜石のスナップを逐次見て参りましょう。

Taipei173_001.jpg
まず一枚目のカットですが、故宮博物館からバスで士林のMRT駅まで戻り、そこから一駅戻る恰好で士林の夜市に向かい、10分弱ほど歩いたところ、夜市が開かれているエリアに到達し、まず手始めに入り口付近でゴマ団子みたいな揚げ物スィーツを製造直売していた20代後半と思しき小姐の横顔を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_002.jpg
二枚目のカットですが、夜市の開かれている通りを士林駅からひとつ手前の剣潬駅方面に向かって進んでいたら、灯りを煌々と照らしながら、いかにも南洋のフルーツでございといった商品を商っていた露店前で、スマホンを一心不乱に操作していた20代前半の小姐の横顔を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_003.jpg
三枚目のカットですが、ヤクルトジョアみたいなカンジのローカル乳酸菌飲料みたいなものを小さな紙コップに小分けして、道行く人々に味見を勧めているのですが、なかなか相手にして貰えないようで、意気消沈状態の小姐に一杯頂戴と声かけ、呑んでからあー美味しかったとお世辞云ったら、嬉しそうな表情を見せてくれたので、おもむろに写真撮らせてよ、と声かけてモデルさんになって貰ったもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_004.jpg
四枚目のカットですが、行き交う人でごった返す夜市の通りのあちこちでテーブルを囲んで、屋台の味を堪能している、いたいけな地元民の若者各位の姿が目に付いたので、人垣の隙間から、楽しそうに食事をしているちょっと大人めのカポーの様子を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_005.jpg
五枚目のカットですが、これも当夜市のあちこちにテーブルを置いて回転している青空レストランでの一コマで、いたいけな地元の小姐二名組が肩まで届きそうなご自慢の茶髪をせっかくの屋台の味である中華麺のトッピングにしないよう、気にしぃしぃ、時折、手で押さえながら食べていた姿が、世界共通っぽくて面白いので傍らから堂々と一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_006.jpg
六枚目のカットですが、夜市の中で食べ物を商っている店も人気による賑わい具合いにかなりの差があるようで、人気のお店の前には、常にお客が列をなしていて、その様子もなかなか恰好の撮影スポットなので、コバンザメよろしく、いたいけな若い小姐に人気のローカルスィーツの屋台に並んで仲良さそうにスマホンなんか覗き込む小姐二名のお姿を傍らから一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_007.jpg
七枚目のカットですが、やはり甘いもの系の屋台には、甘いものに惹かれるアリの如く、いたいけなローカルの小姐各位が列をなしており、この店の前では、いかにも日本風の赤ちょうちんが飾られていて、その儚げな赤い光に横顔を照らされながら、順番を待ついたいけなローカル小姐の姿を傍らから一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_008.jpg
八枚目のカットですが、ここ士林の夜市に限らず、夜市は飲食店のみならず、衣服やアクセサリ、小物類、そして子供のおもちゃからちゃちなバラマキ用土産物に至るまで、何でもござれの様相を呈しており、たぶん廉価なアクセサリを盤上に並べている露店だったと思いますが、かつての白熱灯にすっかりとって変わったLEDランプに煌々と照らされた盤上を熱心に物色している、おくれ毛が可憐なローカル小姐の横顔を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_009.jpg
九枚目のカットですが、これも士林の夜市で出口付近に近い飲食物の屋台前で順番を待ちながら、一心不乱にスマホンを覗き込み、メールだかラインのメッセをチェックしていた、国防色のジャンパーを羽織り、煌々と光る屋台の灯りを透かした栗色のポニーテールが可憐なローカル小姐の横顔をかなり至近距離まで近寄って一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_010C.jpg
十枚目のカットですが、翌18日は結局12時過ぎに、水南洞観光のスタート地点でもあり、各観光スポットに続く道の分岐点でもあり、それ自体が主要な観光スポットでもある黄金瀑布前広場に金瓜石で乗り換えたバスで到着し、そこでちょいと失礼と運転手に断ってから何枚か撮って車中に戻り、精錬所遺構が一望に見渡せる秘密の展望台に近いバスの折り返し点で下車、10分弱歩いて展望台に到達し、そこから、かつて日本統治時代に建設した東洋最大の金、銅精錬工場遺構の偉容を撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL28mmf2.8による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_011z.jpg
十一枚目のカットですが、精錬所遺構の全貌を展望台からレンズを換え何カットか撮ったのち、また元来た道を引き返し、精錬所遺構の設備の上部構造を埋めて作った広場であるバスの折り返し点まで戻って、そこの海側の断崖絶壁から、先ほど展望台の上から眺めた一番上のコンクリート造の構造物超しに東シナ海を撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_012z.jpg
十二枚目のカットですが、バスの折り返し点から海岸前の駐車場までは黄金瀑布前広場経由、15分もかからない距離で、次のバスを待っているよりは風景でも撮りながら歩いた方が健康にも、時間の使い方的にも遥かに有用なので、バスで登ってきた道を歩きで辿りながら目に入った景色を撮っていたのですが、これは精錬所の排煙を山の頂上付近の煙突に送るための巨大なコンクリート造の煙道の遺構を撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_013z.jpg
十三枚目のカットですが、精錬所の西側の河沿いの道を海岸線に向かって下って行く途上、廃墟と化したかつての精錬所の建物の至近距離まで寄れるところが何か所かありますが、中でも、元工場の事務所のひとつと思しき、サイケデリックな緑青色のペイントが至る所で剥げ落ちて、それこそ廃墟系マニアが目にしたら、ハラショ~!叫んだ次の瞬間、アイゴーx2と感涙に噎び泣き、そのまま白目を向いて悶絶してしまいそうなカンジの建物があったので軒下方向から一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_014s.jpg
十四枚目のカットですが、実は前回、二年ちょい前に訪れた時もこの付近では結構な枚数を撮っていたとは思うのですが、この殆ど丈夫な煉瓦造りの外壁のみを残して崩れ落ちてしまった、かつての屋根を支え、今は赤く錆び付いた軽量鉄骨も痛々しい廃墟は全く記憶になく、今回、金網越しにレンズやらスマホンを山方面に向け、この壮大なる以降の姿を記憶と記録にとどめたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはZeiss Sonnar50mmf1.5による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_015s.jpg
十五枚目のカットですが、水南洞下の駐車場にある基隆市営バスのターミナルから路線バスに乗って、金瓜石まで戻ることとし、山を越え峠を超え、金瓜石エリアの観光のキーステーションである黄金博物館エリアまで辿り着き、今までは観光客の多い、山の東斜面上の再開発エリアを避け、寧ろ、道路を挟んだ西側斜面の地元民生活圏の方でスナップをやっていたのですが、今回はほんの気まぐれで、博物館エリアにあるレストランで食事後、上の皇太子来臨用施設周辺を探検してみようと思い、登ってみたところ、ベトナム、韓国とこのところ縁がある、旧大日本帝国時代に敷設された古い線路が残されており、その上に置かれたトロッコで観光客が思い思いに記念撮影をしていたので、いたいけな極小姐の写真を撮っていた若いヲヤヂさんに声かけて、娘姉妹をモデルさんとして供出して貰ったもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはZeiss Sonnar50mmf1.5による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_016.jpg
十六枚目のカットですが、今まで在るのは知っていたのですが、本殿は取り壊され、しかも結構な険しい石段を登らねばならないので、無意識に避けていた「金瓜石神社」遺構に今回はどうしても登ってみたいキブンになり、途中から立ち込めてきた濃霧もものかわ、急な石段を10分近くも登って、尾根の高いところにある、神社遺構にお参りをしようと平らになった参道を歩いていると、本殿手前の石柱群の間をいたいけなカポ-が俯き加減で霧の中から現れたので、ナイスシャッターチャンス!と心の中でご本尊様に手を合わせて撮った必殺ショット。
カメラはLeica M8、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_017s.jpg
十七枚目のカットですが、神社遺構にお参りをしてからまた下に降りて来て、かつての採掘坑のひとつである本山五坑前の観光広場に残されている鉱山用トロッコの線路の上を、ところどころで記念撮影しながら仲睦まじく歩く親子の姿を濃霧超しに撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはZeiss Sonnar50mmf1.5による開放での絞り優先AE撮影です。

さて次回は3/19昼から夕方にかけての鹿港老街、そして夜に台北戻って、駅二階食堂街で晩飯食べた後、鉄道で松山駅まで移動し、死力を振り絞ってスナップを敢行した饒河観光夜市の様子をお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2017/03/26(日) 21:00:00|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

An astounding eye with the saint's name~Petri CC Auto 55mmf1.4~

Petri55mmf14.jpg
さて今宵のご紹介は、先週の予告通り、工房附設秘宝館から、今や稀少レンズの部類に入ってしまった感もある、PETRI CC Auto 55mmf1.4いきます。
このレンズ、実は二年近く前には工房に有り、座間基地の開放デーなんかにも持ち出していたのですが、開放での滲みがあまり好みでなかったので、そのまま防湿庫の奥底に仕舞われたままになっていたのですが昨年、ふと思い出し、前群、後群とも取り外して徹底的にクリーニングとコバ塗り等を強化、更に内鏡胴のツボにも反射防止対策を施し、不必要な開放時のフレアを劇的に減少させることが出来たため、出待ちとなったまま、再び忘れられていたもの。
構成は5群7枚のいわゆるズマリット型、発売は1970年台初めで、おそらくは1/1000の最高速を持ったフラグシップ機FTの登場とともにラインナップに加えられたものと思います。
では、土曜日の世界各国からの観光客で賑わう築地界隈での実写結果を逐次見て参りましょう。
カメラはX-Pro2、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

Petri5514_001.jpg
まず一枚目のカットですが、工房の在るマンション内に築地勤務者が多く、不用意にカメラなんか提げて場内で遭遇すると、「仕事場にノコノコカメラなんか提げて遊びに来やがって!」とか後で云われるのもイヤなので、なかなか場内へは足が向かなかったのですが、当の親分格にたまには場内も撮りたいですなぁ・・・とか切り出したら、あぁ、観光客がたむろしている東から北の食堂棟の辺りなら面白いんぢゃないの(≒邪魔にならない)とのご託宣を戴いたので、場外で絶品焼き鳥丼の味見後、まずは場内へ足を踏み入れ、団子屋茂助の店頭でいたいけな女給さんが団子を商っていたので、横から数枚戴いたうちのベストショット。

Petri5514_002.jpg
二枚目のカットですが、確かに北の食堂棟の界隈は海外からの観光客で賑わっていて、お互い知らない同志で記念撮影のシャッターの押しっこなんかして、なかなか良い雰囲気だったので、それに乗じて、今週初めにポーランドからやって来たと云う美男美女のカポーに声かけて、食堂棟前でモデルさんになって貰ったもの。

Petri5514_003.jpg
三枚目のカットですが、観光客でごった返す食堂棟をシャッターチャンスの宝庫と呼んだのは、何も工房主だけではなかったようで、中国ないし台湾からの鋭い目つきをした小姐が時折、携帯で怒鳴りながら、愛機EOSで食堂棟の合間を縫って、市場の美味にありつこうと行列を為す世界各国の観光客の喜怒哀楽の表情を撮っていたので、当の本人が油断した隙に一枚戴いてみたもの。

Petri5514_004.jpg
四枚目のカットですが、同じく場内北エリアの食堂棟の間で、行列に恐れをなしたか、並ぶでなし、立ち去るでなし、ガイド本とスマホンからの情報を併用して、何とかして世界に冠たる築地の美味を堪能しようと試行錯誤をしていた白人の老夫婦の哀愁に満ちた姿を人垣の陰から一枚戴いてみたもの。

Petri5514_005.jpg
五枚目のカットですが、ここ場内食堂棟の中に建つ店の中にも人気不人気の格差は結構あって、真ん中くらいの入り口に一番近いところの海鮮丼専門店は、高額な寿司屋が多い築地界隈に在って、比較的庶民価格で様々な種類の海の幸を愉しめるとあって、店の前の行列はまさに長蛇の列で、店の人に何分ぐらい待つのかと聞いた人が居ましたが、だいたい1時間は覚悟して貰わないと、ということで、カーカー云いながらひたすら忍の一字で耐え忍ぶタイ小姐観光客ご一行様の姿を頂戴したもの。

Petri5514_006.jpg
六枚目のカットですが、場内食堂棟の南側、遠くに晴海方向の高層ビル群が見える辺りの通路際の壁面に可憐な小さい黄色の花を生けたプランターが置かれているのが目に留まったので、最短距離の描写を見るため、しゃがんで一枚撮ってみたもの。

Petri5514_007.jpg
七枚目のカットですが、人気の行列店ひしめく場内食堂棟では、他の客とのトラブルを避けるため、全員が揃ってからでないと列に並ぶことを認めない店もあるようで、食堂棟の南側の通路で、先に到着したメンバーが首を伸ばし、スマホンの画面を睨みつけ、次第に人が集まり、長くなる一方の行列を横目に眺めあぁ遅い、何やってんだろうとやきもきする後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

Petri5514_008.jpg
八枚目のカットですが、人気の鮨、海鮮丼のお店がひしめき合う場内食堂棟に在って、この天婦羅屋さんもなかなかの人気店のようで、店先には目の子で7~8m程度の行列が出来ていて、土曜当日はそこそこ気温も低かったため、防寒着もしっかり着込みながら、足踏みなどしながら店の前で自分達のために引き戸が開けられるのをひたすら待っていた中国ないし台湾からの若いカポーの後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

Petri5514_009.jpg
九枚目のカットですが、食堂棟の人気店前で順番待ちの行列の人々を撮るのも飽きて来たので、僅かに開いている一般人にも商いをしている場内の商店でも見回ろうと思い、食堂棟の一番西の棟間通路から北の水産品梱包場エリアに抜ける辺りで開いていたおそらくは練り物屋さんと思しき店頭で物色していた母娘のシルエットを一枚戴いてみたもの。

Petri5514_010.jpg
十枚目のカットですが、場内食堂棟北側の水産加工品梱包場エリアを抜け、また水神様のお社や吉野家一号店などが在る東店舗棟方面に歩いていたら、自転車に乗った初老のヲヂサンが上機嫌でよろよろと走って来て、ちょうど良い画面構成上のアクセントとなったため、すかさず一枚撮ってみたもの。

Petri5514_011.jpg
十一枚目のカットですが、前々から場内のターレット整備場に面したゲートに繋がる通路を歩く度に目を惹かれるのですが、普通、フォークリフトと云えば、その動力源はガソリンかディーゼル、最近は電動も増えて来たようですが、ここ築地には、個人タクシーぢゃあるまいし、なんとプロパン燃料のフォークリフトが有って、その後ろから見たデザインがコミカルなロボットの顔みたいでとても面白く、今回も思わず一枚撮った次第。

Petri5514_012.jpg
十二枚目のカットですが、そろそろ場内を後にして、場外の買い物客でも撮りましょうかとか思い、出口に向かって歩いていたら、そうそう、忘れ物があるでしょ♪とばかり、燦々と陽光を浴びながら運転手は背筋をピンと伸ばし凛々しい表情で電動ターレットが疾走して来たので、とっさにカメラを構え、一枚ものにしたもの。

Petri5514_013.jpg
十三枚目のカットですが、ここも場内の外れ、東店舗棟の西側に位置する水産品の宅配便仕分・梱包場で二人の若い衆が息を合わせ、ちゃっちゃっと手際良く次々と荷物を捌いていたので、そのシルエットを外から一枚戴いてみたもの。

Petri5514_014.jpg
十四枚目のカットですが、波除神社前の出入り口から外に出て、場外市場一番西側の市場の東フェンスに沿った通りを歩いて一番賑わうエリアへ向かう途中、店舗の前にさりげなく色違いのターレットが停められていたので、一番北側に位置する、他の黄色のものとは違い、白地に青の塗り分けもスタイリッシュな一台のハンドルにピンを合わせて撮ってみたもの。

Petri5514_015.jpg
十五枚目のカットですが、同じく場外で一番西側の通りに面した乾物屋の店先で、おそらくは知り合いか親戚が子供連れで訪れたのでしょうか、いつもは苦み走った総白髪の初老の店主がいかにも嬉しそうな表情で赤子を背負った母親に話し掛けている様子がとても微笑ましかったので、通りざまに一枚戴いてみたもの。

Petri5514_016.jpg
十六枚目のカットですが、同じく場外市場で一番西側の通りの東面で昔からやっている瀬戸物屋さんの店頭で、黒い革ジャンを決めた年配の白人女性がかなり真剣な眼差しで、ご奉仕品の箱の中から自分だけのお宝を発掘しようとでもしているのか、次々と取り上げてはためつ眺めつしている様子が面白かったので通りざまに一枚戴いてみたもの。

Petri5514_017.jpg
十七枚目のカットですが、同じく場外市場一番西の通りの路上で、上海からおととい到着して、居ても立っても居られず、築地は初めての奥方とまだ幼い愛娘を連れ、学生時代良く通ったという築地市場にやって来たという、中国人の一家の記念撮影のお礼にモデルさんになって貰ったもの。

今回の感想ですが、やはり50mmクラスのf1.4は各社、実質上のレンズのフラグシップですから、力を入れていることが判ります。
おそらく、55mmf2.0はOEM品を含め3~4本は当工房に有りますが、そのどれよりもこの55mmf1.4は開放での滲みが少なく、コントラストも高く、単純に比較は出来ませんが、工房主の好みを熟知している川崎の協力工場でOH時に味付けされたLeitz Summarit50mmf1.4よりソリッドな写りかも知れません。
ただ残念なのは後ボケがやや硬く二線気味なのと前ボケはぐずぐず気味で構図上苦しいものがあることです。

それでも、悲運に泣き、日本の光学史上から早々に撤退せざるを得なかった物故メーカーの主力レンズがここまでの性能を発揮してくれたことはとても嬉しく思いました。

さて来週は海外遠征で一週スキップ、下旬の更新でその成果をアップしようと思います、乞うご期待!!


  1. 2017/03/12(日) 19:59:25|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Birth of ultimate optics in F.G.W.G.~Fukagawa 7th Anastigmat45mmf1.7~ 

Fukagawa Anastigmat7-1
さて、今週のご紹介は、確定申告のペーパーワークが何とか夕方までに目鼻ついたので、なんとかブログの更新に辿り着き、前回、覆面レンズとして登場した、当工房オリヂナル設計、製造の標準レンズのご紹介いきます。

このレンズは元々、前にご紹介したOlimpus PenF等を遺してくれた近所の遠縁のをぢさんの持ち物で、本家の収納庫に30年以上もしまわれていて、工房主へ譲るという直筆の手紙とともに発掘されたため、元より古いカメラなどに興味など全くない、当主の従弟からやっと本来の相続人の元へやって来た中の一台のコンパクトカメラのレンズで、その時点検したら、何故か後玉にひどい引っかき傷があったのとシャッターが粘り、二重像も薄くなっていたので、何とか役に立てたいという思いはあったものの、具体的なアイデアが湧かないまま更に防湿庫の中で2年ほど眠っていて、突如閃き、工房に蓄えられていた、別のレンズの後群と組み合わされて新たな内鏡胴、そしてヘリコイドを得て、さすがに回転ヘリコイドではなかったので、ミラーレス用の標準域レンズとして生を受けたものです。
構成は4群6枚の標準的なプラナータイプです。
では、さっそく、この奇跡のレンズの実力を見て参りましょう。カメラはX-Pro2、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

Fukagawa7th_001.jpg
まず一枚目のカットですが、先にご紹介したヤシカ製ズーム35-70mmf4の試写を終え、表参道に面したちょっとした広場でこのレンズに換装し、まずは目の前のタブレットで一心不乱に地図の確認をしていた、中国からの二人組の小姐の後ろ姿を拝借して試し撮りを行ってみたもの。

Fukagawa7th_002.jpg
二枚目のカットですが、中国からの小姐の隣には、タイから来たと思われる若いカポーが居て、この人達も、周囲はそっちのけで、男性の撮ったEOSの背面LCDモニタを一心不乱に覗き込んだまま、何とはなし盛り上がっていたので、至近距離まで近寄り、その熱心なお二方の横顔を一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_003.jpg
三枚目のカットですが、表参道に面した広場からまた元来た原宿通り、竹下通り経由、明治神宮前駅まで戻ることとして、歩き出してすぐ、一段高いところに位置するガラス張りの瀟洒なブティックみたいな店舗脇の道をいたいけな若者各位が次々と絶え間なく通り過ぎて行くのが目に留まったので、その様子がなかなか画になると思い、狙い定めて一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_004.jpg
四枚目のカットですが、ここも原宿通りの観光スポットのひとつらしく、店舗にロボット犬が置いてあり、その犬が常にドッグフードを食べるしぐさをしているのがなかなかユーモラスでいたいけな若者のハートを鷲掴みにするのか、常に誰かしらが横に立って記念撮影などやっているので、中国人一家が小々姐に頭を撫でさせているところを記念撮影している斜め横から一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_005.jpg
五枚目のカットですが、ここ原宿通りは目抜き通りの表参道や、ドル箱の竹下通りから比べれば、人通りこそ少ないですが、それでも都内のファッションの最先端エリアの一部であることは疑いようもなく、洒脱なデスプレイを誇る、若者や外国人観光客向けの店舗が軒を並べており、その中でもオッサレ~な帽子をラックに掛けて飾っていたお店があったので、これ幸いにと一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_006.jpg
六枚目のカットですが、同じ原宿通りの途上、地図持参で道を聞いてきた、いたいけな米国人の小姐二名が居たので、聞かれたことにはちゃっちゃとお答えし、ついでに手製のレンズのテストやってる最中なんで、せっかくの美人揃いなんだから協力して行ってよと頼んだら、まぁ面白い♪ということでモデルさんになって貰ったもの。

Fukagawa7th_007.jpg
七枚目のカットですが、ここも原宿通りで、先のヤシカ製ズームでテストを行った、地下にあるレストランだかカフェの看板代わりのオブヂェである階段横の木製ロッキンチェアにランタンみたいなものを乗っけて、まだ陽のあるうちから光らせていたのを一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_008.jpg
八枚目のカットですが、竹下通りとここ原宿通りを隔てる大きな通りの手前まで戻って来たら、いたいけな小姐のグループがいわゆるナンパを待っているのか、或いは所持金が底を尽き、他に行くところもないのでただたむろしているだけなのか判りませんが、とにかくスマホンなどいじりながら漫然と立ち尽くしていたので、その様子を背景の通りと合わせて一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_009.jpg
九枚目のカットですが、竹下通りに再び戻って、シャッターチャンスを探しながら歩いていたら、とあるクレープ店で、季節外れのサンタクロースみたいな赤いモコモコのお揃いの衣装でクレープを贖っているいたいけな小姐二名組が居たので、音もなく近寄り、シャッターを切ったところ、妙に感が良く、振り返ってカメラ目線となったもの、でもシャッター切ったあと横ピースされても遅い・・・

Fukagawa7th_010.jpg
十枚目のカットですが、これも竹下通りで、お揃いファッション、イメージ的にはヤクルトスワローズの巨大な九官鳥かなんかのマスコットを彷彿とさせるような光沢のある長めのジャンパーに背負い紐が何となく長めでルーズなカンジのピンクのリュックを背負い、白いミニのフレアスカート履いた山出しっぽい小姐二名組がショップ店頭のバーゲン品を一心不乱に物色していたので、2mくらいの距離から一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_011.jpg
十一枚目のカットですが、竹下通りも原宿駅に近いところまで戻ってきたところ、ふと通り横の側道入り口の脇にしゃがみ込んでいた、優しい目をしたテンガロンハットの美青年?と目が合ったので、これも何かのご縁、と思い、やぁ、とってもクールに決めてるねぇ、ところで手製のレンズのテストやってるんだけど、どう写るか興味無い?とか一気に話し掛けたら、実は女性・・・面白そう、ぢゃ、撮ってみて、ということでモデルさんになって貰ったもの。

Fukagawa7th_012.jpg
十二枚目のカットですが、竹下通りの中ほどを過ぎた辺りで、スキンヘッドのヲヤヂさんを頭領としたなかなかファンキーな一家が居たので、手製のレンズのテストしてるんだけど、協力してくれる?と聞いたら、おもむろに「TV局のイタズラ番組か何かか?」とか真顔で聞いて来て、いや違う、趣味で遊んでいるだけだけど、と返したら、判った、じゃ四人でちょっとパフォーマンスするからその瞬間撮ってみろ、と云われて撮ってみたもの。

Fukagawa7th_013.jpg
十三枚目のカットですが、来る時もシャッターチャンス満載だった、七色綿菓子を商う店の前までやって来て、さて何か面白いものはないかと物色していたら、インドネシア人っぽいエキゾチックな顔立ちの極小姐がもう七色綿菓子を食べ終えようとしているのか、その巻き芯材である竹のひごみたいなのから手でむしっては口に運んでバクバク食べていたので、その対比が面白く人垣越しに一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_014.jpg
十四枚目のカットですが、ここも七色綿菓子のお店の店頭のちょっとした広場で、いたいけなOL風の若い小姐グループが脇目も振らず、本来ならダイエットの大敵であるはずのザラメ糖の化身である綿菓子片手に恋バナだか、余暇の過ごし方に関する突拍子もない話を仲間としながらうんうん頷いたり、ケタケタ大声で笑い出したりと傍弱無人の盛り上がりぶりだったので、斜め後ろからそっと一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_015.jpg
十五枚目のカットですが、竹下通りもどん詰まり、山手線と並行して走る大きな幹線道路から通りに下る、ちょっとした坂道の上から、通りの賑わいを写し取るべく、ただ漫然と何処にピンがあるのか判らない写真では意味がないので、手前の小姐グループの比較的美形の、黒キャップのアガシにピンを合わせて撮ってみたもの。

今回の感想ですが、うーん、やっぱり、国産の高級コンパクトカメラはイイレンズ使ってたんですね。何処のメーカーを使ったか明かしてしまうとヂャンクの程度の良いものが払底し、ロクなことにならないので、ここでは伏せますが、加工さえきちんと行えば、違う会社同士のエレメントでもここまでパフォーマンス発揮してくれるのですから・・・

さて、次回は秘宝館から何か紹介しましょうかね、乞うご期待!!
  1. 2017/03/05(日) 22:19:57|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Road to the greatest festival of optics in Yokohama 2016.

さて先週の予告通り、今週はそこはかとなく異国情緒の漂う港町横浜はみなとみらい地区にあるパシフィコにて一年に一度開催されているカメラと写真と映像の総合展示会CP+2017への道すがら、いつもの愉快なお仲間各位と山手の洋館街から元町の中華街をそぞろ歩きしましたので、道中撮ったスナップと会場内のいたいけなコンパニオン各位のスナップをお送り致します。
カメラはX-Pro2、レンズは開発中の試作45mmf1.7プラナータイプです。

CP_17_001.jpg
まず一枚目のカットですが、午前中は別行動だったため、一行とは14時前にエリスマン邸で落ち合うことになっていて、集合後、メンバーがぬいぐるみとアマチュア写真を展示しているという洋館に居るとのことなので、そこに向かい、一階の窓際に置かれていた、宮沢賢治の童話の世界にありがちな典型的なネコ目の猫のぬいぐるみを他の見物客に倣い、至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_002.jpg
二枚目のカットですが、洋館での写真展の見物後、さぁてどうやってみなとみらいさ出っぺか?ということで路上で思案しながら、近所の洋館の生垣の千両だか南天だかに赤い実がびっしりとなっていたので、レンズの性能チェックの目的で、他のメンバー同様至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_003.jpg
三枚目のカットですが、結局は港の見える丘方面と元町へ降りるルートの分岐点まで歩いていって、そこで雰囲気で決めましょうというような成り行きになって歩き出し、外人墓地手前の灯台みたいなデザインの真っ白い電話ボックスの反対側に建つ洋館レストランの二階から蒼い空に翻るフランスの国旗トリコロールをモチーフにした旗を撮ってみたもの。

CP_17_004.jpg
四枚目のカットですが、外人墓地を過ぎ、元町方面へ下るルートを撮ることとし、分岐点を少し過ぎた辺りで横浜管区気象台があり、その入り口に、使っているのか、或いは湘南に有りがちなオシャレな表札替わりのオブヂェなのか判らないですが、潮風にやれたカンヂのヂュラルミンのプロペラも渋い雰囲気の風向/風速計が置かれていたので、これも至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_005.jpg
五枚目のカットですが石川町駅まで降りて元町方面を目指して歩いていたら、洋館街でも何組か目にしましたが、当日は天気も良く、六曜もたぶん仏滅以外だったのか、結婚式場らしき建物の前で木遣りを披露すると思しき鳶の装束の中年男数名を目にして、程なく、なんと神輿まで出て来たので、これ幸いと通りざまに一枚戴いてみたもの。

CP_17_006.jpg
六枚目のカットですが、暫く歩くと、すぐに中華街のランドマークのひとつである嗎祖廟前に出て、その門前に対で置かれていた大理石製の狛犬とシーサーの中間形態みたいな巨大な魔除けのオブヂェを至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_007.jpg
七枚目のカットですが、この日の中華街は相変わらず日本人家族連ればかりでなかなか撮影に協力してくれそうな手頃なモデルさんが見当たらなかったので、路上で盛大に湯煙を立ち昇らせ中華スィーツを商っているいたいけな小姐二名のうち奥の方を撮ってみたもの。

CP_17_008.jpg
八枚目のカットですが、嗎祖廟から、昔何回か顔を出したことがある中古カメラ屋が関帝廟の裏の方に在るというので、とりあえずそこに立ち寄ってみませうということで、通りを歩きながら被写体を物色していたら、関帝廟の程近くの路地で仲睦まじく、大雨後の用水路の中のカエルの卵みたいで不気味な雰囲気の黒タピオカミルクティなんかとっかえひっかえ飲んでいるカポーが居たので、「油断大敵火事ぼうぼう」と心の中かで呟きながら傍らから一枚戴いてみたもの。

CP_17_009.jpg
九枚目のカットですが、これも関帝廟近くの路上の点心か何かを商う物販店の店先で、女友達同士で並んで買い求めた獲物についての相互論評に余念がなく、せっかくの点心が冷めるに任せていたので、店頭の賑わいを背景として、その様子をつぶさに捉えてみたもの。

CP_17_010.jpg
十枚目のカットですが、人混みを縫って歩き、やっと関帝廟前まで辿り着いたところ、少々高い階段を上りきったところで、視線も鋭く、眼下の通りを行き交う人々を睥睨する国籍不明の母娘の姿が目に留まったので、これ幸いにと階段の途中から見上げる格好で一枚戴いてみたもの。

CP_17_011.jpg
十一枚目のカットですが、同じく関帝廟へ登る階段の上、反対側に向きを転じてみれば、防寒着完全武装の小姐二名組のうち一名が昔懐かしいディビークロケットを彷彿とさせるアライグマかなんかの毛皮の帽子を被っていて、相方の小姐と大声で歓談に打ち興じていたので、またしても心の中で「油断大敵火事ぼうぼう」とか呟きながら関帝廟の荘厳な屋根をバックに一枚戴いてみたもの。

CP_17_012.jpg
十二枚目のカットですが、関帝廟を後にして歩き出して直後、近くの路上で果物を商う露天商を取り囲む人々の中にいたいけな幼子を連れた若い夫婦者が混じっているのが目に留まり、品定めをしていたにも関わらず結局、値段が折り合わなかったのか、立ち去ろうとする刹那、午後遅くの斜めの陽光に幼子達の柔らかな髪の毛が輝いたところを捉えたもの。

CP_17_013.jpg
十三枚目のカットですが、元町駅方面への中華街の出口付近に昔懐かしい雰囲気のイラストが描かれた看板を入り口に立て掛けていた喫茶店が在ったので、店頭を背景として午後の斜めの陽光を照り返すその看板を撮ってみたもの。

CP_17_014.jpg
十四枚目のカットですが、元町駅まで辿り着き、駅前でタクシーを拾い、CP+2017の会場であるパシフィコ横浜に入ったのはほぼ予定通り15時半、暫く併設の中古カメラ市を冷やかしてから、メインの展示会場に入ろうぢゃまいかということになって、会場見物を始めたのがおおよそ16時半前、真っ先に綺麗どころを撮ろうということで、いったん散開後、カシオ計算機さんのブースで太っ腹にもコンパニオンの撮影を自由にさせていたので、一枚撮らせて貰ったもの。

CP_17_015.jpg
十五枚目のカットですが、たぶんアクセサリー系の会社のブースだと思われるのですが、東京オートサロンからそのまま転戦してきましたと云わんばかりの露出オーバーのいたけな小姐二名がガンガンにスポットライトで照らし、肉眼で見てもハレーション起こす寸前のコンディションでカメ爺、カメ兄が撮るのに任せていたので、ではご厚意に甘えまして、ということで傍から一枚戴いたもの。

CP_17_016.jpg
十六枚目のカットですが、パシフィコ会場内サンディスクさんのブースでは蒼いスカーフを首に巻き、白基調のスーツに身を固めた清楚で知的な雰囲気の小姐が、これも太っ腹にポートレを許していたので、ぢゃここでもご厚意に甘えましてとモデルさんになって貰ったもの。

CP_17_017.jpg
十七枚目のカットですが、今回のベストカットではないかと思っていますが、会場閉場寸前に歩いていたら、キャノンさんのブース、他社とは異なり、自社製のカメラ以外ではダメとか、並んで所定の位置からではなければダメ、とか小うるさいことを言わず、動線の邪魔にさえならなければご自由にどうぞ、ということだったので何枚か撮らせて貰ったうちの一枚。

今回の感想ですが、うーん、まだ試作段階すが、このレンズ、X-Pro2のEVFのデシタルスプリットイメーヂも良く効くし、そこそこ立体感ある写りだし、面白そう、今度はもうちょい広角側で設計してみましょうかね。 

さて次回は何が出てくるか?確定申告の書類準備の進捗次第です・・・乞うご期待!!
  1. 2017/02/26(日) 22:31:07|
  2. イベント写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A hawk with aggressiveness could hide its nails~Yashica ML35-70mmf4~

Yashinon3570.jpg
さて、今宵のご紹介は予告通り、新春川越ツアーの最中にたまたま立ち寄ったカメラ屋さんの店頭でお茶を挽いていたかつての銘レンズ、Yashica ML35-70mmf4の実写結果をレポート致します。
まずこのレンズですが、1978年に旧ヤシカが独カールツァイス財団との協業で始めたコンタックスシリーズの廉価版という位置づけで同じYCマウントを使ったFR、FXシリーズの交換レンズとして1980年台初めに発売されたもので、7群7枚の構成、当然のことながら、コーティングにはT*は奢られておらず、富岡光学の普通のマルチコートが施されています。
ただ、廉価版と云いながら、鏡胴の材質は総金属製でずっしりと重く、刻印も深くしっかりと刻まれており、やはりコンタックスの兄弟分であるというアイデンテテーは十分に主張しています。
では、土曜日の原宿竹下通りでの撮影により、実写結果を眺めて参りましょう。
カメラはX-Pro2、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

Yashinon3570_001.jpg
まず一枚目のカットですが、まずは腹ごしらえをしてから腰を据えて撮影、と思い、前々から来よう来ようと思いながらなかなか機会の無かった、原宿の伝説のカレー「Ghee」へ立ち寄るべく、副都心線「北参道駅」で降りてからお店に向かう途中に小学校の門の脇の梅が満開状態だったので、思わず足を止め、見上げる格好で一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_002.jpg
二枚目のカットですが、「伝説のカレー」を美味しく戴いてから、原宿方面を目指し、西に向かって歩いて行ったら、某宗教団体の建物が開放しているミニ庭園のようなスペースへの門扉から見えたので、中に入って、その不可思議な造形を曇り空をバックに一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_003.jpg
三枚目のカットですが、程なく原宿の線路伝いの道路に出て、竹下通りを目指して南下しようとしていたら、いかにもアーリーアメリカンテイストをプンプン匂わせたカンジの陽気な飲食店が在って、その店頭で、陽気なヤンキー娘がお尻フリフリ、真っ赤なスーモ君みたいな着ぐるみと販促活動をやっていたので、拙者かくかくしかじかの者であーる、ついては一枚撮らして欲しいと声を掛け、ノープロブレム♪てなことで手慣れたカンジでモデルさんやってくれたもの。

Yashinon3570_004.jpg
四枚目のカットですが、竹下通りの入り口のゲートのところまでやって来たら、如何にもアメリカから観光に来てやったぜベイビィ♪てな家族連れがヲヤヂさんの腕伸ばしの秘技で竹下通りの雑踏をバックにスマホンで記念撮影しようとしたものの、なかなか得心行くカットが撮れないのか、何度も首を傾げて撮り直ししていたので、声かけて記念撮影して上げたお礼にモデルさんになってくれたもの。

Yashinon3570_005.jpg
五枚目のカットですが、竹下通り入ってすぐ左側のマクドの出入り口付近で、如何にも地方から出て来て、東京小姐風の装束してますよと云わんばかりの気立ての良さそうな小姐二名が顔を寄せ合って、スマホンの画面を覗き込み、楽し気に盛り上がっていたので、その様子を70mm域の威力を発揮して通りから一枚戴いてみたもの。

Yashinon3570_006.jpg
六枚目のカットですが、同じく竹下通を100m程度中に入った辺りの交差点南角にある、かなりシュールというかグロ系の看板を掲げたハイファッション系のクツ、カバン店をバックに雑踏を行き交ういたいけな若者各位の様子を一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_007.jpg
七枚目のカットですが、竹下通り中ほど南側にある、建物の間の通路みたいなところ奥まったところに在る、レストランだかカフェへのエントランスの造作が、ここ人で溢れ返った原宿のど真ん中に在りながら、まったく人の気配すら感じさせない佇まいを見せているので、その対比が面白く、一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_008.jpg
八枚目のカットですが、竹下通りの真ん中をちょい過ぎた辺りで、七色?の綿あめを商うお店が在り、それが意外なことに外国人観光客のみならず、いたいけな国産小姐からその保護者たる親御さん達各位にも人気のようで、建物のエントラス前のちょっとしたスペース一面に七色のとぐろを巻いた綿あめを持った若者がたむろしている様子を一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_009.jpg
九枚目のカットですが、これも通りの真ん中を過ぎてからすぐの南側に在るクレープ屋さんの店頭ですが、なかなか優しげな佇まいの金髪兄ちゃん店員に人気が有るのか、明らかに他のお店とは違って、いたいけな若い小姐のお客が並び、或る者は照れくさそうに、或る者は如何にも嬉し気にお金を払い、金髪兄ちゃんからクレープを受け取る様子が面白かったので傍らから一枚戴いてみたもの。

Yashinon3570_010.jpg
十枚目のカットですが、もう明治通りとの交差点が見え掛けて来た、竹下通りもどんづまりの辺りでいったん立ち止まり、元来た方向の人の賑わいを撮ってみようとふと考え、カメラを構え、EVFを覗いたところ、足早に物憂げなやや年配の小姐が通り過ぎようとしていたので反射的にシャッター切ったもの。

Yashinon3570_011.jpg
十一枚目のカットですが、明治通りを挟んで反対側にも、この竹下通りの延長戦みたいなストリートが有って、竹下通りほどではないのですが、それなりに賑わっているようなので、引き続き、そちらへ進み撮ってみようと思い、道路を渡ってすぐの辺りで通りの様子を撮ってみたもの。

Yashinon3570_012.jpg
十二枚目のカットですが、明治通りを挟んだ竹下通りの延長はどうやら原宿通りと云うらしいのですが、ここでもやはり通りに面したクレープ屋さんやアクセサリ屋さん等々が主流らしく、いたいけな年端もいかぬ若者でごった返すあちらでは落ち着いて買い物もできないのか、或る店頭に白人観光客が鈴なりになって、真剣に商品の物色しているところが面白かったので一枚戴いてみたもの。

Yashinon3570_013.jpg
十三枚目のカットですが、住宅街との境目に位置する商業ビルの地下に位置するカフェへの看板代わりの骨董ものの木製の椅子に白熱灯ランプを乗っけたオブジェが如何にも場違い感を漂わせながらイイ雰囲気を醸し出していたので一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_014.jpg
十四枚目のカットですが、この原宿通りはどこまでも真っすぐに続くわけでもなく、どん詰まりはコンクリートの壁伝いの左手方向へ登る緩い坂のようになっていて、そのコンクリート壁面にさすが若者とファッションの街だけあって、韓国は釜山の甘川洞文化村を彷彿とさせるような壁画が描かれており、その手前でどこに行くか楽し気に相談していた母娘の姿を認めたので70mm域で一枚戴いてみたもの。

Yashinon3570_015.jpg
十五枚目のカットですが、どん詰まりの手前に南北へ走る通りとの交差点があり、ここは前回撮影に訪れたことが有って、南へ抜ければ、表参道方面へ抜けられ、その手前にもなかなか撮影に宜しいエリアがあるので、迷うことなくそちらに進む途中で南方向を撮ってみたもの。

Yashinon3570_016.jpg
十六枚目のカットですが、原宿通りから南へ抜ける道の途上も元は閑静な住宅街であったにも関わらず、今や小粋なカンジのファッションストリートと化しており、ここも背後は普通の民家やアパートというロケーションにも関わらず、ラッパーっぽいファッションアイテムを商っていて、店頭に趣向を凝らしたマネキンが置いてあったので店のエントランスをバックに一枚戴いてみたもの。

Yashinon3570_017.jpg
十七枚目のカットですが、もう表参道とは目と鼻の先に位置するラルフローレンの重厚な佇まいの店舗ビルの傍らを行き交う様々な年齢、国の人々の姿を広角端である35mmで撮ってみたもの。

今回の感想ですが、うーん、なかなか難しいレンズでした。この後に換装してテストした単焦点f1.7クラスのものと比べると、コントラストが不十分なのか、デヂタルスプリットイメージの効きが今一つで、しかも、この日は朝からスマホンで目を酷使し過ぎて本調子ではなかったようなので、果たしてこのレンズの真価を引き出すことが出来たかどうか・・・

さて、次回はCP+2017に乗り込んでのレポートです、乞うご期待!!
  1. 2017/02/19(日) 21:00:00|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Return of the silver chevalier~Primoplan58mmf1.9 tuned by F.G.W.G~

さて、今宵のご紹介は予告通り、かつて、目測に近い距離目盛りを使ったR-D1sでの実写結果をアップしたPrimoplan58mmf1.9を堅くて指紋が取れそうなくらいヘリコイドのグリスが固まってしまったのを機会に全部バラバラにして、グリス入れ替えのみならず、エレメントの清掃から内面反射対策までやって組み直したPrimoplan58mmf1.9を同じドイツの玉の試運転の伴走機としてテストしたので、その結果を見て参りましょう。
レンズの詳しい解説は、かつて鎌倉での試写の際、書いていますので、そちらをご参照下さい。
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/blog-entry-192.html

Primo_001.jpg
まず一枚目のカットですが、一本目の試写を終え、再び浅草寺に舞い戻ろうとしたら、何と宝蔵門前で韓国人小姐集団が見るも愛くるしいお揃いの着物着て、ひょうきんなポーズ決め、一人をカメラマンにして撮っていたんで、一番左の小姐に韓国語で話し掛け、日本語も判るとのことだったので、撮って上げるからモデルさんになってよ、とお願いして一枚撮らせて貰ったもの。

Primo_002.jpg
二枚目のカットですが、韓国人小姐との約束通り、彼女達のスマホンで縦横2カットほど撮って上げ、ずいぶん喜んで貰えたのを確かめてから、いとまを請い、次に向かったのが伝法院通りでさっそく遭遇したアメリカからの学生さんというカポーに通りの風景をバックにモデルさんになって貰ったもの。

Primo_003.jpg
三枚目のカットですが、この伝法院通りはホンマは国際通りなんのんちゃうか?と錯覚を覚えるくらい、色々な肌の色、装束の老若男女が行き交い、その中でもちょうどごついディープサウス辺りから出て来た元ロードウォリアーかプロレスラー上がりみたいな中年パパがいたいけな双子ちゃんの乳母車を押して破顔しながら歩いてきたので、声かけてモデルさんになって貰ったもの。

Primo_005.jpg
四枚目のカットですが、伝法院通りから飲み屋の有る通り、そして花やしき遊園地前経由、また浅草寺境内に戻り、先ほどはスルーしてしまった手水場へ足を向けてみたら、ちょうど、お揃いのレンタル着物に身を固めた中国人親子が律儀にも参拝前の禊を見様見真似で行おうとしていたので、反対側からその様子を一枚戴いてみたもの。

Primo_006.jpg
五枚目のカットですが、次に境内での定点観測スポットであるお神籤売り場に移動してみると、居ました居ました、中国人のレンタル着物軍団が、あたかも秦の始皇帝の兵馬俑の如く似たようなカッコで群れをなしていて、そのうち数名がお御籤にチャレンジし、中をろくすっぽ読まないカンジで、むしろ柵に結ぶところを撮りっこすることに注力していたので、大胆にも至近距離に紛れ込み、その様子を一枚戴いてみたもの。

Primo_007.jpg
六枚目のカットですが、ふと宝蔵門のふもとに目をやれば、かなりの数の着物小姐、アガシの類いが判で押したようにお互いに撮りっこしていたので、その中でたまには国産も良いなと思い、声高に関西弁で撮った写真をネタにボケと突っ込みで勝手に盛り上がっていた小姐二名が居たので、よし、写真が得意なヲヂサンがお二方の美しいお姿をタダで撮って上げよう、馬子にも衣装云うし♪とか云ったら、もぅイケスカンなぁ、でもホンマ?とか乗ってきたのでポーズ付けて貰ったもの。

Primo_008.jpg
七枚目のカットですが、宝蔵門からまた仲見世をてくてくと歩いて雷門方面に歩き、雷門手前まで来たところで、ここもいつもの定点観測スポットである「美人茶屋あずま」さん裏の扇屋さん店頭の団扇のうち、ひょっとこの眼にピンを合わせて撮ってみたもの。

Primo_009.jpg
八枚目のカットですが、あずまさん近傍の商店の周りには、いつでも観光客がたむろしていて、それが全員が全員買い物するわけでもなく、乗り気でなくとも観光につき合わされ、相方が店内を物色している間、外で待っている人間も居るわけで、如何にも退屈そうに店の前でスマホンに熱中していた、遠方からの観光客の片割れみたいな兄ちゃんの姿に悲哀を感じたので一枚戴いてみたもの。

Primo_010.jpg
九枚目のカットですが、仕上げたレンズの描写を見るのに、反射の強いガラス水槽に収められた細かい豆粒の類いほどもってこいの被写体もないと常々から思ってはいたのですが、この豆屋さん、亀戸の交差点の、豆を売るのが商売なのか、或いは野生の鳥類に餌付けをするボランテアの為に店を開いているのか判らないお店と比べて、殺人的に賑わっていて、なかなか店員さんが接客している横からちょいと失礼、と撮る根性も度胸も無かったのですが、この日は奇跡的に真空状態だったので、これ幸いと一枚戴いてみたもの。

Primo_011.jpg
十枚目のカットですが、一本目のレンズは到着時に雷門前でテストしましたが、このレンズは行程上、雷門前では一枚も撮ってはいなかったので、また雷門の前までやって来て、面白そうなモデルさんを物色していたら、インドから出て来たと思しき家族連れが、手慣れた様子で自撮り棒を駆使して雷門下で提灯をバックの家族写真なんか撮っていたので、そのトライ&エラーの様子を一枚戴いてみたもの。

Primo_012.jpg
十一枚目のカットですが、雷門周辺での試写御すぐに雷門至近の某ファミレスにてティータイムとしゃれ込み、小一時間寛いでから再び撮影に出た時、辺りはとっぷりと暮れ、仲見世の宵の口の様子を撮ろうと徘徊し始めたら、あずまさんよりちょい奥の人形焼きの実演販売やってるお店の職人さんの姿が珍しく店頭から丸見えだったので、ちょいと失礼!と店先から一枚戴いてみたもの。

Primo_013.jpg
十二枚目のカットですが、仲見世の真ん中より少し雷門寄りのスキンヘッドの店員さんが人形焼だか瓦煎餅を商うお店が有って、そこの店頭は国内外の観光客で賑わっているのですが、この日は珍しく、日本人の着物姿の小姐数名が店頭に並び、行儀よく商品の包装を待っていたのでその様子を一枚戴いてみたもの。

Primo_014.jpg
十三枚目のカットですが、陽もすっかり落ち、電灯の暖かげな光が恋しくなる時間帯でしたが、それでも滞在時間という制約の有る、或る意味、21世紀のシンデレラというかウルトラマンみたいな観光客各位は陽が暮れたのも構わず、自分の持ち時間の中で目一杯、見て食べて楽しんで帰ろうとしていたので、その健気なバイタリティに打たれ、その様子を一枚戴いてみたもの。

Primo_015.jpg
十四枚目のカットですが、陽の落ちた仲見世では店頭の明かりも勿論賑やかではありますが、それ以上に、そのどんづまりに聳え立つ宝蔵門もライトアップした偉容が目を惹くので、時折ファインダを覗きながら、仲見世を前進し、画面目一杯に写る辺りでそのハイテクの象徴たるチタン瓦を纏った荘厳な姿を捉えてみたもの。

Primo_016.jpg
十五枚目のカットですが、宝蔵門手前のちょっとした広場に面した揚げ饅頭屋さんの店頭で、いかにも青春を謳歌してますが何か?という雰囲気を纏った初々しい日本人カポーが、小姐各位のダイエットの大敵である揚げ饅頭なんざ旨そうに頬張っていたので、そのいたいけな横顔を一枚戴いてみたもの。

Primo_017.jpg
十六枚目のカットですが、そろそろ帰りたいと思い、宝蔵門の手前から再び踵を返し、雷門経由、地下鉄駅に向かう途中、
いたいけな小姐相手に言葉巧みに観光乗車の勧誘などを行っている、ちょいと渋みばしったカンジの車夫の兄ちゃんのお姿を一枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、ヘリコが軽くスムーズになり、実像見てピンを合わせられるようになると、APS-Cの焦点換算では87mm相当の中望遠ではありますが、X-Pro2のデヂスプリットも良く効き、なかなかスナップには面白いレンズだなぁと思いました。

さて次回はまだ決めてませんが、たぶん新年の川越で買った京セラの珍品ズームの試写結果でもご紹介しましょうかね、乞うご期待!!
  1. 2017/02/12(日) 19:46:57|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる